ペイルライダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペイルライダー
Pale Rider
監督 クリント・イーストウッド
脚本 マイケル・バトラー
デニス・シュラック
製作 クリント・イーストウッド
製作総指揮 フリッツ・マーネイズ
出演者 クリント・イーストウッド
音楽 レニー・ニーハウス
撮影 ブルース・サーティース
編集 ジョエル・コックス
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年6月28日
日本の旗 1985年9月21日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ペイルライダー』(Pale Rider)は、1985年アメリカ西部劇映画。西部劇の名作『シェーン[1]と、かつてクリント・イーストウッド自身が主演した『荒野のストレンジャー』とを融合させたような内容が、味わい深い。

タイトルの「ペイルライダー」[2]と劇中で使用される呼称「プリーチャー」[3]に関しては、予備知識があるほうが作品を楽しみやすい。

あらすじ[編集]

1880年頃のカリフォルニア州。カーボン峡谷と呼ばれる谷あいの村と付近の町で、金採掘の権利をめぐって小競り合いが繰り返されていた。大掛かりで強引な水力採掘の手法をとり、町を興こした名士コイ・ラフッド(リチャード・ダイサート)がカーボン峡谷に新たな狙いを定め、採掘権を持って細々と採掘する村人たちに嫌がらせを行っていたのである。

間もなく冬を迎えるある日のこと、村人のリーダー格ハル(マイケル・モリアーティ)が町へ買い出しに出るが、いつものようにラフッド一味の4人にからまれ、丸腰のまま暴行を受ける。ところが、その場に現れた「蒼ざめた馬」に乗る流れ者の男(クリント・イーストウッド)に、4人はあっという間に叩きのめされてしまう。

ハルはお礼にと男を村の自宅に客として招き入れ、婚約者サラ(キャリー・スノッドグレス)とその娘ミーガン(シドニー・ペニー)を紹介するが、彼の背中には6つの銃痕があった。サラはかつて夫に蒸発され、男性不信になっていたが、カラーをつけて牧師の扮装で現れた男(以降、「牧師(プリーチャー)」と称す)に警戒を解き、ミーガンは救けを求める自分の祈りに現れてくれたと慕い寄る。

町での騒動を聞いたラフッドの息子ジョッシュ(クリストファー・ペン)は、牧師を追い出そうと大男クラブ(リチャード・キール)を連れて村へ乗り込んでいくが、あえなく牧師に撃退されてしまう。強さを兼ね備えた牧師を身近に得て、迫害に屈しかけていた村人たちは再び団結していく。

一方、ラフッドは自分の持つ鉱脈も枯れて政治家から水力採掘も禁止されそうな状況に焦り、牧師を取り込むことや金を払うことで村人を立ち去らせようと目論む。しかし、そのどちらも成功しなかったためにラフッドは最終手段として、金で動く冷酷な保安官ストックバーン(ジョン・ラッセル)とその凄腕の部下たちを雇う。

町に現れたストックバーンは、牧師の人相をラフッドから聞くと不安そうに「おかしい。奴は死んだはずだ…」と呟く。

村人たちは買収にも応じずに頑張り続けたが、金塊を掘り当てたスパイダー(ダグ・マクグラス)が町に出てラフッドに挑戦的な態度を見せ、決着をつける最後の戦いの引き金が引かれることになる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名、俳優、日本語吹替の順に記述。

脚注[編集]

  1. ^ CANBY, VINCENT (1985年6月28日). “FILM: CLINT EASTWOOD IN 'PALE RIDER'” (英語). Movie Review. The New York Times. 2011年7月24日閲覧。 “There are laughs in it, and all but one or two of them are intentional, including a final, shameless quote from George Stevens's "Shane."”
  2. ^ ミーガンが聖書から引用するヨハネの黙示録の四騎士のうちの、「第四の騎士」のこと。「死」を司るとされる。映画の中で「プリーチャーというと青白い顔をしているものだ」といわれる場面もある。
  3. ^ 日本語訳における牧師神父説教者との区別が難しい。吹き替え・字幕では誤解のないように原語の「プリーチャー」が使用されることが多い。
  4. ^ テレビ東京の吹き替え版では、ガブリエルとなっている。

外部リンク[編集]