モクレン属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モクレン属
Magnolia wieseneri.jpg
Magnolia Watsoni
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: モクレン目 Magnoliales
: モクレン科 Magnoliaceae
: モクレン属 Magnolia
学名
Magnolia L.
英名
Magnolia

本文参照

モクレン属 (Magnolia) はおよそ210種[1]を含む大きな被子植物モクレン目モクレン科の属である。

モクレン属の分布は比較的不連続である。北米東部、中米西インド諸島および東アジア東南アジアである。いくつかの種は南米産である。今日多くのモクレン属の種と現在も増え続けている交配種が観賞用樹木として北米、ヨーロッパオーストラリアニュージーランドで植栽されている。園芸関係では属名からマグノリアと総称される。

属名はフランスモンペリエ植物学者ピエール・マニョル (Pierre Magnol) に因んで名づけられた(学名 Magnolia の起源参照)。

概説[編集]

モクレン属は進化の観点で古い属である。ハチの登場の前に進化した花は、甲虫を誘引するように発達した。そのため、雌ずいはしっかりとできており、甲虫の徘徊による破壊や食害を防いでいる。化石の種であるM. acuminataは2000万年前のものと報告されており、モクレン科に属すると同定可能な植物は9500万年前に遡る。モクレン属のそれ以外の原始的な特徴として、がく花弁が区別できないことがある。花被片の用語はモクレンが持っている中間的な形態を指す。モクレン属の葉は鱗翅目のいくつかの種、Giant Leopard Mothなどに食用とされる。

マグノリアはミシシッピ州ルイジアナ州の州花である[2]。ミシシッピ州は、州内にマグノリアが多いことから、マグノリアの州 (Magnolia State) と俗称される。また、ミシシッピ州の州の木である。

学名 Magnolia の起源[編集]

1703年シャルル・プリュミエ (Charles Plumier) が Genera[3] の中でマルティニーク島の花木を記載している。地元で 'Talauma' と呼ばれていたこの種に、プリュミエはピエール・マニョル (Pierre Magnol) に因んで Magnolia と命名した。マニョルの弟子ジョゼフ・ピトン・ツルヌフォール (Joseph Pitton de Tournefort) のもとでパリで植物学を研究していたイギリスの植物学者ウィリアム・シェラード (William Sherard) が、おそらくプリュミエの後で最初に Magnolia の名前を用いた人物であろう。シェラードは、少なくともディレニウス (Johann Jacobs Dillenius) のHortus Elthamensis[4]マーク・ケイツビー(Mark Catesby) の有名な『カロライナの自然史』[5]の分類の部分には関係していた。これらはプリュミエの Genera の後に Magnolia の名前を北米温帯の花木のいくつかの種に対して使った研究である。

リンネはプリュミエの Genera をよく知っていた。『自然の大系』 Systema Naturae1735年の初版では、Magnolia の名前を記載せずにプリュミエの研究の参照という形で使っている。1753年には、『植物の種』Species Plantarum の初版でプリュミエの Magnolia を使用している。リンネは標本庫のプリュミエの Magnolia の標本を(仮に存在したとしても)見たことはなかったし、記載と貧弱な画だけしか手許になかったので、ケイツビーが1731年に『カロライナの自然史』に記載したものと同じと判断したにちがいなく、Magnolia virginiana var. foetida(現在の M. grandiflora)の同物異名(シノニム)とした。

プリュミエが最初に Magnolia と命名したものは、後にラマルクによって Annona dodecapetala [6]と命名され、それ以降にMagnolia plumieriTalauma plumieri (やそれ以外の多数の名前)で命名されたが、今日では Magnolia dodecapetala[7] の名称で知られる。

初期の文献と記載[編集]

モクレンは中国で古くから知られて利用されてきた。古い記録は1083年に遡る[8]。スペインのメキシコ征服の後、スペインのフェリペ2世は侍医のフランシスコ・エルナンデス (Francisco Hernandez) に対し、1570年の学術調査をおこなわせた。エルナンデスは図を含んだ植物の記載を多数行ったが、出版はそれ以後におこった多数の事故により遅れ妨げられた。原稿は1629年から1651年にかけてアッカデーミア・デイ・リンチェイ (Accademia dei Lincei)の会員たちによって再編集され、1651年に3分冊の Nova plantarum historia Mexicana(メキシコ植物史)として出版された。この研究には現地名で'Eloxochitl'と記されている、おそらくMagnolia dealbata (= Magnolia macrophylla subsp. dealbata) の図が含まれている。これがおそらく最も初期の西洋に紹介されたモクレンの記載であろう[9]。 イギリスやフランスの北米に派遣されたキリスト教伝道使節によってモクレンが記録されたか否か不明確であるが、ヨーロッパへのモクレンの移入は記録が残っている。宣教師で植物収集家のジョン・バニスター (John Bannister, 1654-1693) がロンドンの司教ヘンリー・コンプトン (Henry Compton) にバージニアからLaurus tulipifera, foliis subtus ex cinereo aut argenteo purpurascentibus[10](訳注:非常に長いがこれがリンネの二名法以前の種名)を送ってきたのである。今日、これはMagnolia virginiana (Sweetbay magnolia) として知られる。つまり、最初のモクレンはシャルル・プリュミエールがマルチニーク諸島で 'Talauma' を発見してMagnolia と名前を付ける前にヨーロッパに到達していたのである[11]

