アート・ペッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アート・ペッパー
Art Pepper in 1979, Los Angeles}
Art Pepper in 1979, Los Angeles
基本情報
出生名 アーサー・エドワード・ペッパー、ジュニア
出生 1925年9月1日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ガーデナ
死没 1982年6月15日(満56歳没)
ジャンル クール・ジャズ/ウェスト・コースト・ジャズ
ビバップ
メインストリーム・ジャズ
ハード・バップ
ポストバップ
職業 サックス奏者、クラリネット奏者
担当楽器 アルト;テナー;ソプラノ・サックス、クラリネット
共同作業者 スタン・ケントン

{{{Influences}}}

アート・ペッパーArt Pepper、本名:Arthur Edward Pepper, Jr.1925年9月1日 - 1982年6月15日)は、ジャズサックス奏者。アメリカ合衆国カリフォルニア州ガーデナ生まれ。

経歴[編集]

1940年代よりスタン・ケントン楽団やベニー・カーター楽団で活動を開始する。1950年代には自己のコンボを結成し、ウエストコースト・ジャズの中心的な人物として活躍した。

生涯を通じて麻薬中毒によりしばしば音楽活動が中断されている。1960年代後半を、ペッパーは薬物中毒者のためのリハビリテーション施設シナノン(en:Synanon)ですごした。1974年には音楽活動に復帰し、ふたたび精力的にライブやレコーディングをおこなった。

1977年に初の日本公演をおこなう。このときの日本のファンの熱狂的な歓迎にペッパー自身が非常に感動した様子が、3番目の妻ローリー・ペッパーによって筆記された自伝「ストレート・ライフ」(1980年)に記されている。それがきっかけなのか親日家であり、1980年には石黒ケイの「アドリブ」に参加した。

1982年6月15日、脳溢血により死去。

ディスコグラフィー[編集]

  • Surf Ride (1952)
  • Art Pepper Quartet (1956)
  • Art Pepper With Warne Marsh (1956)
  • Modern Art (1956)
  • The Art of Pepper (1957)
  • Art Pepper Meets the Rhythm Section (1957)
  • Art Pepper + Eleven (1959)
  • Smack Up (1960)
  • Getting Together (1960)
  • Intensity (1960)
  • Living Legend (1975)
  • The Complete Village Vanguard Sessions (1977)
  • Art Pepper Today (1978)
  • Live in Japan (1978)
  • Among Friends (1978)
  • Straight Life (1979)
  • Winter Moon (1980)
  • Roadgame(1981)
  • Goin' Home (1982)
  • Tete a Tete (1982)


参考文献[編集]

  • 『Straight Life(ストレート・ライフ) アート・ペッパー衝撃の告白自伝』Art Pepper、ローリー・ペッパー、Swing Journal社、1981年。ISBN 4880670111