カプリコン・1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カプリコン・1
Capricorn One
監督 ピーター・ハイアムズ
脚本 ピーター・ハイアムズ
製作 ポール・N・ラザルス三世
出演者 エリオット・グールド
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ビル・バトラー
編集 ジェームス・ミッチェル
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1978年6月2日
日本の旗 1977年12月10日
上映時間 アメリカ合衆国の旗 123分
日本の旗 129分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000
テンプレートを表示

カプリコン・1』(Capricorn One)は、1977年末に日本で公開されたアメリカイギリス合作映画。アメリカでは翌年公開。

概要[編集]

アメリカによる有人火星探査宇宙船「カプリコン・1」を巡る物語。宇宙飛行が題材となっている為、SF映画にカテゴライズされていることが多いが、内容的には「政治ドラマ・サスペンスドラマ」の要素が強く、国家計画の威信や、それによって犠牲となる人々の様子を主として描いた作品となっている。

映画製作当時の現実世界の技術とほぼ変わらないロケット・宇宙技術しか登場せず、全体として「空想科学」的要素が少ないため、SF映画とみなさない向きもあるが、21世紀を迎えた現在においてもいまだ実現していない有人火星探査を舞台装置に、そのミッションを虚実折り混ぜて描いている点に着目すれば、本作品も「サイエンス・フィクション」映画の範疇にあるといえよう。

当初はアメリカ航空宇宙局 (NASA) が協力的だったが、試写で内容を知ってから協力を拒否した事で有名な作品。NASAは製作協力を拒否したものの、劇中に登場する火星着陸宇宙船「カプリコン1号」の映像として、アポロ宇宙船を搭載した、発射台上のサターン5ロケットなどの記録映像が使用されている。

なお、日本公開時に劇場で販売されたパンフレットによると、この作品は、東宝東和創立50周年記念作品となっている。

あらすじ[編集]

人類初の有人火星探査宇宙船カプリコン1号が打ち上げられる事になった。しかし、その打ち上げ数分前、乗組員のブルーベイカー、ウィリス、ウォーカーは突如として船内から連れ出され、砂漠の真ん中にある無人となった古い基地へと連れて行かれた。

3人はそこで、本計画の責任者であるケロウェイ博士から、カプリコン・1の生命維持システムが故障したため有人飛行が不可能になった事を告げられ、政治的な問題で計画が中止出来ないので、火星に行ったという事実の捏造を行う事を命じられた。人々と科学を裏切る結果になる事を嫌った飛行士達は最初は拒否したが、家族の安全を人質に取られ、やむなく承服した。こうして、火星往復の間や火星探査の様子などを、この基地で収録するという大芝居が始まった。

大芝居は成功するが、地球への再突入の際に宇宙船の熱遮蔽板が破壊されたという報告が入った。その報告を聞き、自分達は存在してはならない人間になった事を察した飛行士達は、ここに居ると殺されると直感し、砂漠の基地から脱出を図る。

そのころ、新聞記者のコールフィールドは、NASAに勤める友人から、本計画に妙な点があると告げられた。だが、より詳細な話を聞くため、その友人の家を訪ねたコールフィールドは、そこに見知らぬ人物が住んでおり、さらにその友人が元々存在さえしていない状態になっている事を知った。コールフィールドは友人が告げた本計画の疑問との関連性を感じ、更に詳しく調べはじめた。だがその途端、コールフィールドが運転している車のブレーキが故障し、危うく事故死する羽目に陥った。この一件によって更に疑問を深めたコールフィールドは、飛行士の一人の妻に取材を行ったが、そこに意外なヒントが待っていた…

主な配役[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ朝日
ロバート・コールフィールド エリオット・グールド 中田浩二
チャールズ・ブルーベーカー ジェームズ・ブローリン 広川太一郎
ブルーベーカー夫人 ブレンダ・バッカロ 藤田弓子
ピーター・ウィリス サム・ウォーターストン 筈見純
ジョン・ウォーカー O・J・シンプソン 樋浦勉
ウィッター ロバート・ウォーデン 納谷六朗
ジェームズ・ケラウェイ博士 ハル・ホルブルック 小林勝彦
バーゲン博士 ダレル・ツワーリング 石井敏郎
ジュディ・ドリンクウォーター カレン・ブラック 此島愛子
アルバイン(農薬散布会社社長) テリー・サバラス 大平透
大統領 ノーマン・バートルド 内田稔
その他の声の出演:増岡弘仁内達之藤本譲山田礼子山本千鶴加川三起原田一夫金尾哲夫田中幸四郎平林尚三宮村義人岸野一彦
演出:佐藤敏夫、翻訳:木原たけし、調整:前田仁信、制作:東北新社

関連事項[編集]

外部リンク[編集]