サテリコン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サテリコン
Satyricon
監督 フェデリコ・フェリーニ
脚本 フェデリコ・フェリーニ
ベルナルディーノ・ザッポーニ
製作 アルベルト・グリマルディ
音楽 ニーノ・ロータ
撮影 ジュゼッペ・ロトゥンノ
配給 日本の旗 ユナイト映画日本支社
公開 イタリアの旗 1969年9月3日
日本の旗 1970年9月19日
上映時間 128分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

サテリコン』(イタリア語: Satyricon, 「サテュリコン」の意)は、1969年製作・公開のイタリアフランス合作映画である。ペトロニウスの著した紀元1世紀ころの文学『サテュリコン』を、フェデリコ・フェリーニが映画化した作品である[1]

概要[編集]

甘い生活』、『フェリーニのローマ』とともに「フェリーニのローマ三部作」と言われる。言葉そのものの意味は、「サテュロスの如く好色で無頼な者どもの物語」[要出典]

愛する少年奴隷ジトーネを恋敵に奪われた主人公エンコルピオが貴族トリマルキオの饗宴に参加し、その後様々な出来事に見舞われながらローマの快楽と退廃を経験する。

日本では、ユナイト映画日本支社(ユナイテッド・アーティスツ日本支社)が輸入して、1970年9月19日、同社が配給して公開された[1]

本作のメイキングに関しては、イタリア・アメリカスウェーデン合作のドキュメンタリー映画フェリーニ サテリコン日誌』(Ciao Federico !, 監督ギデオン・バックマン)にまとめられ、1971年にアメリカ合衆国等で公開されている[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b サテリコン、キネマ旬報映画データベース、2010年8月20日閲覧。
  2. ^ Ciao, Federico! - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]