グランド・ホテル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グランド・ホテル
Grand Hotel
監督 エドマンド・グールディング
脚本 ウィリアム・A・ドレイク
原作 ヴィッキイ・バウム
『ホテルの人びと』
製作 ポール・バーン
アーヴィング・G・タルバーグ
出演者 グレタ・ガルボ
ジョン・バリモア
ジョーン・クロフォード
音楽 ウィリアム・アックスト
チャールズ・マックスウエル
撮影 ウィリアム・ダニエルズ
編集 ブランシェ・セルウェル
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1932年9月11日
日本の旗 1933年10月5日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 70万ドル(当時)
興行収入 1,235,000ドル(北米市場配給収入)
1,359,000ドル(海外市場配給収入)
テンプレートを表示

グランド・ホテル』(Grand Hotel)は、1932年製作のアメリカ合衆国映画作品。メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)製作。第5回アカデミー賞最優秀作品賞1931年-1932年度)を受賞、アカデミー賞で作品賞だけノミネートされ、作品賞だけ受賞した最初で最後の映画でもある。

概要[編集]

MGMのオールスター・キャストとして作られたこの作品は、ヴィッキイ・バウムの小説から作られた舞台劇を基にして、ウィリアム・ドレイクがアメリカ的な舞台劇にアレンジしたものが土台になっている。さまざまな人物が1つの舞台に集いあい、それぞれの人生模様が同時進行で繰り広げられていくという、当時としては斬新なストーリー展開(グランド・ホテル形式)が大ヒットを呼び、第5回アカデミー賞の最優秀作品賞受賞作となった。

本作品の大ヒットを受けて、同様の手法を用いた映画作品がホテル空港から災害や海難事故に至るまで、さまざまなモチーフを元に製作されるようになり、本作品はいわばグランド・ホテル形式の元祖と呼べる存在となった。

またこの映画のキャスティングと出演者の実際の末路が非常に似ており、奇なる映画としての拍車もかけている。

ストーリー[編集]

場所はベルリンでも超一流の「グランド・ホテル」。人気バレリーナだったがいまは落ち目のグルシンスカヤ(グレタ・ガルボ)、大企業の社長だが、会社が危機に瀕し、合併工作を図っている最中のプライシング(ウォレス・ビアリー)とたまたま彼に雇われた秘書フレムヘン(ジョーン・クロフォード)、借金で首が回らなくなっている自称「男爵」のフォン・ガイゲルン(ジョン・バリモア)、プライシングの会社の経理係だったがクビになり、一生の思い出作りにとこのホテルに泊まりに来た老人クリンゲライン(ライオネル・バリモア)といった客が様々に交錯する。

男爵はグルシンスカヤの宝石を盗もうと彼女の留守をねらうが、本気で彼女を愛してしまい宝石を盗めず、一緒に旅立とうと彼女に約束したものの、金がほしいのでプライシングの部屋に忍び込んだところを発見されて格闘の末死んでしまう。一方フレムヘンはクリンゲラインとお互いに新しい人生を生きようとパリに向かい、男爵の愛を得て生き生きと甦ったグルシンスカヤは彼との待ち合わせの駅へとさっそうたる足どりでホテルを出て行く。

エピソード[編集]

本作品は、ヴィッキイ・バウム1929年に発表した小説『ホテルの人びと(Menschen im Hotel)』をバウム自ら戯曲化したものを原作にしており、実際にあった有名会社の実力者と速記者とのスキャンダルを元にしているが、バウム自身も、自らの作品のために2つのベルリンの有名ホテルで客室係として働いていた。

この映画が評判になったのはMGMのドル箱スターが顔を合わせたことに主な原因があるが、映画としても巧い構成でつくられ、人生の縮図を端的に浮かび上がらせたのはなによりといえる。登場人物の絡まれさせ方と捌き方の巧さは舞台劇が土台にあるから当然としても、映像のつなぎ方は当時としては抜群で、悲惨なプロットが多い中でさまざまな人間模様をリレー・タッチで描いて面白さを盛り上げており、そのような印象は抑えられている。

映画の撮影中、グレタ・ガルボとジョーン・クロフォードが同一シーンに出てくることはなかった。これは彼女たちがお互いに牽制しあったためである。クロフォード自身はガルボの登場シーンが全て撮影された後に演技に入ったという。これはガルボが高い報酬だったので敬遠したためだという。ガルボもクロフォードの演技を逐次試写室でチェックしながら演じたという。そのため主要人物が一堂に会することはまったくなかった。

また、混雑したロビーの撮影シーンでは足音を同時録音しないように全員にの上から厚い靴下を履くようにした。当時の報道によると1日に毛糸の靴下200足が使われていたという。さらに、ガルボがリハーサルの時よりロマンチックになるようにセット全体を赤色系統にするように要望し、その通りに変更された。

キャスティングに関して言えば、ライオネル・バリモアがつとめた老人クリンゲライン役は当初バスター・キートンが選ばれていた。さらに、ガルボ自身は最初ジョン・ギルバートと演ずる予定だったが彼の人気が下降線になったので見送られたとされ、結局ガルボはMGMにおいてジョン・バリモアと3度の共演を果たすことになった。また、ガルボ自身も最初のキャスティングの段階で27歳ではプリマドンナとしては歳をとりすぎているとして役を断っていた。

なお、ガルボの台詞「私をほっといて(I want to be alone.)」はAFI(米国映画協会)の米国映画名台詞ベスト100の第30位に入っている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

日本語吹替[編集]

外部リンク[編集]