セントラル・ステーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セントラル・ステーション
Central do Brasil
監督 ヴァルテル・サレス
脚本 ジョアン・エマヌエル・カルネイロ
マルコス・ベルンステイン
製作 アーサー・コーン
マルチーヌ・ド・クレアモント=トネーレ
製作総指揮 エリザ・トロメッリ
リリアン・ブリムバウム
ドナルド・ランヴォ
出演者 フェルナンダ・モンテネグロ
ヴィニシウス・デ・オリヴェイラ
音楽 アントニオ・ピント
ジャキス(ジャック)・モレレンバウム
撮影 ヴァルテル・カルバロ
編集 イザベル・ラテリー
フェリーペ・ラセルダ
配給 日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 ブラジルの旗 1998年4月3日
日本の旗 1999年1月23日
上映時間 113分
製作国 ブラジルの旗 ブラジル
フランスの旗 フランス
言語 ブラジルポルトガル語
製作費 $2,900,000
興行収入 $5,596,708[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

セントラル・ステーション』(ポルトガル語: Central do Brasil英語: Central Station)は、1998年に制作・公開されたブラジル映画。監督はヴァルテル・サレス(ウォルター・サレス)。

1996年、サンダンス・NHK国際映像作家賞を受賞し制作され1998年第48回ベルリン国際映画祭金熊賞(最優秀作品賞)、銀熊賞(主演女優賞)及びエキュメニカル審査員特別賞を受賞した。また、アメリカで第56回ゴールデングローブ賞最優秀外国語映画賞を受賞するなど、各国で様々な賞を受賞した。

ストーリー[編集]

かつて教師をしていたドーラは、今はリオデジャネイロの中央駅で代筆業を営んでいる。字の書けない人のために手紙を書くのが彼女の仕事だが、次第に何の感情も持たないようになり、その手紙を実際に出すことはほとんどなくなっていた。

ある日、一人の女性が夫宛の手紙を頼みに来た。しかしその女性は直後に交通事故で死亡、9歳の少年が残される。見かねた彼女は、少年ジョズエを連れ、彼の父親探しの旅に出る。

キャスト[編集]

『リーニャ・ヂ・パッシ』[編集]

本作で少年ジョズエを演じたヴィニシウス・デ・オリヴェイラは、ウォルター・サレスがダニエラ・トマスと共同監督した『リーニャ・ヂ・パッシ』 Linha de Passe (2008年)に再び出演している。この作品では、それぞれ別の父親をもつ四人兄弟とその母親を描いており、ヴィニシウス・デ・オリヴェイラはサッカー選手を目指す長男ダリオを演じている。

共同監督・共同脚本のダニエラ・トマスによると、この長男ダリオは『セントラル・ステーション』の少年ジョズエの10年後の設定となっている[2]。ただし、役名も母親の設定もこの二役は異なっており、直接繋がった10年後とは言えない。

出典[編集]

  1. ^ Central Station (1998)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年6月10日閲覧。
  2. ^ 『リーニャ・ヂ・パッシ』Q&A - TOKYO FILMeX デイリーニュース(2008年11月22日)

外部リンク[編集]