センチメンタル・アドベンチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
センチメンタル・アドベンチャー
Honkytonk Man
監督 クリント・イーストウッド
脚本 クランシー・カーライル
製作 クリント・イーストウッド
製作総指揮 フリッツ・メインズ
音楽 スティーヴ・ドーフ
撮影 ブルース・サーティース
編集 フェリス・ウェブスター
マイケル・ケリー
ジョエル・コックス
配給 ワーナーブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年12月15日
日本の旗 1983年4月26日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

センチメンタル・アドベンチャー』(原題:Honkytonk Man )は、1982年アメリカ映画世界恐慌を背景に、中年歌手の姿を描いたロードムービー

ストーリー[編集]

中年の歌手レッド・ストーバルは、グランド・オール・オプリオーディションの誘いを受け、甥のホイットを伴ってナッシュビルへ向かう。

車が故障したり、詐欺の片棒を担がされたりしながらレッドはナッシュビルへたどり着くが、結核が原因でオーディションの途中で咳き込み、退場してしまう。

オーディションの様子を見ていたレコード会社スカウトがレッドにレコーディングをするように申し出る。

末期の結核を自覚していたレッドは、死の覚悟の下、レコーディングに立ち向かう。

レッドの死後、墓の前で歌うホイット。通りすがりの車のラジオからは、レッドの歌が流れている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替 説明
レッド・ストーバル クリント・イーストウッド 津嘉山正種 中年の歌手。グランド・オール・オプリ出演を目指しナッシュビルへ。
ホイット カイル・イーストウッド 菊池英博 レッドの甥、少年
おじいちゃん ジョン・マッキンタイア 辻村真人 ホイットの祖父
エミー ヴァーナ・ブルーム レッドの妹、ホイットの母
ヴァージル マット・クラーク 納谷六朗 エミーの夫、ホイットの父
マーリーン アレクサ・ケニン 岡本麻弥
アーンスプリガー バリー・コービン 加藤正之 詐欺師

外部リンク[編集]