マグノリア (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マグノリア
Magnolia
監督 ポール・トーマス・アンダーソン
脚本 ポール・トーマス・アンダーソン
製作 ポール・トーマス・アンダーソン
ジョアンナ・セラー
製作総指揮 マイケル・デ・ルカ
リン・ハリス
ナレーター リッキー・ジェイ
出演者 トム・クルーズ
ジュリアン・ムーア
フィリップ・ベイカー・ホール
フィリップ・シーモア・ホフマン
ウィリアム・H・メイシー
ジョン・C・ライリー
音楽 ジョン・ブライオン
撮影 ロバート・エルスウィット
編集 ディラン・ティチェナー
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年12月17日
日本の旗 2000年2月20日
上映時間 188分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $37,000,000[1] (概算)
興行収入 $22,455,976[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$48,451,803[1] 世界の旗
テンプレートを表示

マグノリア』(Magnolia)は、1999年製作のアメリカ映画である。ポール・トーマス・アンダーソン監督・脚本によるドラマである。

新興宗教の教祖まがいのSEX伝道師や、いまわの際にあるその父親、父親の後妻、看護師、子供のころクイズ王だったダメ男、今、天才と騒がれている少年など、一見、相互に無関係な10人以上の男女の24時間を描く群像劇。3時間を越える長編である。興行的には伸び悩んだが、後半のカエルのシーンが物議をかもし、伝説的なカルト映画として多くのファンがいる。

ストーリー[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

10人の主人公[編集]

スタンリー・スペクター
演 - ジェレミー・ブラックマン英語版、日本語吹替 - 冬馬由美
クイズ王である天才少年。
ジミー・ゲイター
演 - フィリップ・ベイカー・ホール(若かりし頃 - トーマス・ジェーン)、日本語吹替 - 村松康雄
人気長寿番組であるクイズ『子供は何を知ってるの?』の司会者
ドニー・スミス
演 - ウィリアム・H・メイシー、日本語吹替 - 田原アルノ
『子供は何を知ってるの?』の初代優勝者である元天才少年。同性愛者
アール・パートリッジ
演 - ジェイソン・ロバーズ、日本語吹替 - 丸山詠二
末期癌で臨終を控えている大物プロデューサー
フランク・T・J・マッキー
演 - トム・クルーズ、日本語吹替 - 山寺宏一
アールの実の息子。父親との間に確執がある。「誘惑してねじ伏せろ」という本を執筆し、男性向けの自己啓発セミナーを行なっている。
リンダ・パートリッジ
演 - ジュリアン・ムーア、日本語吹替 - 高島雅羅
財産目当てでアールと結婚した後妻。死を目の前にしている夫に心境が変わっていく。
フィル・パルマ
演 - フィリップ・シーモア・ホフマン、日本語吹替 - 松本保典
アールの付き添いの看護士
ローズ・ゲイター
演 - メリンダ・ディロン、日本語吹替 - 沢田敏子
ジミー・ゲイターの妻。
クローディア・ウィルソン・ゲイター
演 - メローラ・ウォルターズ、日本語吹替 - 村井かずさ
ジミー・ゲイターの娘。父親との間に確執があり、家族とは別居している。
ジム・カーリング
演 - ジョン・C・ライリー、日本語吹替 - 大川透
孤独だが善良なロス市警の警察官。

その他[編集]

シンシア
演 - フェリシティ・ハフマン
アラン・クリグマン
演 - マイケル・マーフィー
バート・ラムゼイ/ナレーター
演 - リッキー・ジェイ、日本語吹替 - 藤本譲
ジミーの同僚。
リック・スペクター
演 - マイケル・ボウエン英語版、日本語吹替 - 家中宏
スタンリーの父。
グエノヴィア
演 - エイプリル・グレイス英語版、日本語吹替 - 日野由利加
フランクにインタビューをするインタビュアー。
ルイス
演 - ルイス・ガスマン
『子供は何を知ってるの?』の大人チームのメンバー。
サーストン・ハウエル
演 - ヘンリー・ギブソン
ディック・ジェニングス
演 - ダニー・ウェルズ英語版
ワーム(虫)
演 - オーランド・ジョーンズ
ダニエル・ヒル
演 - ニール・フリン
デルマー・ダリオン
演 - パットン・オズワルト
木の上で死んでいたダイバー[要曖昧さ回避]カジノディーラー[要曖昧さ回避]
『子供は何を知ってるの?』のフロアディレクター
演 - クラーク・グレッグ
ジャネット
演 - メアリー・リン・ライスカブ
フランクの秘書(声のみの出演)。
『子供は何を知ってるの?』のショーディレクター
演 - ロバート・ダウニー・シニア英語版
『子供は何を知ってるの?』のショーディレクターのアシスタント
演 - ウィリアム・メイポーザー
ソロモン・ソロモン
演 - アルフレッド・モリーナ、日本語吹替 - 坂東尚樹
ドニーの雇い主。
エドマンド・ウィリアム・ゴッドフリー卿/若い薬剤師
演 - パット・ヒーリー
フェイ・バリンジャー
演 - ミリアム・マーゴリーズ

サウンドトラック[編集]

シンガーソングライターのエイミー・マンが、主題歌「セイヴ・ミー」やハリー・ニルソンのカヴァー「ワン」など多くの曲を歌唱しており、本作に提供された曲の一部は、エイミー・マン名義のスタジオ・アルバムバチェラーNo.2』(2000年)にも再収録された。1999年12月にはエイミー・マン、スーパートランプガブリエルの曲を収録したサウンドトラック・アルバムがリリースされ[2]、翌年には全米58位に達した[3]。また、ジョン・ブライオンが作曲した本作のオリジナル・スコアも、2000年にアルバムとしてリリースされた[4]

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 助演男優賞 トム・クルーズ ノミネート
脚色賞 ポール・トーマス・アンダーソン ノミネート
歌曲賞 エイミー・マン ノミネート
ベルリン国際映画祭 金熊賞 ポール・トーマス・アンダーソン 受賞
ゴールデングローブ賞 助演男優賞 トム・クルーズ 受賞
歌曲賞 エイミー・マン ノミネート
放送映画批評家協会賞 作品賞 ノミネート
フロリダ映画批評家協会賞 アンサンブル・キャスト賞 受賞
作品賞 受賞

脚注[編集]

外部リンク[編集]