命名と分類[編集]

リンネが MagnoliaSpecies Plantarum (1753) でとりあげたとき、ただ1種 Magnolia virginiana からなる見出しを作った。この種の下に、5つの変種を記載した (glauca, foetida, grisea, tripetala, acuminata)。Systema Naturae の第10版 (1759) では変種 griesaglauca をまとめ、残った4つの変種を種に格上げした[12]

18世紀の終わりまでに、アジアを探検した植物学者とプラントハンターは中国と日本のモクレンを命名し記載しはじめた。西洋の植物学者によって記載された最初のアジアの種は Magnolia denudataMagnolia liliiflora[13]、また Magnolia cocoMagnolia figo[14]である。その後間もなく、1794年にツンベリー (Carl Peter Thunberg) がホオノキ Magnolia obovata を日本で採集、記載し、それと前後してコブシ Magnolia kobus が採集された[15]。それ以降、種のリストは長くなりつづけていく。

種が増えるにつれ、モクレン属はMagnolia亜属とYulania'亜属に分割された。Magnolia は特にアメリカ合衆国で園芸上重要な種であるアメリカの常緑のタイサンボクおよび基準種のMagnolia virginianaを含む。Yulania亜属は数種のアジアの落葉性の種、ハクモクレン Magnolia denudata やコブシ Magnolia kobusを含む。これらはそれ自身で、また交配種の親として園芸上重要である。Yulania亜属に属するものにはまた、アメリカの落葉性の Magnolia acuminata (Cucumber tree) があり、最近は黄色の花色を新しい交配種にもたらすものとして重要になっている。

モクレン科の中の類縁関係は長い間分類学者の悩みであった。この科が非常に古いこと、多くの地質学的イベント、例えば氷河期や造山運動、大陸移動などを生き延びてきたために、分布は散在的なものである。いくつかの種や種群は長期間孤立していたのに対し、他のものは密接な接触があった。科の中、あるいはモクレン属の中を分割するにあたって、形態的特徴のみではほとんど不可能に近いことが明らかになった[16]

20世紀の終わりになって、DNA塩基配列の決定が系統学的に大規模な研究に使えるようになってきた。モクレン科の多数の種についてのいくつかの研究で、類縁関係の調査がなされた[17][18][19]。これらの研究いずれもが明らかにしたのは、モクレン属Magnolia亜属に対してよりも、Michelia属とモクレン属Yulania亜属は相互にはるかに近縁であるという結果であった。 これらの系統学的研究は形態学的データでも支持された[20]

名称が類縁関係を反映するものであるなら、Michelia属とモクレン属Yulania亜属の関係は好ましいものではない。分類学的には3つの選択がある。

1
Michela属とYulania亜属の種をMagnoliaではない同じ属にする(Micheliaに先取権がある)。
2
Yulania亜属を属の階級にして、Michelia属とMagnolia亜属は変更しない。
3
Michelia属をモクレン属に加えて広義のモクレン属 Magnolia s.l.にする。

Magnolia亜属は属と科の基準種である Magnolia virginiana を含んでいるため名称の変更が出来ない。Michelia属の種で園芸上経済上重要な種は、材を別としてあまりない。Magnolia亜属とYulania亜属は園芸上重要な種を多く含んでおり、名称の変更は歓迎されるものではない。Magnolia はヨーロッパでは程度に違いはあってもYulania属の同義語である。そのため、Yulania亜属 と Michelia属に近縁性を認める多くの分類学者が第3の選択肢を支持している。同様にして、TalaumaDugandiodendron の2属はMagnolia亜属に、ManglietiaはMagnolia亜属または新しい亜属の地位を与えられるであろう。 Elmerrillia はMichelia属やYulania亜属に近いように見えるので、現在のMichelia属と同じように扱われるであろう。小さな、あるいは単型の属、KmeriaParakmeriaPachylarnaxManglietiastrumAromadendronWoonyoungiaAlcimandraParamicheliaTsoongiodendron などの命名法上の正確な地位は明確ではない。Michelia属をモクレン属にまとめる分類学者はこれらの小さな属を広義のモクレン属にまとめる傾向がある。現在のところ、欧米の植物学者は大きなモクレン属に、多くの中国人研究者は小さな属を認める傾向にある。

