ヒア アフター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒア アフター
Hereafter
監督 クリント・イーストウッド
脚本 ピーター・モーガン
製作 ロバート・ロレンツ
キャスリーン・ケネディ
クリント・イーストウッド
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
ティム・ムーア
ピーター・モーガン
フランク・マーシャル
出演者 マット・デイモン
セシル・ドゥ・フランス
音楽 クリント・イーストウッド
撮影 トム・スターン
編集 ジョエル・コックス
ゲイリー・D・ローチ
製作会社 ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー
マルパソ・プロダクションズ
アンブリン・エンターテインメント
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 カナダの旗 2010年9月12日
トロント国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 2010年10月15日
(限定公開)
アメリカ合衆国の旗 2010年10月22日
(拡大公開)
日本の旗 2011年2月19日
上映時間 129分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 $105,197,635[1]
テンプレートを表示

ヒア アフター』(原題: Hereafter)は、2010年アメリカ映画

ストーリー[編集]

フランスの女性ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、津波にのまれた時に臨死体験を経験。その時に見た不思議な光景を忘れることができずにいた。イギリスの少年マーカス(フランキー・マクラレン&ジョージ・マクラレン)は、愛する双子の兄を亡くしてしまった悲しみから立ち直れず、兄と再会することを望んでいた。アメリカ人ジョージ(マット・デイモン)は、かつて霊能者として知られた人物だが、次第に自らの才能を嫌悪、その才能を用いずに生きていた。

という謎にとりつかれたこの3人が、ある日ロンドンで出会うことになる。

キャスト[編集]

ジョージ・ロネガン
演 - マット・デイモン、日本語吹替え - 内田夕夜
アメリカ人霊能者サンフランシスコ在住。工場勤務。
ディケンズ作品が好きでデレク・ジャコビによる朗読を聴くのが趣味。
マリー・ルレ
演 - セシル・ドゥ・フランス、日本語吹替え - 小林さやか
フランス人ジャーナリスト津波臨死体験をする。
後に臨死体験に関する書籍を出版し、ロンドンで朗読会を行なうことになる。
マーカス/ジェイソン
演 - フランキー・マクラレン/ジョージ・マクラレン、日本語吹替え - 小林由美子
ロンドンに住む一卵性の双子。おしゃべりな兄ジェイソンが交通事故で急死。
遺された無口な弟マーカスは母親が薬物中毒のため里子に出される。
ビリー・ロネガン
演 - ジェイ・モーア、日本語吹替え - 根本泰彦
ジョージの兄。ジョージの能力で商売をしたがっている。
メラニー
演 - ブライス・ダラス・ハワード、日本語吹替え - 大坂史子
ジョージが料理教室で知り合った女性。
ルソー博士
演 - マルト・ケラー
臨死体験を研究している医師。マリーに助言する。
ディディエ
演 - ティエリー・ヌーヴィック
マリーの恋人。テレビ局の報道番組のディレクター。
デレク・ジャコビ
演 - 本人、日本語吹替え - 糸博
ジョージの好きな朗読の声の主。

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは200のレビューで46%の支持率で、平均点は10点満点で5.8点となった[2]

ナショナル・ボード・オブ・レビューの2010年の映画トップ5に選ばれた。また、第83回アカデミー賞では視覚効果賞にノミネートされた[3]

日本での公開[編集]

本作は日本では2011年2月19日からワーナー エンターテイメント ジャパンが公開していたが、同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震を受けて、3月14日に、同日限りで本作の上映を中止すると発表した。大津波のシーンが日本に起きた震災を連想させることや震災の状況を配慮しての判断だという。その後、同年10月5日にBlu-ray・DVDが発売されたが、演出上津波の描写が含まれている事を注意喚起した上で発売している。震災の影響とはいえ、近年の洋画作品の中では劇場公開からソフト化までのスパンが長くなっている。映像ソフトの売り上げの一部は日本赤十字社を通して義援金として寄付される予定である。

東北地方太平洋沖地震 被災者への義援金[編集]

全米では2011年3月15日に本作のDVDがワーナー・ブラザース・ホーム・エンターテイメント・グループからリリースされたが、同社はその収益の一部を東日本大震災で被災した人々のための義援金として寄付することを発表した。金額は関係者によれば100万ドル前後になりそうだという。その発表に際し、イーストウッド監督は「日本の人々に手を差しのべようという試みにワーナー・ブラザースとともに参加できてうれしい」との声明を発表した[4]

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]