仁内建之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
じんない たつゆき
仁内 建之
本名 宝達 晃一
ほうたつ こういち
生年月日 1933年2月21日
没年月日 2000年4月12日(満67歳没)
出生地 日本の旗日本北海道帯広市
民族 日本人
ジャンル 俳優声優
活動期間 1950年代 - 2000年

仁内 建之(じんない たつゆき、1933年2月21日[1] - 2000年4月12日)は、日本の男性俳優声優テアトル・エコー所属。北海道帯広市出身。日本大学卒業。

来歴・人物[編集]

1950年代後半から1990年代にかけて活躍。独特の理知的な悪人声で視聴者に強い印象を残した。アニメ作品の代表的な役として、『太陽の牙ダグラム』のヘルムート・J・ラコック弁務官。演じる役柄はスーツの似合う悪人役が多い。また、『ショーシャンクの空に』のノートン所長、「仮面ライダーシリーズ」の怪人の声の吹き替えでも知られる。晩年は中村吉右衛門の4代目『鬼平犯科帳』のナレーターを亡くなるまで務めた(中西龍と共に務めていた)。戦争映画ではナチス軍人の声を吹き替えることが多い。

旧芸名は仁内達之。本名は宝達 晃一(ほうたつ こういち)[1]。初期の作品は本名で出演している。娘は音楽家の宝達奈巳

2000年4月12日死去。没年齢は67歳。

後任[編集]

仁内の死後、その持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

1968年

  • ゲゲゲの鬼太郎(第1作)(警官、手下、記者、おぼろぐるまの回の予告ナレーター、マスター、報告する隊員)

1969年

1971年

1972年

1973年

1975年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1984年

1985年

1986年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1994年

1996年

1997年

1999年

OVA[編集]

1987年

1988年

1990年

1997年

1998年

劇場アニメ[編集]

1983年

1984年

1985年

1989年

1990年

1992年

  • 紅の豚(空賊連合会長)※仁内之と誤記

1993年

ゲーム[編集]

1991年

1992年

1999年

吹き替え[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

特撮[編集]

CD[編集]

  • CDドラマ・JOKER FILE.2(クレイ・スペード博士)
  • CDドラマ・北欧神話・伝説1、3(ナレーション)
  • 聖少女艦隊バージンフリート ソングス&サウンドトラックス(おとこの夢)

CM[編集]

その他[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『声優名鑑』、487頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ 陣内達行」とクレジット。