新造人間キャシャーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新造人間キャシャーン
ジャンル SFヒーローアクション
アニメ
原作 吉田竜夫タツノコプロ企画室
総監督 笹川ひろし
キャラクターデザイン 吉田竜夫、天野嘉孝
音楽 菊池俊輔
アニメーション制作 タツノコプロ
製作 吉田竜夫
放送局 フジテレビ
放送期間 1973年10月2日 - 1974年6月25日
話数 全35話
OVA:キャシャーン
原作 タツノコプロ
監督 福島宏之
キャラクターデザイン 梅津泰臣
アニメーション制作 タツノコプロ
製作 タツノコプロ、日本コロムビア
発売日 1993年
話数 全4話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

新造人間キャシャーン』(しんぞうにんげんキャシャーン)は、タツノコプロが制作した吉田竜夫原作のSFアニメ1973年-1974年に放送された。全35話。 リメイク作品として1993年OVAキャシャーン」、2004年の実写映画「CASSHERN(キャシャーン)」、2008年のテレビアニメ「キャシャーン Sins」がある。本稿では1973年のテレビアニメと1993年のOVAについて解説する。日本コロムビアよりテレビアニメ版全9巻、OVA版全1巻でDVD化されている。

1973年のテレビアニメ[編集]

テレビアニメ版は、1973年10月2日から1974年6月25日まで、フジテレビ系で毎週火曜日19時00分 - 19時30分に、全38回(35話+再放送3話)にわたり放送された。

オリジナルビデオアニメ(OVA)のキャラクターデザイン作画監督を務めたアニメーター梅津泰臣はタツノコプロ作品の長年のファンだったといい、本作品だけでなく、『科学忍者隊ガッチャマン』と『破裏拳ポリマー』のOVA版でもキャラクターデザインと作画監督を務め、実写版「CASSHERN」の監督紀里谷和明もまた本作のファンであり、成長してクリエイターになった者の手によりリメイクが行なわれた。

ストーリー[編集]

東(あずま)博士の開発した公害処理用ロボットBK-1が落雷の衝撃を受けて自我を持ち、公害の元凶となっている人間を処理すべきであると考えるようになり、「ブライキングボス」を自称して、戦闘ロボット軍団「アンドロ軍団」を作り上げて世界征服を開始した。東博士の息子鉄也は、二度と人間に戻れぬ覚悟で人間と融合して完成する不死身の「新造人間」(ネオロイダー)キャシャーンとなり、ロボット犬・フレンダー、恋人のルナとともにアンドロ軍団に立ち向かう。

だが、数に物を言わせて「面」で押すアンドロ軍団の勢いは、強力だが「点」に過ぎないキャシャーン個人で止められる訳もなく、孤独な戦いを続けるキャシャーンとその仲間達は局地的な勝利を得るものの、大局的には世界は次々とアンドロ軍団の手に陥ちて行く。果たして人類はアンドロ軍団に勝利出来るのか?

作品解説[編集]

同社作品『科学忍者隊ガッチャマン』に続くSFヒーローものとして企画され、当初はガッチャマンの後番組として日曜日18時の枠で放映される予定だった。しかし、ガッチャマンが大人気を博し、放映期間が予定よりさらに1年間延長されることになったため、同時並行で別の放送枠で放映されることになった。なお、コロムビアミュージックエンタテインメントから発売されていたDVD-BOXの解説書には、予算的な事情から最低限度の作画枚数を確保するために、従来は35mmフィルムでの撮影が当然だったのに対し、本作は16mmフィルムでの撮影を選択したという、制作スタッフの証言も掲載されていた。

本作の仮タイトルは『ネオロイダー』だったが、読売広告社の松山貫之専務のアイデアで『新造人間キャシャーン』となった。企画書では「未来への財宝(キャッシュ)を捜す者」という意味を込めてキャシャーンと名付けられていたが、監督の笹川ひろしは、これをガラスが割れた音と捉え、ガラスが割れて二度と元に戻れないことを意味すると解釈。人間に戻れなくなった主人公像を重ね合わせた。また、当初の企画では、主人公・東鉄也の名前は「南譲次(みなみ・じょうじ)」になる予定だったが、『ガッチャマン』の登場人物に「南部博士」がおり「南」を使いすぎるとの理由で変更された。なお、「南譲次」の名前はその後、漢字表記を「南城二」に変えて『宇宙の騎士テッカマン』の主人公の名前に転用された。

放映が決まったフジテレビ火曜日午後7時の時間帯は当時、『樫の木モック』『けろっこデメタン』と続くタツノコメルヘン路線が敷かれていた枠である。そのため本作にもその影響が残っており、企画書においてもメルヘン性を盛り込むことが謳われている。舞台は明確な国籍は設定されていないものの、北欧がイメージされて背景美術が描かれ、古城や宮殿、石畳の歩道が登場する中を主人公が流浪する。また、主人公がいつかは人間に戻ることを望むというピノキオとも通じる要素を持ち、母親が白鳥に姿を変えるというファンタジー色を持つのも一つの特徴である。その一方で重厚なドラマとハードなアクションが魅力となっている。ストーリーには当時の日本が高度成長期であり、そのため公害が度々問題となっていた背景がある。

