美しき諍い女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美しき諍い女
La Belle Noiseuse
監督 ジャック・リヴェット
脚本 パスカル・ポニツェール、クリスティーヌ・ロラン、ジャック・リヴェット
製作 マルティーヌ・マリニャック
出演者 ミシェル・ピコリジェーン・バーキンエマニュエル・ベアール
音楽 イゴール・ストラヴィンスキー
撮影 ウィリアム・リュプチャンスキー
編集 ニコル・リュプチャンスキー
配給 コムストックテレビ東京
公開 フランスの旗 1991年5月CIFF
フランスの旗 1991年9月4日
日本の旗 1992年5月23日
上映時間 238分
製作国 フランスの旗
言語 フランス語
テンプレートを表示

美しき諍い女』(うつくしきいさかいめ、La Belle Noiseuse)は、ジャック・リヴェット監督による1991年フランス映画。フランスの小説家オノレ・ド・バルザックの短編小説『知られざる傑作』を脚色した作品である。リヴェットが別撮りのフィルムでテレビ用にシーンを変更した125分の別バージョン『美しき諍い女ディヴェルティメント』は、1993年に劇場公開する。

実際の画家ベルナール・デュフールのカンバスへのタッチを、編集せずに長回しで撮影して、フレンホーフェルの創造活動が復活するさまを描く。

1991年のカンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを受賞する。

あらすじ[編集]

高名だが世捨て人の画家フレンホーフェルは、もともとモデルだった妻とプロヴァンスの片田舎にある古城で静かに暮らしている。一人の若い画家が恋人マリアンヌを連れて彼の許を訪れると、フレンホーフェルはマリアンヌをモデルにする事で、自分が長い間打ち捨てていた作品『美しき諍い女』の製作を再開する気になる。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]