ショーシャンクの空に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショーシャンクの空に
The Shawshank Redemption
監督 フランク・ダラボン
脚本 フランク・ダラボン
原作 スティーヴン・キング
刑務所のリタ・ヘイワース
製作 ニキ・マーヴィン
製作総指揮 リズ・グロッツァー
デイヴィッド・レスター
出演者 ティム・ロビンス
モーガン・フリーマン
音楽 トーマス・ニューマン
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 リチャード・フランシス=ブルース
製作会社 キャッスル・ロック・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画 / ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年9月10日
日本の旗 1995年6月3日
上映時間 143分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $28,341,469[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

ショーシャンクの空に』(原題:The Shawshank Redemption)は、1994年に公開されたアメリカ映画

スティーヴン・キング中編小説刑務所のリタ・ヘイワース」が原作である。フランク・ダラボン監督脚本を初兼任し、映画化された。

冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず、懸命に生き抜く姿を描いた作品である。

原題の"Redemption"とは、「罪を贖う」という意味と同時に、債券などの「満期償還」や「買戻し」「回収」という意味をもつ言葉である。


ストーリー[編集]

1947年、銀行員として成功していたアンディ・デュフレーンは、妻とその愛人を射殺した罪に問われてしまう。アンディは裁判で容疑を否認したが、終身刑の判決を受け、ショーシャンク刑務所に投獄される。刑務所が持つ異質な雰囲気に初めは戸惑い、孤立するアンディだったが、決して希望を捨てず、明日への自由を信じ続けた。

そんな中、「調達屋」と呼ばれ服役囚たちから慕われていた囚人“レッド”ことエリス・ボイド・レディングと出会う。鉱石を砕くロックハンマーや、リタ・ヘイワースラクエル・ウェルチといったスターたちのポスターなどをレッドに調達してもらううち、少しずつ2人の交流が深まっていく。アンディは元銀行員の経歴を遺憾なく発揮し、刑務所内の環境改善に取り組むことで、レッドや他の囚人からの信頼を高めていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD・BD TV
アンディ・デュフレーン ティム・ロビンス 大塚芳忠 安原義人
エリス・ボイド・"レッド"・レディング モーガン・フリーマン 池田勝 坂口芳貞
サミュエル・ノートン刑務所長 ボブ・ガントン 仁内建之 佐々木勝彦
ヘイウッド ウィリアム・サドラー 江原正士  
バイロン・ハドリー主任刑務官 クランシー・ブラウン 田中正彦
トミー・ウィリアムズ ギル・ベローズ 真地勇志
ボッグス・ダイアモンド マーク・ロルストン 金尾哲夫
ブルックス・ヘイトレン ジェームズ・ホイットモア 宮田光
  • TV版吹き替え:初回放送 1997年3月30日TBS「春の映画スペシャル」 14:00-16:54

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

製作当初、作品名は原作と同じ "Rita Hayworth and Shawshank Redemption"(リタ・ヘイワースとショーシャンクの贖い)となっていた。しかしリタ・ヘイワースのドキュメンタリーと勘違いされ、リタ・ヘイワース役のオーディションを熱望する者まで現れた。その女優は「脚本はすばらしかった。ぜひリタを演らせてほしい!」と言ったという。このため作品名が "The Shawshank Redemption"(ショーシャンクの贖い)となった経緯がある[2]

配役[編集]

トミー役は当初、ブラッド・ピットにオファーする予定だったが、スケジュールが合わず、当時無名だったギル・ベローズが起用された。

撮影[編集]

撮影は主にオハイオ州で行われ、刑務所外部は使われなくなった少年院Ohio State Reformatory)を使用した。また、序盤に登場する上空から撮影した刑務所は、その後取り壊されている。

演出[編集]

幼虫をカラスの雛に与えるシーンでは、動物愛護団体が立ち会った。撮影陣は雛への虐待を避けるものだと思っていたが、団体は「生きている幼虫をヒナに与えるな」と指示してきた。監督は必死に「これは釣具店で買ったもので、誰でも利用できる。釣りをする人はこれに針を刺して魚に食わせるために水へ放り込む」と説得した。