モクレン属の主な種[編集]

以下のリストは温帯の種のみで、それ以外に多くの種が熱帯に産する。完全なリストは「モクレン協会 (Magnolia Society)」のリストを参照。

  • Magnolia subgenus Magnolia: 雄しべは花の前面中心部に向かって裂開する。落葉または常緑、花は葉のあとで展開する。
    • Magnolia delavayi - Chinese evergreen magnolia
    • Magnolia fraseri - Fraser magnolia
    • Magnolia globosa - Globe magnolia
    • Magnolia grandiflora -タイサンボク Southern magnolia
    • Magnolia guatemalensis - Guatemalan magnolia
    • Magnolia macrophylla - Bigleaf magnolia
      • Magnolia macrophylla subsp. ashei - Ashe magnolia
      • Magnolia macrophylla subsp. dealbata - Mexican bigleaf magnolia
    • Magnolia nitida -
    • Magnolia obovata -ホオノキ Japanese bigleaf magnolia
    • Magnolia officinalis - Houpu magnolia
    • Magnolia sieboldii - Siebold's magnolia(種小名はシーボルトに因む)
      • Magnolia sieboldii subsp. sieboldii --オオバオオヤマレンゲ
      • Magnolia sieboldii subsp. japonica --オオヤマレンゲ
    • Magnolia tripetala - Umbrella magnolia
    • Magnolia virginiana - Sweetbay magnolia
    • Magnolia wilsonii - Wilson's magnolia
  • Magnolia subgenus Yulania: 雄しべは側面で裂開する。落葉性。花は葉より先に展開する(M. acuminataを除く)。
    • Magnolia acuminata - Cucumber tree
    • Magnolia amoena -
    • Magnolia biondii -
    • Magnolia campbellii - Campbell's magnolia
    • Magnolia cylindrica -
    • Magnolia dawsoniana - Dawson's magnolia
    • Magnolia denudata - Yulan magnolia
    • Magnolia kobus -コブシ Kobushi magnolia
    • Magnolia liliiflora -モクレン Mulan magnolia
    • Magnolia salicifolia -タムシバ Willow-leafed magnolia
    • Magnolia sargentiana - Sargent's magnolia
    • Magnolia sprengeri - Sprenger's magnolia
    • Magnolia stellata -シデコブシ Star magnolia
    • Magnolia zenii -
    • Magnolia hodgsonii
    • Magnolia sirindhorniae - Princess Sirindhorn's magnolia

利用[編集]

全般に、モクレン属は園芸家の関心を惹く属である。交配によって異なった種の優れた特徴を合わせることは成功しており、親より若い樹齢で開花するものや、より特徴のある花を付けるものが作られている。もっとも広く植えられているモクレンは交配種のサラサモクレンM. x soulangeana、モクレンとハクモクレンの交配種)である。

M. officinalis の樹皮は漢方薬で「厚朴」として、日本ではホオノキが同様に使われる。芳香のある樹皮はマグノロール (magnolol) とホノキオール (honokiol) を含み、この2種のポリフェノール化合物はanti-anxietyとanti-angiogenicの性質を示す。モクレンの樹皮はまたアレルギー反応とasthmaticを押さえることが示されている。

ギャラリー[編集]

参考文献および脚注[編集]

