ホワイトハンター ブラックハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホワイトハンター ブラックハート
White Hunter Black Heart
監督 クリント・イーストウッド
脚本 ジェームズ・ブリッジス
バート・ケネディ
ピーター・ヴィアテル
原作 ピーター・ヴィアテル
製作 クリント・イーストウッド
製作総指揮 デイヴィッド・ヴァルデス
出演者 クリント・イーストウッド
音楽 レニー・ニーハウス
撮影 ジャック・N・グリーン
編集 ジョエル・コックス
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年9月14日
日本の旗 1990年11月9日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $2,319,124[1]
テンプレートを表示

ホワイトハンター ブラックハート』(White Hunter Black Heart)は、1990年に公開されたアメリカ映画。監督およびプロデューサー、出演はクリント・イーストウッド

1951年の映画『アフリカの女王』のアフリカロケに同行した脚本家ピーター・ヴィアテルが当時の体験をもとに執筆した小説をヴィアテル本人が脚色に参加して映画化した作品。

ストーリー[編集]

世界的に知られた映画監督ジョン・ウィルソン(クリント・イーストウッド)は、若い脚本家のピート・ヴェリル(ジョフ・フェイ)と共にアフリカに次回作の構想の為に来ていた。 しかしウィルソンは象狩にばかり魅了され、撮影の準備はちっとも進まない。そして、ウィルソンを理解するヴェリルは、ウィルソンの行動を逐一報告するユニット・マネージャー、ロックハート(アラン・アームストロング)とも上手くいかなかったりするのだが、やがて本国からプロデューサー、ランダース(ジョージ・ズンザ)とスター女優のケイ・ギブソン(マリサ・ベレンソン)ら、スタッフやキャストが、現地にやってくる。 遊びで行う象狩は、自然に対する罪ではなく、神への罪だと思っていても、ウィルソンには巨大な化け物を倒す闘争心を押さえることができない。 やがて撮影が始まる日に、雨が降ったために、ウィルソンは、地元のガイドのライサー(エドワード・チューダー・ポール)と共に、象を射ちに出かけるのだが。 子象を守ろうとした母象にウィルソンは襲われてしまい、ライサーがウィルソンを守ろうとして象の犠牲になってしまう。 かなりのショックを抱えながらも、撮影現場に戻ってきたウィルソンは、しかし落ち込む間もなく、映画の撮影を再開させなければならないのであった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替 備考
ジョン・ウィルソン クリント・イーストウッド 山田康雄 傲慢で破天荒な映画監督。ジョン・ヒューストンがモデル。
ピート・ヴェリル ジェフ・フェイヒー 池田秀一 脚色を担当することになった脚本家。ジョンの友人。
ピーター・ヴィアテルがモデル。
ポール・ランダース ジョージ・ズンザ 石田太郎 プロデューサー。
ラルフ・ロックハート アラン・アームストロング 有本欽隆 マネージャ。ジョンの行動を監視し、ランダースに報告するスパイ。
ケイ・ギブソン マリサ・ベレンソン 沢田敏子 主演女優。キャサリン・ヘプバーンがモデル。

脚注[編集]

  1. ^ White Hunter, Black Heart (1990)” (英語). Box Office Mojo. 2011年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]