ピアノ・レッスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピアノ・レッスン
The Piano
監督 ジェーン・カンピオン
脚本 ジェーン・カンビオン
製作 ジェーン・チャップマン
製作総指揮 アラン・ドパルデュー
出演者 ホリー・ハンター
ハーヴェイ・カイテル
サム・ニール
アンナ・パキン
音楽 マイケル・ナイマン
撮影 スチュアート・ドライバーグ
編集 ヴェロニカ・ジネット
製作会社 ミラマックス
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 フランス映画社
公開 フランスの旗 1993年5月15日CIFF
オーストラリアの旗 1993年8月5日
日本の旗 1994年2月12日
上映時間 121分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
フランスの旗 フランス
言語 英語
イギリス英語
マオリ語
製作費 700万$
興行収入 アメリカ合衆国の旗 4000万$
テンプレートを表示

ピアノ・レッスン』(The Piano)は、1993年公開のフランスニュージーランドオーストラリアによる合作映画。監督・脚本はジェーン・カンピオン。主演はホリー・ハンターハーヴェイ・カイテル第46回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品。

概要[編集]

19世紀ニュージーランドを舞台に、ピアノの音色を言葉代わりにする女性と、原住民マオリ族に同化した一人の男性との激しい愛を描いた恋愛映画

第66回アカデミー賞において作品賞を初めとした8部門にノミネートされ脚本賞主演女優賞助演女優賞の3部門で受賞を果たした。助演女優賞を受賞したアンナ・パキンの11歳での受賞は『ペーパー・ムーン』でのテイタム・オニール(当時10歳)に次ぐ史上2番目の若さでの受賞であった。

イギリス作曲家マイケル・ナイマンによるサウンドトラックは注目を集め、全世界で300万枚以上の売り上げを誇った。特にメインテーマとも言うべきピアノソロ曲『楽しみを希う心』は印象的で、劇中では主役のホリー・ハンターが自身で演奏を行っている。

ストーリー[編集]

主人公・エイダは娘フローラとピアノを伴い、スコットランドから未開の地・ニュージーランドへ旅立った。現地では彼女の結婚相手・スチュアートが迎えたが、彼は重いピアノを自宅へ運ぶことを拒み、ピアノを浜辺に置き去りにした。

話すことができないエイダにとって、ピアノはかけがえのないものであり、エイダは娘を連れて何度も浜辺にピアノを弾きに訪れた。その姿とピアノに惹きつけられた現地の男・ベインズはピアノをスチュアートから入手し、エイダに「黒鍵の数だけ自分にレッスンをしてくれたら、ピアノを返す」と約束した。二人のレッスンを重ねるにつれ、二人の関係は徐々に変容していった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エイダ・マクグラス ホリー・ハンター 戸田恵子
ジョージ・ベインズ ハーヴェイ・カイテル 樋浦勉
アリスディア・スチュワート サム・ニール 鈴置洋孝
フローラ・マクグラス アンナ・パキン 坂本真綾
モラグ ケリー・ウォーカー さとうあい
ネッシー ジュヌヴィエーヴ・レモン 鉄炮塚葉子
ヒラ トゥンギア・ベイカー 瀬畑奈津子
牧師 イアン・ミューン 田口昂

主な受賞[編集]

トリビア[編集]

  • ジェーン・カンピオンはエイダ役に当初シガニー・ウィーバーをイメージしていたが、この役に惚れこんだホリー・ハンターが熱心に売り込み、また彼女がピアノを弾けることもあって、出演が実現した。
  • ジャングルの中をマオリの案内で進むシーンで、案内役のマオリの男が「あんな所は生きて通れねえ!」と日本語で言っているように聞こえる(『探偵!ナイトスクープ』の爆笑小ネタ集で紹介、本当は何語でどういう意味なのかは不明)。

外部リンク[編集]