ミリオンダラー・ベイビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミリオンダラー・ベイビー
Million Dollar Baby
監督 クリント・イーストウッド
脚本 ポール・ハギス
原案 F・X・トゥール
製作 ポール・ハギス
トム・ローゼンバーグ
アルバート・S・ルディ
製作総指揮 ロバート・ロレンツ
ゲイリー・ルチェッシ
出演者 クリント・イーストウッド
ヒラリー・スワンク
モーガン・フリーマン
音楽 クリント・イーストウッド
撮影 トム・スターン
編集 ジョエル・コックス
製作会社 レイクショア・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 ムービーアイ/松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年12月15日
日本の旗 2005年5月28日
上映時間 133分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
アイルランド語
製作費 3000万ドル
興行収入 $216,763,646[1]
テンプレートを表示

ミリオンダラー・ベイビー』(Million Dollar Baby)は、2004年アメリカ合衆国の映画

製作会社はワーナー・ブラザーズで、監督・製作・主演はクリント・イーストウッド2000年に発表されたF・X・トゥール(本名:ジェリー・ボイド)の短編集『Rope Burns:Stories From the Corner』を元にポール・ハギスが脚本を担当。第77回アカデミー賞作品賞受賞作品。PG-12指定作品。

解説[編集]

公開当時74歳であったイーストウッドによる25番目の監督作品である本作品は、3000万ドルの低予算と37日という短い撮影期間で製作されながら、2003年公開の『ミスティック・リバー』に続き作品の完成度の高さと従来のアメリカ映画との異質性を高く評価され全米だけでも1億ドルの興行収入を記録した。さらに、第77回アカデミー賞において、マーティン・スコセッシ監督の『アビエイター』との「巨匠対決」を制し作品賞監督賞主演女優賞助演男優賞の主要4部門を独占したのを始め、多数の映画賞を受賞した。

しかし、これほどの成功を収めた作品でありながら、尊厳死という、極めて慎重に議論が重ねられている題材を映画の結末部分に用い、加えて前半部分が、『ロッキー』を連想させるサクセスストーリーであったため、必ずしも万人が賞賛を送ったわけではなく、宗教政治思想によっては強い反発を招き、各方面で抗議行動や論争が起こったという点でも大きな話題や賛否両論を提供した。


ストーリー[編集]

家族からすらも愛情を受けた事のない孤独な女性と、家族にすら愛情を見せた事のない不器用な老年の男性の間に芽生えながらも、非情な結末を迎える愛の物語である。

アメリカ中西部でトレイラー・ハウスに住むほど貧しい上に家族が崩壊状態にあり、死んだ父親以外から優しい扱いを受けてこなかったマギー・フィッツジェラルドは、プロボクサーとして成功して自分の価値を証明しようと、ロサンゼルスにあるフランキー・ダンのうらぶれたボクシング・ジムの戸を叩いた。

フランキーはかつて止血係(カットマン)として活躍した後、トレーナーとなってジムを経営し、多くの優秀なボクサーを育ててきた。しかし、彼らの身の安全を深慮するあまりに慎重な試合しか組まない上に不器用で説明が不足していたことからビッグチャンスを欲するボクサーたちに逃げられ続け、その不器用さは家族にも波及し、実の娘ケイティとは音信不通になっている。

マギーがジムに入門したのは、フランキーが最近まで手塩にかけて育ててきたビッグ・ウィリーに逃げられたばかりの時だった。最初フランキーはマギーのトレーナーになることを拒んだものの、フランキーの旧友でジムの雑用係、元ボクサーのエディ・『スクラップ・アイアン』・デュプリスが彼女の素質を見抜いて同情したこともあり、次第にフランキーは毎日ジムに通い続けるマギーをコーチングしはじめる。そして練習を通じ、やがて2人の間に実の親子より強い絆が芽生えて行く。