同時期のヒーロー番組では、毎回個性ある敵(怪獣、怪人、ロボット等)が登場し、その能力と任務・作戦を打ち破り阻止するヒーローの戦いがストーリー展開の軸となっていたが、本作では大半のエピソードで、毎回共通して登場する数種類の量産型の戦闘用ロボットが攻撃の主体であるという、当時としては画期的な演出を行っている。これにより、「ロボット軍団」にふさわしい無機質な不気味さを表現するのに成功していると同時に、ロボットが没個性的な分、ロボットの攻勢にさらされる人間側の生き様(毎回これを象徴する「ゲストキャラ」が登場する)、また、作品の前半部分は人間として民衆のヒーロー的な声援を受けていたが、後半ではアンドロ軍団により民衆の前で機械の身体であることを暴かれ、それ以降は民衆からも虐げられるようになったキャシャーン自身の内面の葛藤が描かれた。これらのことはガッチャマンが集団にて敵に立ち向かうヒーローなのに対し、キャシャーンは人間側を助けるヒーローでありながら人間側からも支持を得られない孤独のヒーローとして涙を誘い、結果として、現在でも評価の高い人間ドラマを生み出すこととなった。しかし反面、毎回目新しく個性ある敵ロボットの登場がなかったことで、とりわけ低年齢層の視聴者にはややとっつきにくい印象を与えたことも否めない。但し、途中からは不死身と称する「人間」キャシャーン対策に特化したロボットが登場するようにはなっている。

本作を監督したのは、これまでギャグものを多く手がけて来て、前番組『けろっこデメタン』を担当していた笹川ひろしである。本格的なSFアクションものはこれが初めてという笹川は、ターザン映画をイメージして、主人公のアクションを描いたという。ロボット犬フレンダーは、笹川が漫画家時代に「少年キング」に連載した漫画『魔犬五郎』から引用したもの。フレンダーの遠吠えは音響効果スタッフの加藤昭二自らが演じたものにエコーをかけたものだが、この遠吠えもターザンの雄叫びを意識したものである。また、荒野を彷徨う流れ者というヒーロー像はタツノコプロの先行作品『紅三四郎』があり、声優のオーディションで神谷明[注 1]とともに残った西川幾雄がキャシャーン役に決定したのも、『紅三四郎』で主人公役を西川が演じた経験をタツノコプロ社長吉田竜夫が買ったものだった。

オイルショックによるスポンサーの宣伝費の削減や、メインスポンサーの文具メーカーの倒産などが原因で、当初の予定よりも短い9か月(3クール)で放送が打ち切られることになり[注 2]、終盤はやや性急な展開になってしまった。しかし、タツノコプロ特有の劇画タッチのキャラクターと、主人公の悲劇性、きわめてシリアスなストーリーを持つ本作品は、テレビアニメの放映終了から約40年も経った今でも根強い人気と支持を集め、最終回のラストシーンは希望と共に皮肉な笑いを持つものとして知られる。

登場キャラクター[編集]

担当声優はテレビアニメ版 / OVA版 / の順。それ以外の者は別途記載する。

主要人物[編集]