  1. ^ モクレン属の種数は分類学上の立場によって異なる。最近の分子系統学的、形態学的研究によれば、TalaumaDugandiodendronManglietiaMicheliaElmerrilliaKmeriaParakmeriaPachylarnax(とその他いくつかの単型属)は同じ属である広義のモクレン属に含まれる。狭義のモクレン属にはおよそ120種が属する。本項目の命名と分類の節参照。
  2. ^ このために、2005年の晩夏におこったハリケーン・カトリーナの被害を強く受け他地域への指示を表すシンボルとなった。8月18日の2005年エミー賞の贈呈者、たとえばニューオリンズ出身のエレン・デジェネレスが襟にマグノリアをつけていた。
  3. ^ Plumier, C. (1703) Nova plantarum Americanarum genera. Paris. [アメリカ植物の新属]
  4. ^ Dillenius, J.J. (1732), Hortus Elthamensis, seu plantarum rariorum quas in horto suo Elthami in Cantio coluit vir ornamentissimus et praestantissimus Jacobus Sherard. London [エルタムの庭園、あるいは最もDISTINGUISHEDでPROMINENTな人物ジャコブ・シェラードがケント州エルタムで栽培する希少な植物について]
  5. ^ Catesby, M. (1731), The natural history of Carolina, Florida and the Bahama Islands, containing the figures of birds, beasts, fishes, serpents, insects and plants, Vol. 1. London.
  6. ^ Lamarck, J.B.P.A. de (1786), Encyclop仕ie M師hodique Botanique, tome second: 127. Paris.
  7. ^ 先取権の規則に則り、1753年5月1日刊行のリンネの Species plantarum 、またはそれ以降にいかなる植物学者のいかなる他の著作においてでも最初に有効に公刊された名称は、後の名前に対して優先権をもつ。プリュミエの名称は二名法ではなく、Species Plantarum 以前に刊行されているため、有効ではない。1753年以降最初の二名法での刊行はラマルクの Annona dodecapetala(1786年)である。後のMagnolia plumieri(1788年)はシュワルツ (Schwartz) のもので、Magnolia fatiscens(1817年 リチャード;Richard), Talauma caerulea(1805年ジャウム・サンチレール;Jaume St-Hilaire )Magnolia linguifolia(1822年)と同様に同物異名として扱われる。
  8. ^ Treseder (1978, p. 9) は'Cheng Lei Pen Tshao' (Reclassified Pharmaceutical Natural History)を引用している。
  9. ^ Treseder, N.G. (1978), Magnolias: 9-13.
  10. ^ 葉の下面が灰白色あるいは銀白色から紫がかった葉を持つクスノキの葉の形をしたユリノキ
  11. ^ Treseder, N.G. (1978), Magnolias: 14.
  12. ^ Magnolia glauca は基準標本が Magnolia virginiana と同じで、後者が最初の有効な名称であり、Sweetbay magnolia と英語で呼ばれる種である。変種 foetidaMagnolia grandiflora と名称が変更され、種小名 foetida は変種のランクのみで先取権があり有効である。Magnolia grandiflora は英名を Southern magnoliaという。Magnolia tripetala (Umbrella magnolia) と Magnolia acuminata (Cucumber tree) は現在も種として認識されている。
  13. ^ これらの名前でデルソー (Desrousseaux) によってラマルクEncyclopédie Méthodique Botanique, tome troisieme (1792): 675に記載された。20世紀の初め、同じ種を表すと思われる記載が、フランス人の自然研究者ピエール=ジョゼフ・ビュショ (P.J. Buc'hoz) の研究 Plantes nouvellement découvertes (1779) で Lassonia heptapetaLassonia quinquepeta の名前で再発見された。1934年には、イギリスの植物学者ダンディ (J.E. Dandy) がこれらの名称はそれ以前に両種が1世紀近く知られていた名前に対して先取権があり、従って Magnolia denudataMagnolia heptapeta と、Magnolia liliifloraMagnolia quinquepeta と改名されるべきであると主張した。長期にわたる議論の末、分類の専門家はビュショの名前はキメラ、異なる種から構成された画、に基づいたものであると結論を下し、ビュショが標本庫に標本を保存したり引用したりしなかったので受け入れられないとした。
  14. ^ これらの種は Liriodendron cocoLiriodendron figo としてルレイロ (J. de Loureiro) によって『コーチシナ植物誌』(Flora Cochinchinensis 1790) で記載され、後に (1817) モクレン属にオーギュスタン・ピラミュス・ドゥ・カンドール (A. P. de Candolle) によって移動された。Magnolia figo はその後間もなく Michelia に映された。
  15. ^ コブシは1814年にドゥ・カンドールによって有効に出版されたものの名前が受け入れられた。先行するこの種の出版にはいくつかの混乱があり、記載と基準標本が一致しないことが原因であった。
  16. ^ 1927年にダンディは10属をThe genera of Magnoliaceaeの中で認めた (Kew Bulletin 1927: 257-264)。1984年にはラウ (Law Yuh-Wu) が15属を A preliminary study on the taxonomy of the family Magnoliaceae, Acta Phytotaxonomica Sinica 22: 89-109 で、さらに2004年には16属を Magnolias of China で提起した。これはいくつかの属をまとめるか分けるかのグループ分けの問題ではない。著者たちはしばしば異なった特徴を採用している。
  17. ^ Azuma, H., L.B. Thien & S. Kawano (1999), Molecular phylogeny of Magnolia (Magnoliaceae) inferred from cpDNA sequences and evolutionary divergence of the floral scents. Journal of Plant Research 112(1107): 291-306.
  18. ^ Azuma, H., Garc誕-Franco, J.G., Rico-Gray, V., and Thien, L.B. (2001). Molecular phylogeny of the Magnoliaceae: the biogeography of tropical and temperate disjunctions. American Journal of Botany. 88: 2275-2285.
  19. ^ Kim, S. et al. (2001), Phylogenetic relationships in family Magnoliaceae inferred from ndhF sequences. American Journal of Botany. 88(4): 717-728.
  20. ^ Figlar, R.B. (2000), Proleptic branch initiation in Michelia and Magnolia subgenus Yulania provides basis for combinations in subfamily Magnolioideae. In: Liu Yu-hu et al., Proceedings of the International Symposium on the Family Magnoliaceae: 14-25, Science Press, Beijing.