レインマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レインマン
Rain Man
監督 バリー・レヴィンソン
脚本 バリー・モロー
ロナルド・バス
原作 バリー・モロー
製作 マーク・ジョンソン
製作総指揮 ピーター・グーバー
ジョン・ピーターズ
出演者 ダスティン・ホフマン
トム・クルーズ
ヴァレリア・ゴリノ
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ジョン・シール
編集 ステュー・リンダー
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年12月16日
日本の旗 1989年2月25日
上映時間 134分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約2500万$[1]
興行収入 約1億7200万$[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
約1億8200万$[1] (北米外)
約3億5400万$[1] 世界の旗
テンプレートを表示

レインマン』(原題: Rain Man)は、1988年公開のアメリカ映画。制作会社はユナイテッド・アーティスツで、監督はバリー・レヴィンソン。原作のバリー・モローロナルド・バスと共同で脚本を執筆した。主演はダスティン・ホフマントム・クルーズ

第61回アカデミー賞と第46回ゴールデングローブ賞、さらに第39回ベルリン国際映画祭においてそれぞれ作品賞を受賞。

自由奔放な青年と、重い自閉症の兄との出会いと人間としての変化を描いたヒューマンドラマである。また、ロードムービーとしての側面を備えた作品でもある。

レイモンドのモデルはアメリカやイギリスでその驚異的な記憶力が話題となったサヴァン症候群患者のキム・ピーク

日本では2006年に世界で初めて舞台化され、チャーリー役に椎名桔平、レイモンド役に橋爪功を起用しヒットした。

ストーリー[編集]

チャーリー(トム・クルーズ)は高級車のディーラーをしているが経営が思わしくない。そんな彼のもとに長い間没交渉になっていた父の訃報が届く。遺産目当てに故郷にかえったチャーリーは、車とバラ以外の財産が自閉症の兄レイモンド(ダスティン・ホフマン)への信託財産として運用されることを知る。遺産を手に入れようと、チャーリーはレイモンドが入所している施設から強引にレイモンドを連れ出し、ロサンゼルスに戻ろうとするが、その道中でレイモンドの持つ特殊な才能と、幼い頃に彼と交わした交流を思い出す。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD TV
レイモンド・バビット ダスティン・ホフマン 野沢那智 富山敬
チャーリー・バビット トム・クルーズ 堀秀行 山寺宏一
スザンナ ヴァレリア・ゴリノ 勝生真沙子 松本梨香
Dr.ブルーナー ジェリー・モレン 納谷悟朗 大木民夫
ジョン・ムーニー ジャック・マードック
サリー・ディブス ボニー・ハント

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

  • 実在のモデルは、サヴァン症候群キム・ピークと言われている。キムと面会した作家のバリー・モローがその能力に驚愕し、小説を書きあげる。
  • 当初、ホフマンは弟の役だったが、兄の役柄に大きな感銘を受け、自分が演じることを直訴。何度もキムに面会し、役作りに励んだという。
  • 床に落ちた爪楊枝を瞬時に計算したキム・ピークの実体験がそのまま映画のエピソードとして出てくる。ただし自動車運転などは困難を極めた。
  • 映画「レインマン」の公開後に有名となったキムは、しかしなんら生活を変えることなく、毎日を図書館で過ごし、小説から図鑑、電話帳、住所録までを片っ端から読破して、記憶する日課を死ぬまで続けて、09年12月19日に58歳で亡くなる。

DVD『レインマン アルティメット・エディション』[編集]

2005年6月17日、20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンより2枚組DVDソフト『レインマン アルティメット・エディション』が発売された。本編にdts音声を追加。特典ディスクにはメイキング映像や製作ドキュメンタリー、未公開シーンなどが収録されている。 2006年6月21日ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントよりジャケット・ディスクのデザインを変えて「レインマン アルティメット・コレクション」として再発売。 2008年10月24日、20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンよりジャケットデザインを変えて低価格(スタジオクラシックシリーズ)として再発売。

舞台[編集]

日本版[編集]

2006年に東京大阪名古屋の3ヶ所、2007年に東京・大阪・名古屋・横浜の4ヶ所で上演された。

キャスト[編集]

  • チャーリー・バビット:椎名桔平
  • レイモンド・バヒット:橋爪功
  • スザンナ・パルミエリ:朴璐美(2006年)→紺野まひる(2007年)
  • ウォルター・ブルーナー:大森博史(2006年)→佐藤誓(2007年)

スタッフ[編集]

イギリス版[編集]

2008年8月28日から12月20日までロンドンウエスト・エンドにあるアポロシアターで上演された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Rain Man (1988)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年8月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]