キャシャーン / 東 鉄也(あずま てつや)
- 西川幾雄 / 草尾毅 / 小野大輔タツノコ VS. CAPCOM
東夫妻の息子。アンドロ軍団に対抗すべく自ら新造人間となった。新造人間[注 3]とは人の身を捨てた存在だが、完全なロボット(人造人間)でもないため、時として、そのジレンマに陥る事もある。
白地に黒いラインの入ったボディスーツ姿。胸には赤い、三角形を模した「C」(キャシャーンのイニシャル?)のマーキングがある。動力源は太陽エネルギー。ヘルメット(ソーラーメット)に付いた三日月形の鍬形が受光部になっている。エネルギーが底を尽くと目が見えなくなる(実際に描写される)。
主要な技としては、錐揉みしつつ、体当たりでロボをぶち抜くフライングドリル。電光パンチ・流星キックチョップ等の格闘技(主題歌においては『キック!アタック!電光パンチ!』と表現される)の他、鍬形から発した光が炸裂し、台風のように変化する『超破壊光線』がある。但し、超破壊光線の使用はキャシャーン自身の体力・生命をも奪いかねないため、本編における使用回数は数回のみに留まる。
その他、戦闘時の『自動開閉マスク』[注 4]や腰部に固定されているピストル型の推進装置パルサー[注 5]によるごく短時間の飛行能力も有する。
人間たちがアンドロ軍団に支配されているため、新造人間である正体を隠して行動していたが、劇中途中で正体が露見してしまう。その為に彼までロボット(人造人間)だと目の敵にされるが、やがて考えを改め、協力し合ったり温かく迎えてくれた者もいた。
最終決戦ではスプレーザーでも倒れなかったブラキンを超破壊光線で撃破し、家族も含め人々は平和に戻っていくが、やはり元の身体に戻る術はなく、彼自身の平和は訪れないまま、父の技術開発を待つという形でエンディングを迎える。
東 光太郎(あずま こうたろう)
声 - 山内雅人 / キートン山田
鉄也の父親である科学者。公害問題に悩み、環境改善を願って開発したBK-1が、トラブルにより自我を持ち「ブライキング・ボス」を自称して反乱したため、世界的な非難を浴びてしまう。アンドロ軍団に対抗すべく息子の鉄也の依頼で新造人間キャシャーンとして生まれ変わらせる。妻のみどりと共にアンドロ軍団に拉致され、ボスに無理矢理協力させられ、対キャシャーン用兵器ロボットエースまで完成させてしまう。第34話では、やっとキャシャーンの元へ戻ることができ、最終話でスプレーザー(ホーレー彗星の元素を利用した秘密兵器。凄まじい威力だが彗星が通過してしまえば使用できなくなる)を完成させ、ボスとワルガーダーを除き地球上のアンドロ軍団を全滅させることに成功した。
東 みどり(あずま みどり)
声 - 武藤礼子 / 高木早苗
光太郎の妻。夫と共にアンドロ軍団に捕らわれの身となる。白鳥ロボットのスワニーに生体データの全てが記録されており、ブライキング・ボスの元を飛び出してはキャシャーンとなった息子を助けていた。
キャシャーンとなった鉄也とは違って人間として復元が可能だったため、最終話では実体を持った母としてキャシャーンとの再会を果たした。
上月ルナ(こうづき ルナ)
声 - 塚田恵美子 / 冬馬由美
本作のヒロインで、鉄也の幼なじみの少女。
電子工学の世界的権威である上月博士(声 - 北村弘一)の一人娘。父が遺した、ロボットのみに作用する「MF(マグネチック・フィールド)銃」[注 6]を武器にキャシャーンを支援する。だが、そのMF銃が逆にアンドロ軍団の手に渡ってしまい、彼らの武器にされたこともある。気の強さから必要以上に事件に関わり、アンドロ軍団に人質にされることも度々。第4話では彼女の強がった挑発でアクボーンを怒らせたうえ単なるショックで済んだが、かなり危険な目にも遭っている。
金髪、緑眼。髪型はツインテール。服装はミニ丈のピンクのワンピースと赤いヘルメット。赤いブーツにMF銃を差している。
フレンダー
声 - 加藤昭二イシダサウンドプロの音響効果スタッフ)
元々は鉄也の可愛がっていたペットの・ラッキーがモデルとなった青い変形ロボット犬。ルナを助けるために命を落としたラッキーのすべての機能を記憶した電子頭脳が組み込まれ、四形態(飛行機、自動車、装甲車、潜水艇)に変形してキャシャーンをサポートする。変形後の質量変化等に謎が多い。
高い戦闘力を秘めており、鋼鉄を砕く牙と鉄の爪、口からの高熱の火炎で敵ロボットを一蹴。時速200kmで駆け、50mの跳躍力、1km先の物音や匂いを嗅ぎ分けられる鼻と耳で、キャシャーンを助け縦横無尽に活躍する。しかし、見た目からロボットのため、人々から胡散臭い目で見られたり、投石を受けて追われる場面が度々起きている。
スワニー
元々は東博士に作られた白鳥ロボット。ブライキング・ボスのペットとして飼われている。最高速度は水上:30ノット、飛行距離:200キロメートル。武器は装備されておらず、くちばしや羽根を使って相手に抵抗する程度である。頭脳に東博士の機転により移植したみどりの生体データの全てが記録されていて、月光を浴びると両目から光を発して、みどりの姿を投影しキャシャーンとの対話が可能となる。
アンドロ軍団の情報をスパイして、密かにキャシャーンと連絡を取り合っている。そのことがボスに気付かれそうになったため、破壊されかけたり、人質にされたことがある。

アンドロ軍団[編集]

ブライキング・ボス
声 - 内海賢二 / 同左
アンドロ軍団の首領。元々は東博士が開発中の公害処理用ロボットBK-1だったが(第1話では同型機が数体並んでいた[1])、落雷によるショックで自我に目覚めて動き出し、地球環境を浄化する為に、世界征服に燃える恐怖の独裁者になった。
人間には容赦ないが、ロボットには甘い面も持ち、いつも手元には白鳥ロボ・スワニーを置いておく程だが、MF銃の威力を試す為、たまたま居合わせた部下を標的にして破壊するなど、冷酷非情な面も多い。
スワニーの中にみどりそのものが隠されていることや、キャシャーンと鉄也が同一人物であることは終盤まで気付かなかった(第6話や第26話ではその秘密を疑いかけたが、最終話でそのことを知ってしまいキャシャーンに最後の決戦を挑むことを決意する)。
人間は奴隷化し迫害する対象でしかないが、人間の文化そのものには強い関心と興味を抱いているらしく、葉巻の愛用や飲食を試したり、パターゴルフを行ったり、絵画や着替え道楽をたしなむ等の描写が随所で見られる。本来の使命である公害対策はそれなりの効果を上げており、アンドロ軍団の支配下となった所では自然が回復しつつあるという人間に対する皮肉を生んだ。
赤と黒を基調とした軍団マーク入りの帽子とマントを羽織っている。度々オープンカー(これも厳密には車両ではなく、ロボの一種)に乗って陣頭指揮することもあった。組織での掛け声や敬礼はナチスドイツ式で、右手を斜め上に挙げて「ヤルッツェブラッキン!」というシュプレヒコールが合言葉。一人称は「俺」だが、時には「儂(ワシ)」も使っていた。
武装は口から破壊光線を発射する他は、もっぱら怪力による格闘技が主な武器である。
怒ると「鉄圧」が上がるらしく作中バラシン、サグレー、アクボーンに窘められていた。
最終話ではキャシャーンの超破壊光線の直撃を受け、完璧に破壊された。後日、彼によく似た現場監督ロボットが街を再建しており、それを目にしたキャシャーンとルナの「何処かで見た顔だ」との笑いを誘っている。
EDクレジットには「ブラキン」という省略で表記されていた。名をフルネームで呼ぶ者は主にキャシャーン側で、バラシン以下の軍団員は大抵「ボス」と省略形で呼び捨てにしていた。
三大幹部

