フェデリコ・フェリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1965年のフェリーニ

フェデリコ・フェリーニ(Federico Fellini, 1920年1月20日 - 1993年10月31日)はイタリアリミニ生まれの映画監督脚本家。アカデミー賞特別名誉賞と4度アカデミー賞を取った。[1]「映像の魔術師」の異名を持つ。

プロフィール[編集]

高校卒業後、新聞社に勤務し、古都フィレンツェや首都ローマで挿絵や雑文を書いていた。その後、ラジオドラマの原稿執筆などを経てロベルト・ロッセリーニ監督の映画『無防備都市』のシナリオに協力。同作品はイタリア・ネオレアリズモ映画を世界に知らしめた記念碑的作品である。

寄席の脚光』(1950年)でアルベルト・ラットゥアーダとの共同監督にて監督デビュー。1952年の『白い酋長』で単独監督。この作品で音楽監督として起用されたニーノ・ロータは、『オーケストラリハーサル』に至るまでのすべてのフェリーニ作品で音楽を手がけることになる。三作目となる『青春群像』(1953年)では故郷の街とそこで生きているどうしようもない青年達の姿を描いてヒットを飛ばし、ネオレアリズモの若き後継者として注目された。ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞。続く『』(1954年)では甘美なテーマ曲と物語の叙情性とヒューマニズムから世界的なヒット作となり、フェリーニの国際的な名声が確立する。

ネオレアリズモ的作風に変化が現れるのは『甘い生活』(1959年)からとされる[要出典]。退廃的なローマ社会を描いたこの作品はフェリーニの力強い社会批判であるが、ヘリコプターで吊るされた巨大なキリスト像の冒頭シーンや、河から引き上げられた怪魚のラストシーンに顕著なように、ストーリーの随所にシンボルが配置されて独特の映像感覚が発揮される。この手法は『8 1/2』(1963年)で極度に推し進められ、「映画が撮れなくなった映画監督」の話を借りてフェリーニの内面が赤裸々かつ高度なシンボル的映像表現で綴られることになる。

その後もチネチッタ・スタジオに巨大なセットを組み、『サテリコン』『カサノバ』『オーケストラ・リハーサル』『女の都』『フェリーニのアマルコルド』『そして船は行く』など、重層的で夢幻の広がりを与える手法を駆使した作品群を立て続けに監督。いつしか世界の映画製作人から「スタジオの魔術師」と呼ばれることになる。

『道』『カビリアの夜』『8 1/2』『フェリーニのアマルコルド』で4度のアカデミー賞外国語映画賞を、1992年にはアカデミー賞名誉賞を受賞。『甘い生活』ではカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。20世紀の映画監督として十指に必ず入る巨匠である[要出典]

1993年に脳内出血で倒れ、同年10月31日、心臓発作で死去。73歳。その葬儀はローマのサンタマリア・デリ・アンジェリ教会にて国葬として執り行われた。

妻のジュリエッタ・マシーナは駆け出し時代の彼のラジオドラマに出演し、『』『カビリアの夜』『魂のジュリエッタ』『ジンジャーとフレッド』などにも主演した。

作品の評価[編集]

『甘い生活』の舞台となったヴェネト通りに掲げられたプレート

『フェリーニのローマ』では、ローマ外環道路の交通渋滞を撮影するのに、わざわざ屋内セットを作ったというぐらいに中期以降のフェリーニはスタジオ撮影にこだわった。セット撮影を排したネオレアリズモ映画を出発点としながら、巨大なセット撮影を駆使して人工美の世界を構築したという点で、やはりネオレアリズモ映画出身だったルキノ・ヴィスコンティと並び称されることも多い。だが、本物の貴族出身だったヴィスコンティの華麗な絵作りに対してフェリーニの作品にはモダンアートの明るさと庶民的な俗っぽさが満ち溢れている。こうした絵画的感覚についてはイタリア・オペラの伝統を指摘する声もある[要出典]

また、フェリーニ映画には巨乳巨尻の女性が多く出てきて「フェリーニ的」画面を構成する。猥雑な女たちの娼館や道化師のサーカスはフェリーニのお得意素材である。

ペシミズムも語られはするが、基本にあるのは生きていく意志である。『8 1/2』のラストシーンでの有名な台詞「人生は祭りだ。一緒に楽しもう」はそれを端的に言い表している。それは『道』の中で悲惨な境遇にあるヒロインに向かって語られた「どんな物でも何かの役に立っている。この石ころだって」という台詞から一貫したフェリーニのヒューマニズムでもある。『8 1/2』のラスト、それまでの全登場人物が何の説明もなく勢ぞろいし、環になって踊りながら消えていく場面は、さまざまな議論を生みながらも人々に大きな衝撃を与え、マンガやアニメも含め、膨大な数のオマージュを生んだ。

監督作品[編集]

脚本作品[編集]

出演作品[編集]

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1993年 アカデミー名誉賞:(世界的な聴衆をぞくぞくさせて楽しませた彼の映画の業績に対して)
ノミネート
1947年 アカデミー脚色賞:『無防備都市
1950年 アカデミー脚色賞:『戦火のかなた
1957年 アカデミー脚本賞:『
1958年 アカデミー脚本賞:『青春群像
1962年 アカデミー監督賞、アカデミー脚本賞:『甘い生活
1964年 アカデミー監督賞、アカデミー脚本賞:『8 1/2
1971年 アカデミー監督賞:『サテリコン
1976年 アカデミー監督賞、アカデミー脚本賞:『フェリーニのアマルコルド
1977年 アカデミー脚色賞:『カサノバ

著書[編集]

 ※日本語文献のみ
コスタンツォ・コスタンティーニ編 中条省平・中条志穂訳
  • 『映画監督という仕事』 <リュミエール叢書24>筑摩書房、1996年
リータ・チリオと共著、竹山博英訳 
  • 『フェリーニ 映画を語る』筑摩書房、1985年
ジョヴァンニ・グラッツィーニによるインタビュー  竹山博英訳
  • 『私は映画だ 夢と回想』フィルムアート社、1995年
アンナ・ケール、クリスティアン・シュトリッヒ編、岩本憲児訳
  • 『魂のジュリエッタ』柱本元彦訳、青土社、1994年
  • 『フェデリコ・フェリーニ作品イメージ画集』 大部なイメージ画集
藤井ラウラ訳 TOKYOFM出版、1993年
トニーノ・グエーラ共著、千種堅

関連文献[編集]

  • トゥッリオ・ケジチ 『フェリーニ 映画と人生』 押場靖志訳、白水社、2010年6月-親友による「公認」の評伝
  • ベニート・メルリーノ 『フェリーニ 世界の傑物』 山口俊洋訳、<ガリマール新評伝シリーズ>祥伝社、2010年9月
  • 川本英明 『フェデリコ・フェリーニ 夢と幻想の旅人』 鳥影社、2005年
  • ジョン・バクスター 『フェリーニ』 椋田直子訳、平凡社〈20世紀メモリアル〉、1996年
  • 『フェリーニを読む 世界は豊饒な少年の記憶に充ちている』
     岩本憲児編、<ブック・シネマテーク>フィルムアート社、1994年
  • ユリイカ 詩と批評 特集フェリーニの世界』、1994年9月号、青土社
  • 『スタジオボイスVol.237  特集フェリーニ主義』、1995年9月号、インファ
  • 『フェリーニの宇宙』 根岸邦明・柳沢一博編、<シネアルバム>芳賀書店、1985年

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]