原作との違い[編集]

  • 原作でアンディは小柄な男性として描かれているが、アンディ役のティム・ロビンスは190cmを超える長身である。そのため作中でも、レッドの台詞の中に「あの背の高い男だ」と長身であることが逆に強調されている箇所がある。
  • 原作には、映画のラストにある海のシーンはない。
  • 原作・映画ともに、レッドはアンディに「なぜ(渾名が)レッド(赤毛)なんだ?」と聞かれ、「アイルランド系だからさ」と答えるシーンがある。原作でのレッドは実際に(赤毛が多い)アイルランド系移民である点と、姓「レディング」(Redding)にちなんだ渾名であることを説明するただの会話である。一方、映画でのレッドはモーガン・フリーマン扮する黒人であることから、原作を踏まえたジョークになっている(もっとも、黒人といっても各人がさまざまなルーツを持っているため、どのような民族や国の姓を名乗っていても不思議ではない)。
  • 原作ではアンディが利用する架空の人物「スティーブンス」は服役前から存在していたが、映画では服役中に作り出した存在となっている。
  • アンディが流したレコードの曲は「フィガロの結婚」第3幕「手紙の二重唱」である。このエピソードは原作にはなく、脚本執筆当時にオペラにはまっていた監督のアイディアである。
  • 原作ではアンディの服役中に看守や所長が何度か代替わりするが、映画ではハドリーとノートンに統一されている。

作品の評価[編集]

第67回アカデミー賞において7部門にノミネートされたが、劇場公開当初は『フォレスト・ガンプ/一期一会』や『パルプ・フィクション』、『スピード』などの話題作と公開時期が重なり、興行収支は赤字だった。その後ビデオ販売やレンタルが開始されると、本作品のファンが増加していった。

2000年代以降も各国のテレビや雑誌、インターネットなどの「好きな映画」「感動する映画」といったランキングでは常に上位に入る。

受賞歴[編集]

DVD[編集]

ワーナーから発売されているDVDは、所長の自殺の傷口がCG修正されている。直前のカットの銃口の位置がずれていたためである。無修正版は松竹ビデオ版で見ることが出来るが、現在廃盤である。また、画面サイズがスコープ・サイズと表記されている。

エピソード[編集]

  • アンディ達が所内で見ていたリタ・ヘイワースの映画は『ギルダ』である。
  • ブルックスが壁に彫った文字「BROOKS WAS HERE」は、第二次世界大戦中にアメリカ軍人の間で流行した落書き「Kilroy Was Here(キルロイ参上)」のフレーズを捩ったものである。
  • 仮釈放審査において、レッドの書類に貼られていた青年時の写真は本人でなく、モーガン・フリーマンの実子アルフォンソの写真である。またアルフォンソは映画冒頭で、護送されて来たアンディら新入りたちをからかう囚人役の一人としても出演している。
  • 映画の最後に「IN MEMORY OF ALLEN GREENE(アレン・グリーンを偲んで)」と字幕表示されるが、この人物はフランク・ダラボンの旧友であり、本映画の製作途中に亡くなっている。
  • 原作では、アンディの妻と愛人を射殺した犯人は、『スタンド・バイ・ミー』で主人公の親友だったクリスを刺殺する犯人と同一人物である。
  • Mr.Childrenの楽曲「one two three」の歌詞中に、本作品のタイトルが登場している。

舞台[編集]

2013年に河原雅彦演出・喜安浩平脚本で日本初の舞台化。[3]東京・大阪・福岡・名古屋・松本の5都市で上演された。主催はWOWOW産経新聞・ネビュラプロジェクト。

出演[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Shawshank Redemption”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年12月7日閲覧。
  2. ^ ショーシャンクの空にオーディオコメンタリーから引用。
  3. ^ ショーシャンクの空に”. ナッポスユナイテッド. 2013年5月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]