ブライキング・ボス同様に東博士に作られ、ボスの手によって幹部になった三体。ボスを補佐して人類制圧を進める。

バラシン
声 - 立壁和也 / 菅原淳一
軍事部長。茶色い巨体が特徴。前線で軍団の作戦行動を指揮する。
性格は粗野でガサツ。自ら戦うこともあるが、フレンダーによく手足を噛み砕かれてしまい、すぐに退散してしまう。
最期は東博士の開発した秘密兵器・スプレーザーの破壊光線によってアンドロ軍団もろとも一掃される(最終話)。
サグレー
声 - 加藤修 / 天野由梨(サグリア)
情報部長。紫色の小柄なボディが特徴。謀報用ロボットを使って、敵の情報を集める[注 7]
頭の回転が早く、悪知恵の働く小悪党。バラシンとも行動して指揮をとる。目的のためなら手段を選ばない狡猾な性格。第26話では、キャシャーンが単なる人間ではなく新造人間であることをボスに知らせる大役を果たす。
第34話にてルナのMF銃を受けて倒され、それを知ったボスは彼の仇を討つ事も決意する。
アクボーン
声 - 仲木隆司田口昴(第4話のみ)/ 二又一成
製造・技術部長。青くひょろ長いボディが特徴。
優秀な頭脳を使って次々とロボットを開発する[注 8]が、「ピエロボット」の例に見られる様に、その出来映えは半ば偶然に頼る面が多く、東博士に「バカボーン」と皮肉られたことがある。
バラシンやサグレー同様、時にはドジな失敗をするコミカルな一面を見せてしまうこともある。特に彼は気弱な性格で一見紳士的にも見えるが、弱い者虐めを誰よりも好み、そのやり方は残忍で卑怯の一言につきる。
最期はバラシンやアンドロ軍団もろとも東博士の開発した秘密兵器・スプレーザーの破壊光線によって損傷し唯一生き延びたが、見捨てられボスの名を叫びながら爆発した(最終話)。
ワルガーダー
第8話から登場。ブライキング・ボスがフレンダーに対抗すべく、黒豹をモデルに造った用心棒ロボット。
ボスの護衛ロボットでもあり、目から破壊光線、鼻先のドリル、鋭い爪や牙が武器。特殊鋼の権威である羽賀根博士がアンドロ軍団対抗用に発明したマーケン鉄[注 9]を悪用し、製造された。フレンダー同様に変形可能だが、こちらは三形態(ガードラー、モグラーカー、ヘビータンク)。ブライキング・ボスの「ガードラー!」の合図で変形するが、やはり変形後の質量変化等に謎が多い。その強さはフレンダーに匹敵するが、最終話でフレンダーに敗北した。

ロボット兵[編集]

アンドロ軍団があらゆる市街地を征服するために用いた量産型ロボット。アンドロ軍団本部となった古城の地下工房や、後には占領地の各所で製造施設を建設して一大量産体制が取られた。

爪ロボットを始め大砲ロボット火炎放射ロボット監視ロボット鞭ロボットなど多数のバリエーションがある。多くは頭部のコントロール装置が弱点で、爪ロボなどは頭頂部にある角状のプラグをペンチなどで引き抜かれると、鼓動と共に心臓部が点滅し爆発してしまう。 体のどこかに三角形から三方へ棘を伸ばした「アンドロ軍団マーク」がある。中には人間の愛情で心が安らいだり、「スクラップにされたくない」生存本能からアンドロ軍団を裏切る者もいた。 爪ロボから火炎放射ロボまでの三種は軍団の代表的な量産型であり、侵攻の主力としてどんな戦場でも必ず姿を見せる雑兵である。余談だが、三種の内、大砲ロボのみ設定書が現存しない。

