紅いコーリャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紅いコーリャン
タイトル表記
繁体字 紅高粱
簡体字 红高粱
ピン音 hóng gāoliáng
英題 Red Sorghum
各種情報
監督 張芸謀(チャン・イーモウ)
脚本 陳剣雨(チェン・ジェンユゥー)
朱偉(ジュー・ウェイ)
莫言(モー・イェン)
製作 呉天明(ウー・ティエンミン)
出演者 鞏俐(コン・リー)
姜文(ジャン・ウェン)
音楽 趙季平(ヂャオ・ジーピン)
撮影 顧長衛(グー・チャンウェイ)
美術 楊鋼(ヤン・ガン)
配給 日本の旗 ユーロスペース東光徳間
公開 中華人民共和国の旗 1987年
日本の旗 1989年1月27日
上映時間 91分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
言語 北京官話
テンプレートを表示

紅いコーリャン』(あかいこーりゃん、原題:紅高粱)は、1987年制作の中国映画

概要[編集]

張芸謀(チャン・イーモウ)の初監督作品で、主演は鞏俐(コン・リー)。2人のコンビはその後も数々の作品を世に送り出すことになる。

「紅(あか)」を基調とした鮮烈な映像美が特徴で、神話的なエピソードを交えながら物語は語られる。特に強烈な色彩を強調した映像は、後の張芸謀(チャン・イーモウ)・鞏俐(コン・リー)コンビによる作品である『菊豆(チュイトウ)』『紅夢』『上海ルージュ』にも特徴的である。

この映画は、国外でも大きな反響を呼んだが、中国国内でも賛否両論が巻き起こり、「『紅いコーリャン』現象」と呼ばれるほどだった。中国映画史の中でも時代を画する作品の一つだと言える。1988年のベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したほか、百花奨金鶏奨でも最優秀作品賞を受賞している。

あらすじ[編集]

1920年代末の中国山東省。私(語り手)の祖母・九児(ジョウアル)は、ラバ1頭で父に売られ、親子ほど年の離れたハンセン病患者の、造り酒屋の男の元に嫁ぐことになる。御輿で嫁入りに向かう途中、彼女は強盗たちに襲われるが、御輿の担ぎ手・余占鰲(ユゥージャンアオ)に救われる。実家に里帰りして、再び嫁ぎ先に向かう道すがら、再び強盗が彼女を襲うが、その正体は余占鰲だった。お互いに惹かれあっていた2人は、コーリャン畑で結ばれることになる。やがて夫が行方不明となり、造り酒屋を継いだ九児は余と結婚。コーリャン畑で結ばれた日に身ごもった子供・豆官(ドウグゥアン)も生まれ、幸せな日々が続くのだが、やがてそこに日本軍が侵攻してくる……。

キャスト[編集]

  • 九児(ジョウアル)(私の祖母)…鞏俐(コン・リー)
  • 余占鰲(ユゥージャンアオ)(私の祖父)…姜文(ジャン・ウェン)
  • 羅漢(ルオハン)…滕汝駿(トン・ルージュン)
  • 豆官(ドウグゥアン)(私の父)…劉継(リウ・チー)
  • 私の曾祖父…銭明(チェン・ミン)
  • 禿三包(トゥーサンパオ)(匪賊の頭)…計春華(ジー・チュンホァ)

スタッフ[編集]

  • 監督…張芸謀(チャン・イーモウ)
  • 撮影…顧長衛(グー・チャンウェイ)
  • 作曲…趙季平(ヂャオ・ジーピン)
  • 美術…楊鋼(ヤン・ガン)
  • 脚本…陳剣雨(チェン・ジェンユゥー)、朱偉(ジュー・ウェイ)、莫言(モー・イェン)
  • 原作…莫言(モー・イェン)『紅高梁』『高梁酒』
  • 製作…呉天明(ウー・ティエンミン)

外部リンク[編集]