イタリア式コメディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イタリア式コメディ: Commedia all'italiana: Italian Comedy Style)は、イタリア映画ジャンルである。マリオ・モニチェッリ監督の『いつもの見知らぬ男たち』(1958年)に始まり、ピエトロ・ジェルミ監督の『イタリア式離婚狂想曲』(原題 Divorzio all'italiana, 1961年)からその名称をいただいたとされる。長い間この言葉は、軽蔑的な意図で使われていた。

略歴・概要[編集]

1940年代から第二次世界大戦後にかけて、イタリアでは「ネオレアリズモ」のムーヴメントが起こる。

1950年代後半から1960年代にかけて、この「ネオレアリズモ」に衝撃を受けた世界中の若者たちが、イギリスではロンドンフリー・シネマからブリティッシュ・ニュー・ウェイヴへの動きを生み、フランスではパリヌーヴェルヴァーグが生まれ、ジュネーヴを中心としたスイスではヌーヴォー・シネマ・スイスが、ポルトガルではリスボンノヴォ・シネマが、ドイツではオーバーハウゼン・マニフェストからニュー・ジャーマン・シネマが、ポーランドではワルシャワポーランド派が、チェコスロヴァキアではプラハチェコ・ヌーヴェルヴァーグが、大西洋を隔てたアメリカではニューヨークニューヨーク派オフ・ハリウッド)が、ブラジルではサンパウロリオデジャネイロシネマ・ノーヴォが、そして遥か日本でも、東京日本ヌーヴェルヴァーグが起きるという、ただならぬ状態になっていた。

しかし、イタリアでは1950年代に入ると、官能味を帯びた「ネオレアリズモ・ローザ」(伊語Neorealismo rosa、「桃色ネオレアリズモ」の意)と呼ばれる作品群が生まれはじめる。それまで脚本家だった20代、30代の若手がつぎつぎに映画監督となり、艶笑ものの他愛のないコメディ、ショートコント集、オムニバス映画が量産されていくのである。その流れのなかで1950年代後半に生まれたのがこの「イタリア式コメディ」なのである。

やがて1960年代中盤以降になると、ヨーロッパは、艶笑オムニバスの合作など、このコメディの新しいムーヴメントに巻き込まれていくことになる。

代表的スター[編集]

ヴィットリオ・ガスマンウーゴ・トニャッツィアルベルト・ソルディニーノ・マンフレディが1960年代、1970年代の「イタリア式コメディ」の4大トップ・スターであり、ステファニア・サンドレッリモニカ・ヴィッティジャンカルロ・ジャンニーニマリアンジェラ・メラートカトリーヌ・スパークらニューカマーがそれを追った。あるいは、ドラマティックなスターがコミカルな役を演じた例に、マルチェロ・マストロヤンニクラウディア・カルディナーレがいる。

作家と作品[編集]

1961年ディーノ・リージは、現在ではカルトムービーとなった『追い越し野郎』を撮り、その後『困難な人生』(1962年、日本未公開)、『怪物たち』(1963年、日本未公開)、『イタリア人民の名において』(In nome del Popolo Italiano, 1971年、日本未公開)、『女の香り』(Profumo di donna, 1974年、日本未公開)を監督した。

モニチェリの作品には、『戦争・はだかの兵隊』(La grande guerra, 1959年)、『明日に生きる』(I compagni, 1963年)、L'armata Brancaleone (1966年、日本未公開)、Vogliamo i colonnelli (1973年、日本未公開)、『人気小説』(Romanzo popolare, 1974年、日本未公開)、そして『私の友だち』(Amici miei, 1975年、日本未公開)がある。

同ジャンルにおける有名な映画作家には、エットーレ・スコラルイジ・コメンチーニステーノ(ステファノ・ヴァンツィーナ)、アントニオ・ピエトランジェリナンニ・ロイ、あるいはリナ・ウェルトミューラーがいる。

脚本家には、アージェ=スカルペッリレオ・ベンヴェヌーティピエロ・デ・ベルナルディロドルフォ・ソネゴスーゾ・チェッキ・ダミーコセルジオ・アミディらが該当する。イタリア特有の集団的脚本執筆の方式から生まれた監督も多く、監督としてのデビュー前に脚本を量産した例にディーノ・リージ、エットーレ・スコラがいる。

また、劇伴音楽にすぐれたものが多く、作曲家も多く生まれた。また現在日本においても「イタリア式コメディ」作品のサウンドトラックは、映画そのものが未公開作品であっても人気である。作曲家の固有名詞については下記作品リストを参照のこと。