爪ロボット
特徴である腕部の三本はワイヤーで連結されており、遠方にいる相手に爪を射出し攻撃する武器となる。また、爪からは高圧電流を流し相手を感電死させることも可能である。円盤状に変形し、高速回転することで相手を斬りつけるなど、通常形態と比べ、運動性や殺傷能力が飛躍的にアップされている模様。一体の巨大ロボットとなって合体し、自爆することが可能(第1話)。
塗装は黄緑と灰。また、爪状の手なのに意外と器用でボスのオープンカー等の操縦なども行う。
大砲ロボット
両手が榴弾砲になっており、砲撃で街を破壊する。大砲といっても遠距離は望めず、中距離戦闘用の兵器として多用された。塗装は灰地に黒。別型機の大砲ロボットも量産されている。
火炎放射ロボット
口と両手から放つ強力な火炎で数々の街を焼き尽くす。爪ロボのバリエーション的機体であり、外見も似ている。塗装は真っ赤。
監視ロボット
一つ目の頭部がサーチライトの働きをする見張り及び探索用ロボット。サーチライトは狭い場所にもスポットを当てるように設計されている。主に軍団本部や各要塞基地に配備されていた。塗装は紫。両手はマシンガンになっている。
鞭ロボット
右手の鞭から高圧電流を流して相手を感電させたり、捕らえたりすることができ、左手に盾もしくは武器が装備されている。塗装はピンク。第21話他では他のロボット兵を統率する将校的役割を与えられているが、奴隷労働の看守役としても使用されていた。
自爆ロボット
上半身がジェット噴射で相手目掛けて射出され、吸盤で貼りついて道連れに自爆するように作られている。塗装は青。下半身は履帯式の発射台となっており、砂漠などを長距離走破して目的地へ到達することが可能である。頭部には格納式のマシンガンを有する。
スピーカーロボット
頭部が回転式の拡声器になっており、アンドロ軍団の広報や警告を周囲に知らせる宣伝ロボ。外見からは特に武装は施されておらず、戦闘能力は低い物と見られる。「キャシャーンに告ぐ。キャシャーンに告ぐ」と触れ回りながら、廃墟を歩き回るシーンが多かった。
スパイロボット
サグレーに情報を流す謀報用ロボット。頭部のない卵形のボディに嘴を持ち、昆虫型の小型スパイロボを多数内蔵して広域偵察を行う親子型タイプが代表格。他に目玉型・昆虫型・小型などそれぞれ違った型のロボットが多用されていた。
トラックロボット
アンドロ軍団の輸送車両。キャブの部分が頭部になった大型コンテナカーゴトラック。貨物輸送の他に、東博士を輸送する囚人護送車的な使われ方もされている。
ロボット戦車
スフィンクス風な外見を持つアンドロ軍団のAFV。頭部に当たる砲塔にレーザー砲を装備している。爪ロボがクルーとなって操作するが、車両自体もロボットであると思われる。死の砂漠で偵察に出ていたが、自然環境によって機能自体が蝕まわれていた。
ピエロボット
第19話に登場。超強力な爆弾を内蔵。道化師を模した姿で笑いを誘い、人々を油断させた後に自爆。多数の町を壊滅させる多大な戦果を挙げた。だがアクボーンによると偶然の産物であり、製造工場以外では再現不可能だったため、キャシャーンの工場破壊によってその供給は絶たれた。

その他にも、アクボーンの試作品として毎回違ったロボットを大量に製造されていた。最期は東博士の開発した秘密兵器・スプレーザーの破壊光線により全滅した(最終話)。

スタッフ[編集]

  • 原作:吉田竜夫タツノコプロ企画室
  • 企画:鳥海尽三
  • SF考証:小隅黎(柴野拓実)
  • 文芸担当:小山高男
  • 音楽:菊池俊輔
  • 美術監督:中村光毅
  • 総監督:笹川ひろし
  • キャラクターデザイン:吉田竜夫、天野嘉孝 
  • 作画監督:林政行、川端宏、井口忠一
  • 美術設定:中村光毅、岡田和夫、多田喜久子
  • 原動画:西城隆詞、池ノ谷安夫、森中正春、福田健一、岸義之塩山紀生、黒川豊、須田勝、田中享、清川滋崇、水村十司、山口聡、沼尻東、上梨壱也、野田拓実、石黒篤、坂元政弘、高木清、鈴木信一、大鹿日出明、古川達也、岡迫亘弘、中村明、菊地城二
  • 背景:プロダクションわーと、アップルズ
  • 仕上:向井稔、村上篤美、斉藤弥生、近江美樹子、野村千恵子、串田清美、秋山まゆみ、村上幸栄、奥秋英子、関根史子、西嶋敏子、須永友子、池宮隆
  • 特殊効果:朝沼清良、山崎雅典、嶋崎吏之、鈴木絢子
  • 撮影:天平フィルム、モビッシュハウス
  • 編集:森田清次、三木幸子、尾形治敏、神田博史、羽場武
  • 進行:千田正芳、長谷川徹、横尾潔、高山幸直、サイケ・吉岡
  • 効果:イシダサウンド・プロ
  • 録音:棚岡元、水本完、高橋久義
  • 現像:東京現像所
  • プロデューサー:吉田健二九里一平
  • 制作担当:栃平吉和(タツノコプロ)、津田義夫(読売広告社
  • 制作協力:フジテレビ
  • 制作:タツノコプロ

補足[編集]