マギーはフランキーの指導の下、試合で勝ち続けて評判になりはじめる。あまりの強さから階級を上げる事になったものの、そのウェルター級で遂にイギリス・チャンピオンとのタイトルマッチにまでたどり着く。この試合でアイルランドカトリック教徒のフランキーは、背中にゲール語で「モ・クシュラ」と書かれた緑色のガウンをマギーに贈るが、マギーがその言葉の意味を尋ねても、フランキーはただ言葉を濁すだけだった。

タイトルマッチの後も勝ち続けてモ・クシュラがマギーの代名詞ともなり出した頃、フランキーは反則を使う危険な相手として避けてきたWBA女子ウェルター級チャンピオン、『青い熊』ビリーとの試合を受けることを決める。この100万ドルものビッグ・マッチはマギーが優位に試合を運んだが、ラウンド終了後にビリーが放った反則パンチからコーナーにあった椅子に首を打ちつけ骨折し、全身不随となる。

フランキーはやり場のない怒りと自己嫌悪に苛(さいな)まれ続け、案の定家族からの支えもまったくないマギーは完治の見込みがない事から人生に絶望し始める。やがてマギーは自殺未遂をするようになり、遂にはフランキーに安楽死の幇助(ほうじょ)を依頼する。フランキーは苦しみ続ける実娘のようなマギーへの同情と、宗教的なタブーとのはざまで苦悩したものの、最後はガウンに綴られた「モ・クシュラ」に込めた気持ちを伝えると共に、薬で意識朦朧(もうろう)とするマギーにアドレナリンを過剰投与し、姿を消した。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD テレビ
フランキー・ダン クリント・イーストウッド 樋浦勉 瑳川哲朗
マギー・フィッツジェラルド ヒラリー・スワンク 本田貴子 朴璐美
エディ・“スクラップ・アイアン”・デュプリス モーガン・フリーマン 坂口芳貞
シャウリール・ベリー アンソニー・マッキー
ホーヴァク神父 ブライアン・オバーン 根本泰彦 宮本充
デンジャー ジェイ・バルチェル 真殿光昭 大須賀純
ビッグ・ウィリー マイク・コルター 三宅健太 楠大典
アーリーン・フィッツジェラルド マーゴ・マーティンデイル 小宮和枝
マーデル・フィッツジェラルド リキ・リンドホーム 園崎未恵 佐藤あかり
翻訳:松崎広幸、演出:佐藤敏夫、調整:金谷和美、高久高雄、効果:リレーション、担当:河村常平(東北新社)
配給:松竹株式会社、テレビ東京プロデューサー:渡邊一仁、遠藤幸子、五十嵐智之、製作:テレビ東京、東北新社

論争[編集]

本作品の主テーマが尊厳死安楽死にあるわけではないが、この問題はキリスト教右派が無視できない勢力を持つアメリカでは極めてデリケートな問題であり、保守派コメンテーター、障害者団体、キリスト教団体によるこの映画のボイコット運動などが起こり話題になった。

イーストウッドはこの件に関して、映画の中におけるフィクションの登場人物による行動と、イーストウッド自身の思想や言動は全く無関係であり、この作品はあくまで彼のアメリカン・ドリーム観を表現したものであると述べている。

その他、この映画に関しては様々な反応があった。

障害者団体[編集]

2005年初頭、幾人かの障害者権利活動家が映画後半の、マギーが四肢麻痺患者となったあとで死にたいと漏らしフランキーがその願いを実現させた部分に対して論争を起こした[2][3][4]

またウィークリー・スタンダードもこの映画の結末に対し、生きる機会を軽視したと批判している[5]

生命維持装置を外すことの神話[編集]

この映画の結末は、「意識がはっきりしている患者は延命措置を終わらせてもらえない」という事実誤認に基づいている。現実のアメリカでは、患者が別の者に「治療を打ち切ってほしい」と指示できるほど意識がはっきりしている場合、患者は病院に対し治療の停止を指示することができ、病院は必要な法的形式が保証されていることが確認できればその指示に従わなければならない。意識のはっきりした患者に対し、意思に反して治療を強行した場合は暴行ともみなされる。患者はあらかじめリビング・ウィル(生前意思)という形で治療に関する意思をはっきりさせておくこともできるが、もし患者が負傷後にも意思疎通ができ意識が明確な場合、病院に治療停止を指示することは単純なことにすぎない。

