パンチドランク・ラブ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンチドランク・ラブ
Punch-Drunk Love
監督 ポール・トーマス・アンダーソン
脚本 ポール・トーマス・アンダーソン
製作 ポール・トーマス・アンダーソン
ダニエル・ルピ
ジョアン・セラー
出演者 アダム・サンドラー
エミリー・ワトソン
フィリップ・シーモア・ホフマン
ルイス・ガスマン
音楽 ジョン・ブライオン
撮影 ロバート・エルスウィット
編集 レスリー・ジョーンズ
製作会社 レボリューション・スタジオズ
ニュー・ライン・シネマ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年11月1日
日本の旗 2003年7月26日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $24,665,649[1]
テンプレートを表示

パンチドランク・ラブ』(Punch-Drunk Love)は、2002年に製作されたポール・トーマス・アンダーソン監督、アダム・サンドラー主演のロマンティック・コメディ映画。

概要[編集]

ブギーナイツ』、『マグノリア』などにおいてその手腕を発揮したポール・トーマス・アンダーソンが、コメディアンアダム・サンドラーを主演に迎えた一風変わった異色のロマンティック・コメディ映画である本作。それまでの作品同様、アンダーソン監督自身が脚本も手掛けており、ヒロインにはイギリス出身のエミリー・ワトソンがサンドラーの相手役で出演している。サンドラーはそれまで出演してきたコメディ映画の雰囲気とはガラッと変わり、人生に対する悲壮感を抱えた男をユーモラスに演じている。今作においてその創造性が評価されたアンダーソンは、カンヌ国際映画祭で見事に監督賞を受賞した[2]

あらすじ[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスのサンフェルナンド・バレーに住むバリー・イーガン(アダム・サンドラー)は、変わったラバーカップ(いわゆるスッポン)や他の変わったものを販売する会社を営む独身男性。普段は真面目な青年だが、何かと口うるさい姉たちの中で育ったため、事あるごとに情緒不安定に陥り、かつ女性に対する不信感を抱くどこか寂しい男でもあった。そんな彼の最近の日課は、ヘルシー・チョイス社 (Healthy Choice)のプリンを大量に買って、その特典で、実はプリン代よりも価値が高い航空会社のマイレージをたくさん貯めること(デヴィッド・フィリップスの実話に基づく)。

ある日、姉のエリザベス(メアリー・リン・ライスカブ)が同僚であるリナ(エミリー・ワトソン)を彼の職場に連れてくる。静かで優しい感じを醸し出す彼女に心を寄せ始めたバリーはさっそく彼女を食事に誘い、二人の距離は徐々に狭まっていく。かつてない幸福感を味わっていたバリーだったが、その思いも束の間、ある夜にふとダイヤルを回したテレフォン・セックスのサービスコールによりクレジット・カードのトラブルが発生する。そのことでゆすり屋(フィリップ・シーモア・ホフマン)から脅迫まがいの電話がかかってくるようになり、再び負け犬人生へ逆戻りかと思われたのだが、バリーは自分を奮い立たせてその相手の元へと向かったのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版
バリー・イーガン アダム・サンドラー 森川智之
リナ・レナード エミリー・ワトソン 深見梨加
ディーン・トランベル フィリップ・シーモア・ホフマン 谷昌樹
ランス ルイス・ガスマン 牛山茂
エリザベス メアリー・リン・ライスカブ

スタッフ[編集]

評価[編集]

映画批評サイトRotten Tomatoesには、182件のレビューがあり、批評家支持率は79%、平均点は10点満点中7.4点となっている。また、Metacriticには、37件のレビューがあり、平均点は100点満点中78点となっている。

本作はThe A.V. Clubの選定した「2000年代の映画ベスト50」において、33位となっている。[3]

映画監督のジャド・アパトーリー・アンクリッチ、俳優のビル・ナイらが、本作をお気に入りの映画の一つだと公言している。[4][5][6]

脚注[編集]

  1. ^ Punch-Drunk Love (2002)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2008年10月8日閲覧。
  2. ^ “Festival de Cannes: Punch-Drunk Love”. Cannes Film Festival. http://www.festival-cannes.com/en/archives/ficheFilm/id/3124026/year/2002.html 2009年10月25日閲覧。 
  3. ^ The best films of the '00s”. 2013年9月27日閲覧。
  4. ^ Judd Apatow, king of the 'Funny People'”. 2013年9月27日閲覧。
  5. ^ Five Favorite Films With Toy Story 3 Director Lee Unkrich”. 2013年9月27日閲覧。
  6. ^ Bill Nighy pretty much lived this role”. 2013年9月27日閲覧。

外部リンク[編集]