OPの制作クレジットは前期は「タツノコプロ」のみで、そのクレジットの仕方は、タツノコマークが吐き出した物が「タツノコプロ」のロゴになる演出だったが、後期は「フジテレビ タツノコプロ」に変わり、「吐き出し変化」は廃止された。またこれに伴い、EDの「制作協力 フジテレビ」のクレジットも廃止された。

主題歌[編集]

オープニングテーマ「たたかえ!キャシャーン」
作詞 - タツノコプロダクション企画文芸部 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお[注 10]
ささきいさおのアニメソング・デビュー曲。(冒頭ナレーション、声:納谷悟郎)
エンディングテーマ - 「おれは新造人間」
作詞 - タツノコプロダクション企画文芸部 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお

挿入歌・イメージソング[編集]

番組放送中の主題歌・挿入歌LPに収録。
「キャシャーンアクション」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお
「キャシャーン危機一髪」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - コロムビアゆりかご会
「キャシャーン讃歌」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - コロムビアゆりかご会
「キャシャーンマーチ」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお
「ゴーゴーキャシャーン」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお、コロムビアゆりかご会
「さすらいのキャシャーン」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお
「スワニーよ」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお
「戦え少女ルナ」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 嶋崎由理
「ぼくらのフレンダー」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - ささきいさお、コロムビアゆりかご会
「われらのキャシャーン」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - コロムビアゆりかご会

放送リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
第1話 1973年
10月2日
不死身の挑戦者 鳥海尽三 笹川ひろし
第2話 10月9日 月光に勝利をかけろ 鳥海尽三
落合茂一
第3話 10月16日 廃虚の中に明日を呼べ 酒井あきよし 原征太郎
第4話 10月23日 MF銃に怒りをこめろ 小山高男 富野喜幸
第5話 10月30日 戦いの灯を消すな 福井忠 布川郁司
第6話 11月6日 疾風フレンダー 鳥海尽三 富野喜幸
第7話 11月13日 英雄キケロへの誓い[※ 1] 福井忠
第8話 11月20日 野獣ロボが吠える 鳥海尽三 布川郁司
第9話 11月27日 戦火に響け協奏曲(コンチェルト[※ 1] 福井忠 原征太郎
第10話 12月4日 死の砂漠に命をかけろ 岡迫和之
第11話 12月11日 悪魔の巨像 若松はじめ 布川郁司
第12話 12月18日 鉄の悪党列車 鳥海尽三 富野喜幸
第13話 12月25日 裏切りロボット五号[※ 1] 酒井あきよし 布川郁司
第14話 1974年
1月8日
キャシャーン無用の街 原征太郎
第15話 1月15日 復讐に小犬は駆ける 岡迫和之
第16話 1月22日 スワニー・愛の翼 多村映美 富野喜幸
第17話 1月29日 ロボット子守唄 鳥海尽三 布川郁司
第18話 2月5日 巨象対アンドロ軍団 三宅直子 原征太郎
第19話 2月12日 恐怖のピエロボット 福井忠 富野喜幸
第20話 2月19日 死刑台のキャシャーン 多村映美 布川郁司
第21話 2月26日 ロボット・ハイジャック 酒井あきよし 富野喜幸
第22話 3月5日 脱走ロボット・ロメオ 武末勝 原征太郎
第23話 3月12日 ロボット工場大脱出 多村映美 布川郁司
第24話 3月19日 バウンダーロボの挑戦 石井喜一 岡迫和之
第25話 3月26日 不死身のキャシャーン 鳥海尽三
小山高男
笹川ひろし
第26話 4月2日 キャシャーンの秘密 鳥海尽三 布川郁司
第27話 4月9日 消えたMF銃? 三宅直子 笹川ひろし
第28話 4月16日 怒りの騎馬隊 福井忠 富野喜幸
第29話 4月23日 高熱ロボ・ネオタロス 永田俊夫 布川郁司
第30話 4月30日 ロボ退治ナンバーワン 松浦健郎
石原久夫
笹川ひろし
第31話 5月7日 新造人間を造る街 酒井あきよし 富野喜幸
第32話 5月14日 涙の電光パンチ 福井忠 布川郁司
第33話 6月11日 スワニー危機一髪 酒井あきよし 笹川ひろし
第34話 6月18日 キャシャーン対ロボットエース 小山高男 布川郁司
第35話 6月25日 地球最大の決戦 鳥海尽三

再放送[編集]

  1. ^ a b c 本放送時、第32話と第33話の間には第7話「英雄キケロへの誓い」、第9話「戦火に響け協奏曲」、第13話「裏切りロボット五号」の3話の再放送が行われた。
フジテレビ系列 火曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
新造人間キャシャーン
【当番組までアニメ】
おらあガン太だ
(ドラマ番組)

1974年の映画[編集]

1974年3月21日、『東宝チャンピオンまつり』内で第1話のブローアップ版が上映された。

併映は『ゴジラ対メカゴジラ』『ウルトラマンタロウ』『侍ジャイアンツ』『アルプスの少女ハイジ』『ハロー!フィンガー5』の、6本立て。

1993年のOVA[編集]