患者が負傷後、「蘇生不要(Do not resuscitate、DNR)」の指示を行使することを禁じる規則はアメリカには一切存在しないが、一般的に正しく認識されていないのが現状である。また、身体が麻痺している患者を「意思能力がない」と推定することもない。脊髄損傷の患者の多くは法的権利を引き続き行使しており、もし意識不明になった場合のために第三者に代理権を与えるよう手配することもできる。また、鎮痛剤を打たれている状態や抑鬱状態にある場合でも患者から法的意思を表す能力が失われたとはみなされない。

アメリカにおいて、治療拒否は司法制度において自殺とみなされたことはなく、蘇生不要(DNR)指示に基づいて担当医が治療を中止することは自殺幇助とみなされたことはない。法的に有効な蘇生不要(DNR)指示を医師などが拒否することは違法であり民法や刑法の処罰の対象となりうる。

ハリウッドなどでは同様の『生命維持装置を外すか否か』という筋書きを何十年も使ってきた。この筋書きは、個人的な忠義、法律の遵守、宗教的判断の衝突というドラマチックな状態をつくるので多用されている。重態患者に対し、治療を受けいれる義務を負わせるような法律はアメリカには全くなかったにもかかわらず、このモチーフは不滅である。

アイルランド語の話者[編集]

アイルランド語の使用者の中には、マギーのガウンの背中に刺繍された言葉である「モ・クシュラ」(Mo Chúisle)が、映画の中では Mo Cuishle とスペルを間違われているという指摘がある。さらに映画の中では「モ・クシュラ」を「おまえは私の親愛なる者、おまえは私の血(My darling, my blood)」と訳している。(「モ・クシュラ」は「おまえは私の鼓動だ(My pulse)」[6]を意味するゲール語の親愛表現であり、『A chúisle mo chroí』(ああ、私の心臓の鼓動よ)の短縮形である。) ともあれ、「モ・クシュラ」はこの年のハリウッド映画の中でももっとも影響力のあったフレーズであったとも言われており、この映画はアメリカにおけるアイルランド語への関心を高めたとして賞賛する声もある[7]

スポーツライター[編集]

スポーツライターの中には、この映画はボクシング関係者から見れば非常に不正確で混乱させられるものだという批評もある。ボクシング・シーンは非現実的で、マギーを後ろから殴ったボクサーは本来ならプロの権利を剥奪され法廷送りになるのは明白だ、というものである。原作では試合中に起きた事故という設定になっている。しかし、医療機器の描き方が的確でないことを考慮すれば、こうした脚色はイーストウッドの「映画的演出」の一環である、との捉え方もある[8]

ボクシング・シーン[編集]

ヒラリー・スワンクは元来運動神経に秀でており、水泳でジュニア・オリンピックの選考会に参加するほどであったが、撮影に際し3ヶ月間数多くの世界チャンピオンを輩出したヘクター・ロカの元でトレーニングを重ねた。また、重量挙げの選手であるグラント・ロバーツと共に筋力トレーニングに励み、「青い熊」役で本作への出演も果たしたオランダ出身の女子ボクサー、ルシア・ライカらと実戦さながらのスパーリングを重ねた。

受賞/ノミネート[編集]

第77回アカデミー賞[編集]

  • 受賞・・・作品賞/監督賞/主演女優賞/助演男優賞
  • ノミネート・・・主演男優賞/脚色賞/編集賞

第62回ゴールデン・グローブ賞[編集]

  • 受賞・・・監督賞/女優賞(ドラマ部門)
  • ノミネート・・・作品賞(ドラマ部門)/助演男優賞/音楽賞

第10回放送批評家協会賞[編集]

  • 受賞・・・主演女優賞
  • ノミネート・・・監督賞/助演男優賞

脚注[編集]

外部リンク[編集]