タイトロープ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイトロープ
Tightrope
監督 リチャード・タッグル
脚本 リチャード・タッグル
製作 クリント・イーストウッド
フリッツ・メインズ
出演者 クリント・イーストウッド
ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド
音楽 レニー・ニーハウス
撮影 ブルース・サーティース
編集 ジョエル・コックス
製作会社 ワーナー・ブラザーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年8月17日
日本の旗 1984年9月15日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$48,143,579[1]
テンプレートを表示

タイトロープ』(原題:Tightrope)は、1984年制作のアメリカ合衆国サスペンススリラー映画

クリント・イーストウッド主演兼製作。彼が主演した『アルカトラズからの脱出』の脚本を手掛けたリチャード・タッグル(Richard Tuggle)が脚本兼監督(初監督作品)。クリントの実の娘、アリソン・イーストウッド(当時12歳)が彼が扮する主人公の娘役で父子共演している[2]

娼婦連続殺人事件を追ってニューオーリンズの歓楽街に潜入する刑事。異常な快楽にのめり込んでいく刑事の行き着く先は!?異色のサイコサスペンス。

あらすじ[編集]

ニューオリンズ 市警殺人課のウェス・ブロック刑事は離婚後、アマンダとペニーという2人の娘と暮らしていた。歓楽街フレンチ・クォーターで働く赤毛の娼婦が殺された。娼婦は手錠をはめられ、前後から犯された上、赤いリボンで首をしめられていた。美女殺人の2人目の犠牲者だった。レイプ・センターのベリルという女性が面会にきて、捜査の手ぬるさをなじられる。夜、聞き込み捜査を再開し、ある娼婦の挑発に乗る。ネクタイを忘れて出てきた刑事をスニーカーの男が見つめていた。第3の犠牲者。ブロックは聞き込み先の娼婦に手錠をかけてセックスし、快感を覚える。元妻は結婚して子どもを引き取るという。第4の犠牲者はブロックと寝た娼婦だった。アスレチック・クラブでベリルに再会し、ミシシッピ川の遊覧船で食事をし、互いに心が通じあう。届いた殺人予告にタイプされた名刺をたよりにサムの店へ行くとプラリーヌの店へ行けといわれる。近寄ってきたゲイの1人が倉庫で犯人と会うという。約束の時間に倉庫に着き、ゲイの死体を発見。続いて2人の犠牲者。同僚から「犠牲者たちを知っているのか」といわれて嘘をつく。第7の犠牲者の近くの像にブロックのネクタイが結んであった。次の夜、ブロックは娘2人、べリルと一緒に カーニヴァル を楽しむ。4人をスニーカーをはいたピエロ姿の風船売りがじっと見つめていた。犯人像がしぼられ、ビール工場を訪ねる。夜、ブロックが帰宅するとアマンダは両手に手錠をはめられ犯されていた。家政婦が殺されていた。背後から襲われ、抵抗すると犯人は逃げ出した。ビール工場に勤めるロルフという男が浮上。元警官で2人の少女をレイプしてブロックに逮捕された男だった。警察はベリルの家を見張るが、ロルフは見張りの刑事を殺して侵入し、ベリルを殺そうとするが抵抗。駆けつけたブロックが長い追跡の末に墓場から鉄道の線路で追いつく。乱闘のところに列車が通過。ブロックが立ち上がると、ロルフの手首だけが残っていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ウェス・ブロック クリント・イーストウッド 山田康雄
ベリル・ティボドー ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド 弥永和子
モリナーリ ダン・ヘダヤ 麦人
ロルフ マルコ・セント・ジョン 仁内建之
アマンダ・ブロック アリソン・イーストウッド 池本小百合
ペニー・ブロック ジェニー・ベック 川田妙子
ベッキー レベッカ・パール 佐々木優子
ルーサー グレアム・ポール 納谷六朗
署長 ビル・ホリデイ 細井重之

その他、千田光男火野カチコ峰恵研藤生聖子島香裕中田和宏星野充昭荒川太郎辻親八長島雄一叶木翔子種田文子雨蘭咲木子渡辺美佐大橋世津

脚注[編集]

  1. ^ Tightrope (1984) - Box Office Mojo
  2. ^ 彼女のデビュー作品である。

外部リンク[編集]