デヴィッド・リーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デヴィッド・リーン
Sir David Lean KBE
生年月日 1908年3月25日
没年月日 1991年4月16日(満83歳没)
出生地 サリー州クロイドン
死没地 ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
配偶者 Isabel Lean (1930-1936)
ケイ・ウォルシュ (1940-1949)
アン・トッド (1949-1957)
Leila Matkar (1960-1978)
Sandra Hotz (1981-1984)
Sandra Cooke (1990-1991)

サー・デヴィッド・リーンSir David Lean, KBE, 1908年3月25日 - 1991年4月16日)は、イギリス出身の映画監督映画プロデューサー脚本家である。デビッド・リーンとも表記。

来歴[編集]

ロンドン郊外クロイドン生まれ。20歳の時に助監督として、映画界入り。カメラマン助手、編集[1]の仕事を経て、1942年に監督デビュー。1940年代から1950年代にかけてライバルであるキャロル・リードと共にイギリス映画界を牽引する。初期は主に劇作家ノエル・カワードや文豪チャールズ・ディケンズの作品を手がけた。『アラビアのロレンス』と『戦場にかける橋』でアカデミー監督賞を、『逢びき』でカンヌ国際映画祭グランプリを、『ホブスンの婿選び』でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞している。知名度の割には寡作ではあるが、格調ある文学的な作品を作り続け、イギリスを代表する巨匠である。

1991年、コンラッドの『ノストロモ』の映画化を企画中に死去した。

次世代への影響[編集]

リーンの作風はスティーヴン・スピルバーグや、マーティン・スコセッシなど次世代の映画監督に多大な影響を与えた。

特にスピルバーグは高校生の頃に『アラビアのロレンス』を見たことで映画監督を目指すことを決心したと語っており、彼を偉大なる師として尊敬していた。リーンの自然主義的な作風はスピルバーグに大いに受け継がれており、『アラビアのロレンス』『戦場に架ける橋』『ドクトル・ジバゴ』は撮影前に必ず見直す作品だと語っている。

また、クリストファー・ノーランは『ダークナイト』の撮影でIMAXカメラを使用した際、「デヴィッド・リーンが砂漠の中で65ミリのカメラを抱えられたなら、僕たちにこれが使いこなせないわけはない」と語っている。

その他[編集]

主な監督作品[編集]

日本のテレビ番組出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ピグマリオン』(1938) など。

外部リンク[編集]