ガントレット (1977年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガントレット
The Gauntlet
監督 クリント・イーストウッド
脚本 マイケル・バトラー
デニス・シュラック
製作 ロバート・デイリー
出演者 クリント・イーストウッド
ソンドラ・ロック
音楽 ジェリー・フィールディング
撮影 レックスフォード・L・メッツ
編集 ジョエル・コックス
フェリス・ウェブスター
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年12月21日
日本の旗 1977年12月17日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,500,000 (概算)
興行収入 $26,414,658 アメリカ合衆国の旗 (1978年)
テンプレートを表示

ガントレット』(The Gauntlet)は、1977年アメリカ映画。証人護送を命じられた刑事と事件の揉消しを謀る追手の対決を描いたアクション作品。クリント・イーストウッドが主演・監督を兼任。題名は「ガントレット」から(銃撃で同様の仕打ちを受けるシーンがクライマックスにある)。

あらすじ[編集]

ところはアリゾナ州。ある事件の裁判で検察側の証人として出廷予定の女がラスベガスで拘留されていた。その名はマリー。同州フェニックス市警察委員長ブレイクロックから、同市の警察官、ベン・ショックリーにマリーの護送を命じられる。 ショックリーは移動を嫌がるマリーを無理矢理車に押し込んで裁判所へ向かう。その道中、何者かの襲撃を受け、ショックリーとマリーは命辛々逃げ延び、一旦、マリーの家に隠れる。 そこで、その家からショックリーはブレイクロックに応援を要請するが、なぜか地元警察に包囲されて、銃撃を受ける。何とか、その場を脱出した二人は再び裁判所へ向かう。 ショックリーはマリーを問いただすと、彼女がブレイクロックのスキャンダルを握っていることを知り、そのせいで狙われていることにショックリーは気づく。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版
ベン・ショックリー クリント・イーストウッド 山田康雄
ガス・マリー ソンドラ・ロック 高島雅羅
ジョゼフィン パット・ヒングル 富田耕生
フェイダースピール マイケル・カバナー 納谷六朗
ブレイクロック ウィリアム・プリンス 納谷悟朗

外部リンク[編集]