甘い生活 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
甘い生活
La dolce vita
監督 フェデリコ・フェリーニ
脚本 フェデリコ・フェリーニ
エンニオ・フライアーノ
トゥリオ・ピネッリ
ブルネッロ・ロンディ
製作 ジュゼッペ・アマト
アンジェロ・リッツォーリ
出演者 マルチェロ・マストロヤンニ
アニタ・エクバーグ
アヌーク・エーメ
音楽 ニーノ・ロータ
撮影 オテッロ・マルテッリ
配給 日本の旗 イタリフィルム
公開 イタリアの旗 1960年2月5日
日本の旗 1960年9月20日
上映時間 174分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
英語
ドイツ語
フランス語
テンプレートを表示
舞台となったヴィアベネット通りに掲げられたプレート

甘い生活』(あまいせいかつ、原題:La dolce vita)は、1960年に公開されたフェデリコ・フェリーニ監督のイタリア映画である。

作品概要[編集]

1950年代後半のローマの豪奢で退廃的な上流階級の生態、その場限りの乱痴気騒ぎやアバンチュール、社会を生きる上で指針やモラルを失った現代人の不毛な生き方を、マルチェロの退廃的な生活を通じて描く。その映像美学で、カンヌ国際映画祭パルム・ドールアカデミー賞衣裳デザイン賞など、世界中の映画賞を総なめにしたイタリア映画界の巨匠、フェデリコ・フェリーニ監督の代表作。

しかし、説明的な手法をほとんど行わない難解な表現方法は、公開当時から世界中の批評家の議論の的になり、作品の公開以降50年近く経つ現在でもその評価は大きく分かれている。

マルチェロ・マストロヤンニとアニタ・エクバーグがトレヴィの泉で戯れるシーンや、ヴィットリオ・ベネト通りの高級ホテルカフェ、様々な遺跡など、ローマ中の名所が作品中にちりばめられている。

ストーリー[編集]

ゴシップ新聞社の記者マルチェロは、ローマの上流階級や芸能人が多く出入りする高級クラブやカフェで、自らも彼らとの交友を楽しんでいた。そんな中アメリカのセクシーな女優、シルヴィアが撮影のためにローマ入りすることとなり・・・

キャスト[編集]

関連事項[編集]

  • 1960年の日本公開映画
  • チネチッタ
  • セレブリティ
  • パパラッチ - 本作以降、有名人や芸能人をつけまわし、その人の私生活や個人的なことまで記事として情報誌や新聞などに売って生計を立てているカメラマンを登場人物パパラッツォの複数形として呼ぶようになった。
  • トレビの泉 - 本作品でトレビの泉で水浴びするシーンが話題になり、観光名所になった。
  • プロ野球ニュース - 番組のオープニングに、本作品のサントラ曲が使用されていた。

外部リンク[編集]