ラジオドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラジオドラマ英語: radio dramaドイツ語: Hörspiel)は、ラジオで放送され、主に俳優または声優が演じるドラマのことである。放送劇オーディオドラマサウンドドラマ声劇とも言われる。

概要[編集]

世界最初のラジオドラマは、リチャード・ヒューズの作品であるとされている。

ラジオドラマの脚本は、既に発表されている小説などを原作としているものと、最初からラジオドラマ用に書き下ろされるものとある。

映像がなく、音声のみでリスナー(聴取者)に対して情景イメージを起こさせるかが問われるため、声優の能力もさることながら、各種効果音の作り方・出し方(いわゆる音作り)などの表現が重要になる。臨場感を出すためにバイノーラル録音が利用されることもある。

テレビが普及していない時代(1960年代まで)には、ラジオドラマがよく放送されていたが、現在では減少傾向にある。

日本において[編集]

日本では、1925年のラジオ放送の開始と同時にその歴史が始まった。この当時は、映画台詞劇、放送舞台劇、ラジオ劇とも言われたという。日本初のラジオドラマは、舞台中継をスタジオで再現した『桐一葉』(1925年7月12日放送)とも、イギリスBBCのラジオドラマの台本を翻訳して築地小劇場小山内薫が演出した『炭坑の中』(1925年8月13日)とも言われ[1]、何をもってラジオドラマと定義するかで諸説がある。NHKではラジオドラマ専門の俳優を養成して、東京放送劇団を発足させ、これが声優の始まりとされている。

1950年代には、中村真一郎花田清輝のような、いわゆる純文学に属する作家たちが多くラジオドラマを手がけ、単なるセリフを語るのではなく、音楽も含めた抽象的な表現の可能性を探った。この試みは外国からも注目され、東ヨーロッパ諸国の放送局では、中村たちの脚本を翻訳して、放送したり、研究材料にしたという。

1993年に、テレビアニメ魔神英雄伝ワタルシリーズの続編として『ラジメーション・魔神英雄伝ワタル3』が、またゲーム原作のツインビーPARADISEが放送開始し、漫画やアニメーション、ゲームなどを原作としたメディアミックス展開の一つとして認知されはじめ、新ジャンルのラジオドラマが普及し始める。

2000年代中期以降の傾向として、漫画やゲームを原作としてのアニメ化の前段階として、ラジオドラマが制作されることが多く、さらにネット声優の増加に伴い、ネット上限定でのオリジナルラジオドラマなども増えている。

商品化[編集]

商品化される際には、「ドラマCD」という名目で発売されている。現在は商品化を当初から前提として企画される作品が多く、実質的にラジオ放送がドラマCDの発売前先行オンエアともいえる。

商品化の際に、ラジオで先行公開されたドラマ(シナリオの加筆修正が加えられるケースもある)をラジオ(ドラマ)CD、ラジオで公開することなく発売されるものをドラマCDと区別して呼ぶ事もある。ビクターは商品化の際「絵のない映画」だとしてCDシネマの名称を用いているケースがある。

ただし、ドラマのないラジオDJコーナーを集めたCDもラジオCDと呼ばれているので注意が必要。

種類 [編集]

  • 小説漫画ライトノベルなどを原作とし制作されたラジオドラマ
  • 企業CM用に制作されたラジオドラマ
  • アニメゲームのサブストーリーやアニラジのコーナーとして制作されたラジオドラマ
  • 主にWeb上で公開されている個人制作のラジオドラマ(Webドラマ)

現在放送されているラジオドラマ[編集]

過去の著名なラジオドラマ[編集]

以上、エフエム東京及び全国FM放送協議会

小説作品[編集]

漫画作品[編集]

アニメ作品[編集]

テレビゲーム作品[編集]

ライトノベル作品[編集]

その他の作品はドラマCD化されたライトノベル一覧を参照。

リスナー公募作品[編集]

原作の無い作品[編集]

その他[編集]

  • 火星物語 - リスナーのハガキを元に司会の広井王子が脚本を書く読者参加型ラジオドラマ。上記の「リスナー公募作品」と「原作の無い作品」の中間的存在。

ラジメーション[編集]

「ラジメーション」の名称は、「ラジオ」と「アニメーション」を合わせた造語である。 1991年の「魔神英雄伝ワタル3」のラジオ放送で初めて用いられたとされるため

  • ワタルシリーズ固有のモノ
  • 文化放送やビクター発売のアニメ系ドラマ固有のモノ

と思われることがあるが、そのようなことはない。 実際、他作品や他ラジオ局でも使われており、商標登録はされていない。

脚注[編集]

  1. ^ 築地小劇場の「音」発見 創立メンバー和田精の遺品 - 朝日新聞デジタル

参考文献[編集]

  • Hans-Jürgen Krug (ドイツ語): Kleine Geschichte des Hörspiels. 2nd edition. Konstanz: UVK, 2008. ISBN 978-3-86764-076-3

関連項目[編集]