アンダー・ザ・ドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンダー・ザ・ドーム
Under the Dome
著者 スティーヴン・キング
訳者 白石朗
発行日 アメリカ合衆国の旗 2009年11月10日
日本の旗 2011年4月28日
発行元 アメリカ合衆国の旗 スクリブナー
日本の旗 文藝春秋
ジャンル サイエンス・フィクション
ディストピア
ポリティカル・フィクション
終末もの
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
形態 ハードカバー
ページ数 712(上)
712(下)
コード ISBN 978-4163804705(上)
ISBN 978-4163804804(下)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アンダー・ザ・ドーム』(Under the Dome)は、2009年11月に出版されたスティーヴン・キングSF小説である。

ストーリー[編集]

メイン州のチェスターズミルという小さな町が突然目に見えないドーム状の障壁によって囲まれてしまい、外部世界と遮断されてしまう。

テレビドラマ化[編集]

小説の発売後すぐに、スティーヴン・スピルバーグドリームワークス・テレビジョン英語版がミニシリーズ化を企画していることが発表された。スピルバーグとキングはエグゼクティブプロデューサーを務めることが発表された[1]。翻案はブライアン・K・ヴォーン英語版が行った[2]。2012年11月29日、2013年夏よりCBSで計13話の放送が始まることが発表された。第1話はヴォーンが脚本を執筆し、ニールス・アルデン・オプレヴが監督した。ショーランナーはニール・ベアーが務め、他にキング、ダリル・フランク、ジャスティン・ファルヴェイ、ブライアン・K・ヴォーン、ステイシー・スナイダーがエグゼクティブプロデューサーを務める[3]。初回は2013年6月24日に放送された[4]

日本では2013年10月18日からDlifeで放送予定で、同年10月14日に第1話が先行放送された。

参考文献[編集]

  1. ^ Littleton, Cynthia (2009年11月19日). “Spielberg, King team on 'Dome'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118011629.html?categoryid=1236&cs=1 
  2. ^ McPherson, Sam (2011年11月7日). “LOST Writer to Adapt Stephen King's Under the Dome for Showtime”. TVOvermind. http://www.tvovermind.com/under-the-dome/lost_writer_under_the_dome/103420 
  3. ^ Bibel, Sara (2012年11月29日). “CBS Picks Up 13 Episodes of Drama Series 'Under the Dome' from Steven Spielberg & Stephen King”. TV by the Numbers. 2012年11月30日閲覧。
  4. ^ Ng, Philiana (2013年1月12日). “CBS Sets Premiere Dates for 'Under the Dome,' 'Big Brother' and 'Unforgettable'”. The Hollywood Reporter. 2013年1月13日閲覧。

外部リンク[編集]