マーティ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーティ』(Marty)は、1953年に放送されたアメリカテレビドラマ、および1955年に公開されたアメリカ映画。どちらも、監督・演出をデルバート・マンが、脚本をパディ・チャイエフスキーが務めた。

ストーリー[編集]

ニューヨークの下町、ブロンクスの肉屋で働くイタリア系アメリカ人・マーティは34歳。心根は優しいが太っていて醜男であることから上手く女性と付き合えない。一緒に暮らす母テレサや知人は早く結婚して家庭を持つよう口うるさく言うが、デートも思うようにならないのだ。出会いを求めて行ったダンスホールでマーティは、容姿のせいで男性から置き去りにされたクララがひそかに泣いているのを慰めた。二人はその夜意気投合し楽しい時間を過ごすが、恋人のいない友人アンジーや結婚を勧めていた母さえも、クララとの交際を喜んでくれない……。

テレビドラマ版[編集]

The Goodyear Television Playhouse
Marty
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜 21:00 - 22:00(51分)
放送期間 1953年5月24日(1回)
放送国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
制作局 NBC
演出 デルバート・マン
脚本 パディ・チャイエフスキー
プロデューサー フレッド・コー
出演者 ロッド・スタイガー
ナンシー・マーシャン
エスター・ミンチオッティ
ジョー・マンテル
音声 モノラル放送

特記事項:
・生放送
・モノクロ
テンプレートを表示

NBCの単発テレビドラマ番組「Television Playhouse」(フィルコ社とグッドイヤー社が隔週交互に一社提供)の1エピソード(第5シーズンの第23回)として、1953年5月24日に放送された。当時のテレビはVTRが開発される以前であり、実用的な収録技術が無かった。そのため、このドラマは生放送であった(この番組のみならず、当時のテレビ番組のほとんどは生放送であった)。

このドラマが生まれたきっかけは、以前にデルバート・マンとチャイエフスキーが、同じ「The Goodyear Television Playhouse」枠のテレビドラマ『The Reluctant Citizen』のリハーサルをしていた時のことである。リハーサルに使用していたホテルでは当時、求婚者によるお見合いパーティが行われており、その会場に男女がダンスをする旨の案内が張られていた。これがチャイエフスキーの目に留まり、ダンスフロアにおける男女の恋愛劇を考案。すぐさまデルバート・マンや、プロデューサーのフレッド・コーに提案し、執筆したのが本作品である。

本編の映像は、キネコ(ブラウン管の映像をフィルムに転写する技術)での録画により、フィルムで現存している。1963年2月17日 - 20日にニューヨーク近代美術館で開催された「Television USA: Thirteen Seasons」という展覧会では、このキネコフィルムが公開されたことがある。また、かつてVHSでビデオソフト化されたことがある。近年では、アメリカ国内において販売された「The Golden Age of Television」という3枚組DVDセットの中に、本作品が収録されている。

キャスト[編集]

  • マーティ・ピレッティ:ロッド・スタイガー
  • クララ・スナイダー:ナンシー・マーシャン
  • テレサ(マーティの母):エスター・ミンチオッティ
  • アンジー(マーティの友人):ジョー・マンテル
  • キャサリン:オーガスタ・チオリ
  • ヴァージニア:ベッツィ・パーマー
  • トミー:リー・フィリップス
  • 女:ロッサナ・サン・マルコ
  • バーテンダー:ハワード・ケイン
  • 批評家:ネヘミア・パーソフ
  • 青年:ドン・ゴードン
  • パッツィ:アンドリュー・ヘラルド
  • ダンサー:ジョージ・マハリス

スタッフ[編集]

  • 演出:デルバート・マン
  • 脚本:パディ・チャイエフスキー
  • プロデューサー:フレッド・コー
  • アソシエイトプロデューサー:ゴードン・ダフ
  • 撮影:アル・マクレーラン
  • 美術:オーティス・リグス
  • 衣装:ローズ・ボグダノフ
  • 照明:レオ・ファレンコフ
  • 技術:H.L.フォーカーツ
  • ナレーター:ダーワード・カービイ(当時NBCアナウンサー)

外部リンク[編集]

映画版[編集]

マーティ
Marty
監督 デルバート・マン
脚本 パディ・チャイエフスキー
製作 ハロルド・ヘクト
出演者 アーネスト・ボーグナイン
ベッツィ・ブレア
音楽 ロイ・ウェッブ
ジョージ・バスマン
撮影 ジョセフ・ラシェル
製作会社 Hecht-Lancaster Productions
配給 日本の旗 UA/松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年4月11日
日本の旗 1955年12月15日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 34.3万ドル
興行収入

300万ドル(米のみ)

テンプレートを表示

1955年4月11日に公開。主役の心優しいぶ男・マーティは、悪役俳優だったアーネスト・ボーグナイン[1]、ヒロインの美人だが冴えない女・クララはベッツィ・ブレアが演じた。等身大の男女の恋愛映画との評価を得てヒットした。なお、エスター・ミンチオッティとジョー・マンテルがテレビドラマ版と同じ役で出演しており、監督や脚本もテレビドラマ版と同じく、デルバート・マンとチャイエフスキーが務めた。

第28回(1955年)アカデミー賞最優秀作品賞、監督賞(デルバート・マン)、主演男優賞(アーネスト・ボーグナイン)、脚色賞(パディ・チャイエフスキー)の4部門を獲得した。ノミネートされたのは他に助演男優賞(ジョー・マンテル)、助演女優賞(ベッツィ・ブレア)、美術賞、撮影賞の4部門。

また、1955年のカンヌ国際映画祭の最高賞(パルム・ドール)も受賞している。アカデミー作品賞とカンヌの最高賞を同時に受賞した作品は『失われた週末』(1945年)と『マーティ』だけである(『失われた週末』の最高賞受賞は1946年)。

ストーリー[編集]

ブロンクスの精肉店を営む独身男、マーティ。老いた母親と二人暮らしの彼は周りから結婚をせかされているが、容姿にコンプレックスを抱いていた。ある日、友人に誘われて行ったダンス・ホールに美人だが冴えない女・クララと出会う。二人は意気投合し、互いに惹かれていくが、彼の友人や母親は彼女に興味を示さない。そればかりか反感さえ匂わせる。周囲の目を気にしたマーティは思い悩み、約束した夜のデートをすっぽかしてしまう…。

キャスト[編集]

  • マーティ・ピレッティ:アーネスト・ボーグナイン
  • クララ・スナイダー:ベッツィ・ブレア
  • テレサ(マーティの母):エスター・ミンチオッティ
  • アンジー(マーティの友人):ジョー・マンテル

スタッフ[編集]

その他[編集]

  • 1994年には、アメリカ議会図書館から「文化的、歴史的、美学的に重要な作品」との評価を受け、アメリカ国立フィルム登録簿に登録、同図書館へ永久保存されることとなった。
  • 1950年代にNBCで放送されたクイズ番組『21』(トゥエンティ・ワン)で、番組側の解答者に対する不正な結果操作が行われたが、その時の問題が「1955年にアカデミー作品賞を受賞した映画は?」というものであった。解答者は『マーティ』が正解であることを知っていたものの、番組側やスポンサー側の圧力に追い詰められ、わざと誤答することとなった。この事件は1994年に『クイズ・ショウ』として映画化されたことでも有名である。

脚注[編集]

  1. ^ テレビドラマ版と同じくロッド・スタイガーを起用する予定もあったが、スタジオとの契約上の問題で、ロッド自ら降板した。