寄席の脚光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
寄席の脚光
Luci del varietà
監督 アルベルト・ラットゥアーダ
フェデリコ・フェリーニ
脚本 アルベルト・ラトゥアーダ
フェデリコ・フェリーニ
トゥリオ・ピネッリ
エンニオ・フライアーノ
製作 アルベルト・ラトゥアーダ
フェデリコ・フェリーニ
出演者 ペッピノ・デ・フィリッポ
カルラ・デル・ポッジョ
ジュリエッタ・マシーナ
ジョン・キッツミラー
音楽 フェリーチェ・ラットゥアーダ
撮影 オテッロ・マルテッリ
編集 マリオ・ボノッティ
製作会社 イタリアの旗 キャピトリウム
配給 アメリカ合衆国の旗 パテ・コンテンポラリー・フィルムズ
公開 イタリアの旗 1950年12月6日
フランスの旗 1956年12月7日
アメリカ合衆国の旗 1965年5月6日
上映時間 93分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
英語
テンプレートを表示

寄席の脚光』(よせのきゃっこう、: Luci del varietà: Variety Lights、「ヴァラエティ・ショウの照明」の意)は、1950年製作・公開、アルベルト・ラットゥアーダおよびフェデリコ・フェリーニの共同監督によるイタリアの映画である[1][2]。日本語での別題は『旅の灯』(たびのひ)。フェデリコ・フェリーニの監督デビュー作として知られる。

略歴・概要[編集]

本作は、1950年、アルベルト・ラットゥアーダとフェデリコ・フェリーニが「キャピトリウム」の名の下に製作、イタリアラツィオ州ヴィテルボ県カプラーニカ、および同州のローマ市内でロケーション撮影を行って完成、同年12月6日にイタリア国内で公開された[1]。翌1951年(昭和26年)、ナストロ・ダルジェント賞助演女優賞ジュリエッタ・マシーナが獲得する[1]

日本では、劇場公開されていないが、フェデリコ・フェリーニの監督デビュー作として『寄席の脚光』のタイトルで多く紹介され、のちにVHSのフォーマットでビデオグラム発売されている。フランス映画社が公開予定作のラインナップに『旅の灯』のタイトルでアナウンスしていたこともあったが、劇場公開は実現しなかった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

クレジット順
クレジット外

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c Variety Lights, Internet Movie Database (英語), 2010年8月24日閲覧。
  2. ^ 寄席の脚光、allcinema ONLINE、2010年8月24日閲覧。
  3. ^ Mario Bonotti - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月24日閲覧。
  4. ^ Mario De Angelis - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月24日閲覧。
  5. ^ Enrico Piergentili - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月24日閲覧。
  6. ^ Joseph Falletta - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月24日閲覧。

外部リンク[編集]