ホブスンの婿選び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホブスンの婿選び
Hobson's Choice
監督 デヴィッド・リーン
脚本 原作
ハロルド・ブリグハウス
脚色
デヴィッド・リーン
ノーマン・スペンサー
ウィンヤード・ブラウン
製作 デヴィッド・リーン
音楽 マルコム・アーノルド
撮影 ジャック・ヒルデヤード
編集 ピーター・テイラー
製作会社 ロンドン・フィルム
配給 イギリスの旗 ブリティッシュ・ライオン・フィルム
日本の旗 東和
公開 イギリスの旗 1954年4月19日
日本の旗 1955年3月5日
上映時間 107分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ホブスンの婿選び』(原題: Hobson's Choice[1]は、デヴィッド・リーン監督、脚本、製作による1954年のイギリスの映画で、同名の舞台を原作としている(日本でも「ホブソンの婿選び」として上演されることがある)。

第4回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した。

ストーリー[編集]

ホブスン靴店はマンチェスターにほど近いサルフォードの町にある。三人の娘を抱えたヤモメのホブスンは暇さえあればムーンレイカー亭で酒を飲だくれる。長女マギーは店の経営をしているうちに、婚期をすぎる。次女アリスにはアルバートという弁護士、三女ヴィッキーには禁酒運動の急先峰の息子フレディという恋人がいる。ホブスンが(当時の習慣で)持参金の五百ポンドを出しそうもないので結婚はおぼつかなかった。マギーが有能な職人ウィリーと結婚すると言い出す。断固反対するホブスンを無視して、二人でオールドフィールド通りに靴屋を開業する。ホブスンの店はたちまち左前に。ヤケ酒がつのり、マギーたちの結婚式の前の晩、泥酔して禁酒運動の総本山ビーンストック商会の穀物倉で寝込んでしまった。フレディから知らされたマギーはフレディを原告に仕立て、父親を家宅侵入罪ならびに損傷罪で告訴すると威し、アルバート弁護士と原告と父親の間で示談にすませる芝居を打って、アリスとヴィッキーの持参金をせしめてしまう。…一年後、モソップ靴店の大繁昌にひきかえ、ホブスンの店は破産寸前。一人ぼっちでアル中になり、マギーとウィリーに帰って来てくれるよう懇願する。ウィリーはこれ幸いと店を「モソップ・ホブスン店」として共同経営することに成功、頑固親父もどうすることもできなかった。

キャスト[編集]

受賞・ノミネート[編集]

部門 候補 結果
ベルリン国際映画祭[2] 金熊賞 デヴィッド・リーン 受賞
英国アカデミー賞 作品賞 ノミネート
英国作品賞 受賞
英国男優賞 ジョン・ミルズ ノミネート
英国女優賞 ブレンダ・デ・バンジー ノミネート
脚本賞 デヴィッド・リーン
ノーマン・スペンサー
ウィンヤード・ブラウン
ノミネート

出典[編集]

  1. ^ 「ホブスンの選択」というのはホブスン(Thomas Hobson)という貸馬屋が客の好みに関係なく、順番に馬を課したことから「どうしようもない選択」の意味。
  2. ^ Berlinale Archive Annual Archives 1954 Prize Winners” (英語). ベルリン国際映画祭. 2011年3月4日閲覧。

外部リンク[編集]