ジョエル・コックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョエル・コックス
Joel Cox
本名 Joel Edward Cox
生年月日 1941年4月2日(73歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 編集技師
活動期間 1969年 -
主な作品
パーフェクト・ワールド
マディソン郡の橋
ミスティック・リバー
ミリオンダラー・ベイビー
父親たちの星条旗
硫黄島からの手紙
チェンジリング
グラン・トリノ
インビクタス/負けざる者たち

ジョエル・エドワード・コックスJoel Edward Cox1941年4月2日 - )は、アメリカ合衆国編集技師アメリカ映画編集者協会(ACE)会員[1]

クリント・イーストウッドが監督・出演している映画の編集に30作以上携わっていることで有名。

経歴[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルス出身。1942年、マーヴィン・ルロイ監督の『心の旅路』で赤ちゃん役として出演[2]。1961年、ワーナー・ブラザーズの郵便仕分け係を経て、映画業界に入る[3]。1969年、サム・ペキンパー監督の『ワイルドバンチ』から編集助手となり、1975年、『さらば愛しき女よ』で編集技師デビューを果たす。イーストウッドとは助手時代の1976年『アウトロー』で出会い、フェリス・ウェブスター英語版との共同体制で『ダーティハリー3』から『センチメンタル・アドベンチャー』までの編集を担った。1983年の『ダーティハリー4』で、アシスタントから昇格して筆頭の編集技師となる(単独クレジットされる)。以降、イーストウッドの片腕として多数の作品を手掛けるようになる。1992年には『許されざる者』で第65回アカデミー賞編集賞を受賞。

主な編集作品[編集]

編集助手
編集

受賞歴[編集]

受賞
ノミネート

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]