タイトルは『キャシャーン』。アルファベット表記は「CASSHAN」で、後年の映画版『CASSHERN』とは異なる。タツノコプロ創立30周年記念作として、1993年に発表された。全4話。従来のイメージを残しつつ、メカ、キャラクターデザインを一新している。キャストもブライキング・ボス役の内海を除いて一新された。

ストーリー[編集]

ブライキング・ボス率いるアンドロ軍団はついに世界征服を果たし、人間は奴隷としてロボット工場などで強制労働を強いられていた。しかし、人々の間には一つの伝説があった。それは、ロボットと戦う、人間の姿をした「キャシャーン」という名の救世主が、いつか人類を解放してくれる、と言うものだった。ある日、アンドロ軍団の最大のロボット工場に少女・上月ルナが潜入し、捕虜たちの脱走を企てるが失敗。しかし、ルナが処刑される寸前、ついにその伝説の救世主が現れた。

登場人物[編集]

キャシャーン / 東 鉄也
声 - 草尾毅
東 光太郎博士
声 - キートン山田
東 みどり
声 - 高木早苗
上月 ルナ
声 - 冬馬由美
ブライキング・ボス
声 - 内海賢二
バラシン
声 - 菅原淳一
サグリア
声 - 天野由梨
アクボーン
声 - 二又一成
ドクターレスター・モンゴメリー将軍
声 - 掛川裕彦
長老アサリ
声 - 緒方賢一
ナイマン
声 - 飛田展男
トーク隊長
声 - 小杉十郎太
パイロット
声 - 森川智之
副長
声 - 高木渉
オペレーター
声 - 千葉一伸
ナレーター
声 - 沢木郁也

スタッフ[編集]

  • 原作:タツノコプロ
  • エグゼクティブ・プロデューサー:永見暁彦、九里一平
  • 企画:成嶋弘毅、鈴木敏充
  • スーパーバイザー:柿沼秀樹
  • 制作プロデューサー:木村健吾
  • プロデューサー:木村裕史、吉田陸、大倉宏俊
  • 監督:福島宏之
  • 脚本:會川昇、有井絵夢、柿沼秀樹
  • 演出:福島宏之、阿部雅司、渡部高志
  • キャラクターデザイン:梅津泰臣
  • 作画監督:梅津泰臣(第1・2・4話)、湖川友謙(第3話)
  • オープニングアニメーション:佐々木守
  • 美術監督:福田和矢
  • 音楽:大島ミチル
  • 制作協力:アートミック東京キッズ
  • 制作:九里一平
  • 製作・著作:タツノコプロ、日本コロムビア

主題歌[編集]

「キャシャーン~風の墓標~」
作詞 - そのべかずのり / 作曲 - 松澤浩明 / 編曲 - 松澤浩明 / 歌 - 影山ヒロノブ&BROADWAY
「STAND ALONE~涸れ果てた心に~」
作詞 - そのべかずのり / 作曲 - つのごうじ / 編曲 - つのごうじ / 歌 - 影山ヒロノブ&BROADWAY
「希望子午線~ホライズン・ブルー~」
作詞 - 麻生香太郎 / 作曲 - 大島ミチル / 編曲 - 大島ミチル / 歌 - C.A.S.(コロンビア・アニメーション・スターズ)
C.A.S.(大杉久美子 / 水木一郎 / 大倉正丈 / 堀江美都子 / 山野さと子 / 橋本潮 / 内田順子 / 斉藤小百合 / 石田よう子 / 沢靖英 / 宮内タカユキ / 影山ヒロノブ)
「IN MY HEART~夢のままで~」
作詞 - 里乃塚玲央 / 作曲 - 大島ミチル / 編曲 - 大島ミチル / 歌 - 堀江美都子

作品リスト[編集]

  1. 神話からの帰還
  2. 過去への旅立ち
  3. 鋼鉄の戦場
  4. 復活のキャシャーン

テレビ放映[編集]

  • 2006年 - NHK BS2の「BS夏休みアニメ特選」枠内にて、8月1日10時22分-11時18分・8月2日10時47分-11時46分に放送された。
  • 2008年 - TOKYO MXの「TOKYO MX アニメスペシャル」枠内にて、12月15日・12月17日20時00分-21時00分に放送された。

テレビ放送時所謂ポケモンショックを防ぐために、一部暗く処理され放送されたが、断りは無かった。

  • 2011年 - テレ玉にて、1月4日21時00分-22時50分に放送された。

旧作とリメイク版との相違点[編集]

  • 旧作ではブライキング・ボスが世界征服に乗り出す所から物語が始まるが、OVA版では世界征服が完了した所から始まる。
  • サグリアの名前の由来は原作に登場したサグレーで、女性という設定になっている。
  • フレンダーの変形が原作のようなモーフィング変形では無い。
  • ブライキング・ボスが自我に目覚めた原因は、旧作では落雷によるショックであったが、OVA版では地球環境を維持する為の最善の手段は人類を抹殺する事だという結論に達してしまった為という設定になっている。
  • 最終話ではブライキング・ボスがキャシャーンに破壊され人類は救われるが、ラストシーンでは残骸となったブライキング・ボスのAIが生きていると英文メッセージが表示され暗転する。

