ポー河の水車小屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポー河の水車小屋
Il mulino del Po
監督 アルベルト・ラットゥアーダ
脚本 フェデリコ・フェリーニ
トゥリオ・ピネリ
原作 リカルド・バッケリ
製作 カルロ・ポンティ
出演者 カルラ・デル・ポッジョ
ジャック・セルナス
音楽 イルデブランド・ピッゼッティ
撮影 アルド・トンティ
編集 マリオ・ボノッティ
製作会社 ルックス・フィルム
配給 イタリアの旗 ルックス・フィルム
日本の旗 イタリフィルム / 松竹洋画部
公開 イタリアの旗 1949年9月28日
日本の旗 1951年11月25日
上映時間 94分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

ポー河の水車小屋』(ポーがわのすいしゃごや、イタリア語: Il mulino del Po)は、1949年製作・公開、アルベルト・ラットゥアーダ監督によるイタリアの映画である[1][2]

略歴・概要[編集]

本作は、1949年にイタリアの映画会社ルックス・フィルムが製作、ロンバルディア州マントヴァ県サン・ベネデット・ポーローディゴクルタトーネといった同県内各地でロケーション撮影を行って完成、同社が配給して同年9月28日にイタリア国内で公開された[1]

リカルド・バッケリが1938年 - 1940年に執筆した同名小説を原作に、バッケリ自身が、マリオ・ボンファンティーニルイジ・コメンチーニ、アルベルト・ラットゥアーダ、カルロ・ムッソ、セルジオ・ロマーノとともに翻案し、フェデリコ・フェリーニトゥリオ・ピネリが映画用に脚色した[1]。本作の脚本を執筆したフェリーニは、本作公開の翌1950年、トゥリオ・ピネリと共同で脚本を執筆した『寄席の脚光』を、本作の監督であるアルベルト・ラットゥアーダと共同で監督して、映画監督としてデビューを果たすことになる[3]

日本では、フランス公開と同年の1951年にイタリフィルムが輸入し、同年11月25日に同社が松竹洋画部と共同で配給して、公開された[2]。日本でのビデオグラムは、2010年8月現在発売されていない[2]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

クレジット順

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c The Mill on the Po, Internet Movie Database (英語), 2010年8月27日閲覧。
  2. ^ a b c ポー河の水車小屋、allcinema ONLINE, 2010年8月27日閲覧。
  3. ^ Variety Lights - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  4. ^ Mario Bonfantini - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  5. ^ Carlo Musso - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  6. ^ Aldo Tonti - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  7. ^ Mario Bonotti - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  8. ^ Paolo Gargano - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  9. ^ Giacomo Giuradei - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  10. ^ Isabella Riva - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。
  11. ^ Domenico Viglione Borghese - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]