イタリア語版リスト[編集]

いつもの見知らぬ男たち』(1958年)のロケ現場比較。

※イタリア語版Wikipediaの15本のリスト[1]である。英語版には65本におよぶリストが掲載されている[2]

監督マリオ・モニチェッリ、音楽ピエロ・ウミリアーニ
脚本フリオ・スカルペッリレナート・サルヴァトーリスーゾ・チェッキ・ダミーコ
出演ヴィットリオ・ガスマンマルチェロ・マストロヤンニレナート・サルヴァトーリトト
監督マリオ・モニチェッリ、音楽ニーノ・ロータ
脚本マリオ・モニチェッリ、アージェ=スカルペッリルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
出演ヴィットリオ・ガスマン、アルベルト・ソルディシルヴァーナ・マンガーノ
監督ルイジ・コメンチーニ、音楽アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ
脚本アージェ=スカルペッリ、ルイジ・コメンチーニ、マルチェロ・フォンダート
出演アルベルト・ソルディ、セルジュ・レジアーニ
監督アントニオ・ピエトランジェリ、音楽ピエロ・ピッチオーニ
脚本ルッジェーロ・マッカリ、アントニオ・ピエトランジェリ、エットーレ・スコラトゥリオ・ピネリ
出演シモーヌ・シニョレ、マルチェロ・マストロヤンニ、サンドラ・ミーロ
監督ディーノ・リージ、音楽カルロ・サヴィーナ
脚本ロドルフォ・ソネゴ
出演アルベルト・ソルディ、レア・マッサリ
監督ピエトロ・ジェルミ、音楽カルロ・ルスティケッリ
脚本ピエトロ・ジェルミ、エンニオ・デ・コンチーニアジェノーレ・インクロッチアルフレード・ジャンネッティ
出演マルチェロ・マストロヤンニ、ダニエラ・ロッカステファニア・サンドレッリレオポルド・トリエステ
監督ディーノ・リージ、音楽リズ・オルトラーニ
脚本ディーノ・リージ、エットーレ・スコラ、ルッジェーロ・マッカリ
出演ヴィットリオ・ガスマン、ジャン=ルイ・トランティニャン
監督マルコ・フェッレーリ、音楽テオ・ウズエリ
原案ゴッフレード・パリーゼ、脚本ラファエル・アスコナ、マルコ・フェッレーリ、脚本協力ディエゴ・ファッブリパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレマッシモ・フランチオーザ
出演ウーゴ・トニャッツィマリナ・ヴラディ
監督ディーノ・リージ、音楽アルマンド・トロヴァヨーリ
脚本アジェノーレ・インクロッチ、ルッジェーロ・マッカリ、エリオ・ペトリ、ディーノ・リージ、フリオ・スカルペッリ、エットーレ・スコラ
出演ウーゴ・トニャッツィ、ヴィットリオ・ガスマン
監督ピエトロ・ジェルミ、音楽カルロ・ルスティケッリ
脚本ピエトロ・ジェルミ、アジェノーレ・インクロッチ、フリオ・スカルペッリ、ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
出演サーロ・ウルツィ、レオポルド・トリエステ、ステファニア・サンドレッリ
監督ピエトロ・ジェルミ、音楽カルロ・ルスティケッリ
脚本ピエトロ・ジェルミ、アージェ=スカルペッリ、ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
出演ヴィルナ・リージガストーネ・モスキン
監督パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ、音楽リズ・オルトラーニ
原作ルチアーノ・ビアンチャルディ、脚本パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
出演ラウラ・アントネッリランド・ブッツァンカ
監督フランコ・ブルザーティ、音楽ダニエレ・パトゥッキ
脚本フランコ・ブルザーティ、ジャジャ・フィアストリ、ニーノ・マンフレディ
出演ニーノ・マンフレディ、アンナ・カリーナ
監督エットーレ・スコラ、音楽アルマンド・トロヴァヨーリ
脚本アージェ=スカルペッリ、エットーレ・スコラ
出演ヴィットリオ・ガスマン、ニーノ・マンフレディ、ステファニア・サンドレッリ
監督マリオ・モニチェッリ、音楽カルロ・ルスティケッリ
脚本ピエトロ・ジェルミ、レオナルド・ベンヴェヌーティピエロ・デ・ベルナルディ、トゥリオ・ピネリ
出演ウーゴ・トニャッツィ、ガストーネ・モスキン、フィリップ・ノワレアドルフォ・チェリ

関連事項[編集]

参考文献[編集]

[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]