太陽の帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

太陽の帝国』(たいようのていこく、英語: Empire of the Sun)は、イギリスの小説家J・G・バラードの体験をつづった半自伝的な長編小説。スティーヴン・スピルバーグによって映画化され、1987年に公開された。日中戦争時の中華民国上海で生活していたイギリス人少年の成長を描く。

小説[編集]

1984年に発表された。イギリスでブッカー賞候補作、また、ジェイムズ・テイト・ブラック記念賞を受賞。日本語版は高橋和久訳で国書刊行会から1987年に出版された。

映画[編集]

太陽の帝国
Empire of the Sun
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 トム・ストッパード
製作 スティーヴン・スピルバーグ
キャスリーン・ケネディ
フランク・マーシャル
製作総指揮 ロバート・シャピロ
出演者 クリスチャン・ベール
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 アレン・ダヴィオー
編集 マイケル・カーン
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年12月11日
日本の旗 1988年4月29日
上映時間 151分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $38,000,000 (概算) [1]
興行収入 $22,238,696[2]
テンプレートを表示

デヴィッド・リーンが映画化を構想し、映画化権所有者を調べるよう依頼したのが『アラビアのロレンス』を敬愛するスピルバーグだった。結局リーンによる映画化は果たされず、スピルバーグがメガホンを取る事になった。

主演はオーディションで選ばれたクリスチャン・ベール。ジェイミー(ジム)が初めて日本軍に遭遇する直前、パーティの賓客として原作者のバラードの姿もある。日本人俳優も多数参加し、肉食を絶って役作りをし次第に闘争心を覚えなくなっていったという伊武雅刀のほか、山田隆夫は撮影秘話を『笑点』で語ったほか、ガッツ石松もスピルバーグとジョージ・ルーカスの映画を採り上げたNHKスペシャルでナレーションを担当した際「撮影現場に台本を持って来なかった」など回想している。

音楽のジョン・ウィリアムズ、撮影監督のアレン・ダヴィオー、脚色のメンノ・メイエス(クレジット無し)などスピルバーグには旧知のスタッフが参加。スタジアムでビクター夫人が亡くなった直後ジムが原子爆弾の光を目撃する一連のシーンを映像化したのは『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』や『E.T.』にも参加したインダストリアル・ライト・アンド・マジックのスタッフで、デニス・ミューレンが指揮しマット画をマイケル・パングラジオが、模型製作をスティーヴ・ゴーリーが手がけた。

本作では、アメリカ映画として第二次世界大戦後初の中華人民共和国内でのロケが行われた。5,000人余りのエキストラが出演したほか、中国人民解放軍の兵士が日本陸軍将兵を演じた。

1987年度のアカデミー賞撮影賞作曲賞美術賞衣装デザイン賞にノミネートされたが、スピルバーグの意気込みにもかかわらず、アカデミー賞各部門は全て逃した。スピルバーグらしい緻密な映像で日本人像が描写されている希有な作品で、租界時代の雰囲気が色濃く残っていた再開発前の上海の情景など非常に見応えのある映画となっている。

ストーリー[編集]

日中戦争中の1941年の上海。イギリス租界で生まれ育ったイギリス人少年ジェイミー(通称ジム)は、日本の零戦に憧れる少年。だが、日英間で開戦し日本軍が上海のイギリス租界に侵攻した際に、避難民の大混乱のなか両親とはぐれる。独りぼっちになった少年は中国人少年に追い回されるが、不良アメリカ人のベイシーに救われる。

生き抜くために空き巣・泥棒などの悪事を重ねるが日本軍に捕らえられ捕虜収容所、そして蘇州の収容所へ送られる。飢えと病気、戦争の恐怖で死や絶望に囲まれ庇護もなく淡々と成育していくジェイミーだが、しだいに収容所の人々との交流の中に生きる知恵と希望を見出していく。一人の無邪気な少年が戦争のもたらす現実に翻弄されながらも、健気に生き抜こうとする姿をありありと描写する。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

※ベイシーと収容所を脱出するデインティーを演じたベン・スティラーは、本作出演の経験をもとに『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』を作っている。

音楽[編集]

映画冒頭の合唱曲はウェールズ語の子守唄"Suo Gan"。映画『スノーマン』主題歌も歌っているジェームズ・レインバードが吹き替えソリストをつとめた。「我が子よ母に抱かれ眠りなさい」という歌詞は終戦後主人公が両親と再会の場面で全く異なる意味を伴う選曲となる。
既成曲はこのほか主人公がアメリカ人達の宿舎に行って敬礼を受ける場面では伝承曲『英国の擲弾兵[3]が、主人公の母が弾くピアノ曲としてショパンマズルカ作品17-4(マズルカ第13番イ短調)が使われている。

スピルバーグ作品常連のジョン・ウィリアムズは合唱団とボーイソプラノの主人公という設定に合わせ、聖書の詩篇32編などからテキストを採りラテン語で歌われるカンタータ"Exultate Justi(邦題は「歓喜」)"を作曲。一部カットされ私兵ボストン・ポップスのコンサートでも演奏された。
合唱による2曲は上映、ビデオ化で日本語字幕が付かず、いずれも歌詞は紹介されていない。

タイトルを元にしたボードゲーム[編集]

GMT社から2005年に太平洋戦争全体を扱う戦略級シミュレーション・ボードゲームが出版された。現在主流となっているカード・ドリブン・システムによるもの。タイトルだけ借用したようで、ゲーム内容と映画のストーリは全く関係がないどころか、主に太平洋での日米艦隊とそれに続く上陸戦を扱っており、中国戦線は省略されている。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ Empire of the Sun (1987)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月10日閲覧。
  3. ^ 日本人が地雷ではなく擲弾=手榴弾を使っていると証明するためアメリカ人のベイシーが英国人のジムをフェンスの外に送り出すというシーンの後で使われる。

外部リンク[編集]