アウトロー (1976年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウトロー
The Outlaw Josey Wales
監督 クリント・イーストウッド
脚本 フィリップ・カウフマン
ソニア・シャーナス
原作 フォレスト・カーター
製作 ロバート・デイリー
製作総指揮 ジェームズ・ファーゴ
ジョン・G・ウィルソン
出演者 クリント・イーストウッド
チーフ・ダン・ジョージ
ソンドラ・ロック
音楽 ジェリー・フィールディング
撮影 ブルース・サーティース
編集 フェリス・ウェブスター
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年6月30日
日本の旗 1976年8月7日
上映時間 135分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $31,800,000[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

アウトロー』(The Outlaw Josey Wales)は、クリント・イーストウッド監督・主演のアメリカ合衆国の映画1976年製作の西部劇

概要[編集]

アメリカ建国200年記念として製作された西部劇。南北戦争後の時代を舞台として描かれた作品。第49回アカデミー賞では作曲賞にノミネートされている。また、1996年にはアメリカ議会図書館に永久保存するフィルムに選ばれている。

1975年の小説『The Rebel Outlaw: Josey Wales』(フォレスト・カーター:著)をイーストウッドが映画化。公開された当時は既に西部劇はほとんど作られなくなっていたが、広範囲なロケによって西部の広大な風景が画面に映し出され、単なる復讐活劇とは違う、その時代の様々な歪みや人々の苦悩とたくましさが描かれた名作である。

冒頭、主人公の息子役で登場するのはイーストウッドの実息であり、後にジャズ・ミュージシャンとして活動を始めるカイル・イーストウッドである。また、本作をきっかけにイーストウッドとソンドラ・ロックは交際を始めることとなる。

あらすじ[編集]

1860年代なかばのミズーリ州。南北戦争の混乱のさなか、北軍の名を借りたならず者集団“レッド・レッグス”が、各地で暴行・略奪を繰り返していた。彼らに妻と息子を殺され、重傷を負った農夫ジョージー・ウェールズ(クリント・イーストウッド)も、彼らへの復讐のために集まったウィリアム・"ブラッディ・ビル"・アンダーソン率いるミズーリのゲリラ部隊に加わって北軍と戦い、その早撃ちを知られるようになっていく。

やがて戦争は終わり、リーダー格のフレッチャー(ジョン・ヴァーノン)の説得により、部隊はジョージーを除いて全員北軍に投降する。ところが北軍は、独善的なレーン上院議員の指示の下、フレッチャーとの約束を破り、投降してきた部隊を犯罪者扱いで皆殺しにしてしまう。

負傷した若者ジェイミー(サム・ボトムズ)だけは救い出したジョージーであったが、北軍から追われる身の二人は、仲間の復讐どころではなく、インディアン居住区を目指して身を隠す旅に出る。

ジョージーに部隊の大半を倒されてしまい、怒りに燃える上院議員の指示で、ならず者集団”レッド・レッグス”のリーダーながらも北軍の大尉に納まっていたテリル(ビル・マッキニー)は、裏切り者に仕組まれたフレッチャーを伴い、ジョージー達の追跡を始める。

原住民の男や女と一緒になり、カンザスから牧場を作りにやって来た家族とも一緒になるが、コマンチに襲撃されそうになり、酋長テン・ベアーズにとともに生きようと誓う。

追っ手から逃れるために皆と別れるが、大勢に取り囲まれる。「やっと一人になったな」といわれるが、皆で防衛する。宿の者はフレッチャーにジョージーが死んだと証言し、フレッチャーも何も見なかったように振る舞い、ジョージーは「皆、戦争の犠牲者だ」といって立ち去る。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日 TBS
ジョージー・ウェールズ クリント・イーストウッド 山田康雄
ジェイミー サム・ボトムズ 曽我部和恭 鈴置洋孝
ローン・ウェイティ チーフ・ダン・ジョージ 千葉耕市 千葉順二
ローラ・リー ソンドラ・ロック 勝生真沙子
テリル大尉 ビル・マッキーニー 加藤精三 飯塚昭三
フレッチャー ジョン・ヴァーノン 坂口芳貞 大宮悌二
リトル・ムーンライト ジェラルディン・キームス 佐々木るん
サラ ポーラ・トルーマン 麻生美代子 島美弥子

参考文献[編集]

  1. ^ The Outlaw Josey Wales” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]