クリープショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリープショー
Creepshow
監督 ジョージ・A・ロメロ
脚本 スティーヴン・キング
製作 リチャード・P・ルビンスタイン
製作総指揮 サラ・M・ハッサネイン
出演者 E・G・マーシャル
テッド・ダンソン
レスリー・ニールセン
ジョー・ヒル
トム・アトキンス
ハル・ホルブルック
エイドリアン・バーボー
スティーブン・キング
エド・ハリス
音楽 ジョン・ハリソン
撮影 マイケル・ゴーニック
編集 Michael Spolan
パスクァーレ・ブバ
ポール・ハーシュ
ジョージ・A・ロメロ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 日本ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年12月12日
日本の旗 1986年2月15日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $21,028,755[1]
次作 クリープショー2
テンプレートを表示

クリープショー』(英語: Creepshow)は1982年アメリカ映画

概要[編集]

5話の短編で構成されたオムニバスホラー映画ECコミックに代表される、20世紀中盤に隆盛を誇った“ホラーや犯罪物語を題材としたアメリカン・コミックス”の再現を作品全体のテーマとしている[2]。製作陣には『ゾンビ』他の監督ジョージ・A・ロメロ、ベストセラー作家スティーヴン・キング特殊メイクアーティストトム・サヴィーニなど数多くの著名人が名を連ね、キングとその息子ジョー・ヒル、サヴィーニは俳優としても出演を果たした。ポスター等のアートワークには、当のECコミックでも活躍したコミック作家ジャック・ケイメンを起用。2013年現在、本作のDVDは日本では廃盤となり定価以上のプレミア価格で取引されている。

あらすじ[編集]

少年ビリーが読んでいるホラー漫画誌に収録されたショートストーリーに沿って、5つのエピソードが展開する。

  1. 第1話『父の日
    父の日に会する親戚一同。彼らは、横暴な家長だった父親を殺害した叔母の到着を待っている。彼女は親戚達の元へ向かう前に父親の墓を訪れていた。
  2. 第2話『ジョディ・ベリルの孤独な死
    農夫ジョディ・ベリルの家先に隕石が落下してきた。まだ熱いそれに触れ、火傷を負うジョディ。彼は隕石が金になると期待したが、触れた指先が異常を示し始める。
  3. 第3話『押し寄せる波
    ハリー・ウェントワースは、彼の恋人ベッキーの元夫リチャードから脅され、二人で砂浜へと向かう。
  4. 第4話『
    大学の学校用務員が偶然見つけた古い木箱。大学教授のデックスが箱を調べると、中身は生き物だった。
  5. 第5話『奴らは群がり寄ってくる
    短気で傲慢な会社社長のアプソン・プラット潔癖症で大のゴキブリ嫌いである彼の日課は自宅でのゴキブリ駆除だが、その数は減るどころか次第に増えていく。
※『』内のサブタイトルはテレビ放映時のもの。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ版
プロローグ・エピローグ
ビリー ジョー・ヒル 羽村京子
ビリーの父親 トム・アトキンス 阪脩
ビリーの母親 アイヴァ・ジーン・サラシーニ
ゴミ収集の男1 マーティ・シーフ 喜多川拓郎
ゴミ収集の男2 トム・サヴィーニ 江原正士
第1話『父の日』
ベドリアおばさん ヴィヴェカ・リンドフォース 藤夏子
シルヴィア・グランサム キャリー・ナイ 京田尚子
ハンク・ブレイン エド・ハリス 秋元羊介
リチャード・グランサム ワーナー・シューク 江原正士
キャス・ブレイン エリザベス・リーガン
ネイサン・グランサム ジョン・ローマー 大木民夫
ミセス・ダンバーズ ナン・モグ
第2話『ジョディ・ベリルの孤独な死』
ジョディ・ベリル スティーブン・キング 千田光男
ジョディ・ベリルの父親 ビンゴ・オマリー 小島敏彦
第3話『押し寄せる波』
リチャード・ヴィッカーズ レスリー・ニールセン 阪脩
ハリー・ウェントワース テッド・ダンソン 江原正士
ベッキー・ヴィッカーズ ゲイラン・ロス
第4話『箱』
ヘンリー・ノースラップ ハル・ホルブルック 小島敏彦
ウィルマ・ノースラップ エイドリアン・バーボー 藤夏子
デクスター・スタンレー フリッツ・ウィーヴァー 千田光男
チャーリー・ガーソン ロバート・ハーパー 秋元羊介
用務員のマイク ドン・キーファー 喜多川拓郎
第5話『奴らは群がり寄ってくる』
アプソン・プラット E・G・マーシャル 大木民夫
ホワイト デヴィッド・アーリー 小島敏彦

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Creepshow (1982)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年4月2日閲覧。
  2. ^ 日本公開時のパンフレットより

外部リンク[編集]