2004年の映画[編集]

2008年のテレビアニメ[編集]

韓国版キャシャーン[編集]

1979年に『正義の勇士ケサン』として漫画が発売された[2][3]

ゲスト出演[編集]

タイムボカン王道復古
1994年1月1日発売のOVA第2巻『ヤッターマン タツノッコン王国で同窓会だコロン』に出演。
世紀末伝説ワンダフルタツノコランド 円盤星人UBO
1999年12月31日放送のTBS年末特番『年越し38時間生放送 超える!テレビ』内で放送されたタツノコキャラ総出演のテレビ特番。
たちゅまる劇場
不思議アニマル・たちゅまるとして、ネコの姿をしたニャシャーンというキャラクターが登場。同様にSD化したフレンダーもニャシャーンのお師匠さまとして登場している。
Peeping Life -手塚プロ・タツノコプロワンダーランド-
『Peeping Life』と手塚プロ&タツノコプロとのコラボレーションアニメを放送。海のトリトンとも競演する。

関連作品[編集]

ゲーム[編集]

タツノコファイト
2000年10月5日発売プレイステーション用の格闘ゲーム。キャシャーンの声は西川幾雄が担当。
タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES
TATSUNOKO VS. CAPCOM ULTIMATE ALL-STARS
2008年12月11日より稼動のアーケード用格闘ゲーム。プレイヤーキャラとしてキャシャーンが登場。声は小野大輔が担当。Wii移植版は2008年12月11日に発売。

パチンコ[編集]

CR新造人間キャシャーン
西陣より2010年4月発売。劇変パチンコ、2分割デュアルチャンスが特徴。アニメーション部分はフルCGポリゴン。

パチスロ[編集]

  • 新造人間キャシャーン(2006年・2008年、JPS

Webコンテンツ[編集]

  • タツノコベイビー
「キャッチ」というベイビー化されたキャラとして登場。

関連項目[編集]

  • フランケンシュタイン - 敵であるブライキング・ボスの誕生シーンと、造物主である人類へ反逆するフランケンシュタイン・テーマの系譜。
  • 菅沼実 -柏レイソルの選手。チャントの元ネタはこの主題歌である。
  • 牧野修 -改造人間となった少女アン・フラジャーイル(直訳すると「華奢なアン」)が「輝王・慕頭」(ブライトキング・ボズ)に率いられ人間を滅ぼそうとする人造生物たちと戦う著作『乙女軍曹ピュセル・アン・フラジャーイル』は『新造人間キャシャーン』を元に書かれている[4]
  • 世界笑える!ジャーナル -2010年4月からTBS系列で放送。テーマ曲はこの主題歌。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第13話『裏切りロボット五号』でアンドロイド5号(ジョージ)役としてゲスト出演している。
  2. ^ メインスポンサーの倒産の関係で打ち切られる例としての作品は『スーパーロボット レッドバロン』、『小さなスーパーマン ガンバロン』、『合身戦隊メカンダーロボ』、『超攻速ガルビオン』等がある。
  3. ^ ブライキング・ボスでも「新造人間」という意味を知らなかった。アクボーンの調査によると「ロボット(人造人間)よりも精巧でより強靭である」とのこと(第26話)。
  4. ^ それをモチーフにしたか否かは不明だが、同様の描写が『キン肉マン』にも見られる
  5. ^ ジェット噴射機とも呼ばれる。
  6. ^ 当初は強磁気で電子頭脳を狂わせて爆発させる銃であったが、後に命中したロボットをラザフォード原子形のエフェクトと共に消失させる原子破壊銃的な描写となった。また、登場当初は小銃並みのサイズであったが、後に拳銃サイズに小型化している等、作画上の矛盾も多い。
  7. ^ 最終話では、彼の亡き後アクボーンが後任として兼任していた。
  8. ^ ただし、アンドロイド5号(第13話)とは違い、キャシャーンのような人造人間を精巧に作ることはできない(第26話)。
  9. ^ 通常の鋼鉄よりも強力である。
  10. ^ 本来、レコード用フルサイズにはナレーション(納谷悟郎)が入っていなかったが、1978年発売のドラマ入り主題歌・挿入歌LPにはテレビ版と同じナレーション・イントロ(「たったひとつの命を捨てて、生まれ変わった不死身の体...」)が付いたヴァージョンが収録された。2004年発売の全曲集CDにはナレーション付はアルバム・ヴァージョン、ナレーションなしはシングル・ヴァージョンとして収録されている。「レコード用フルサイズの主題歌の前にナレーションまたはセリフを入れる」という手法は第二次アニメブームの時期に日本コロムビアから続々と発売されたアニメのドラマ編LP(『宇宙戦艦ヤマト』、『海のトリトン』、『科学忍者隊ガッチャマン』等)でよく使われた。

出典[編集]

  1. ^ 下記の三大幹部(バラシン、サグレー、アクボーン)と思われる。
  2. ^ タツノコ世界遺産 韓国版キャシャーン誕生 編
  3. ^ タツノコ世界遺産 正義の勇士ケサン 編
  4. ^ 『アシャワンの乙女たち 』後書きより

外部リンク[編集]