回想のビュイック8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

回想のビュイック8』(From a Buick 8)は、スティーヴン・キングによる長編小説。原書は2002年に刊行。

警察署に保管されたクラシックカー「ビュイック8」にまつわる不可解な現象と、それを取り巻く人々の心の模様を描く。

ストーリー[編集]

ペンシルベニア州警察の巡査カート・ウィルコックスが勤務中の交通事故で死亡した。カートの息子ネッドは、父の勤務先だったD分署へ頻繁に出入りするようになる。ある日、署の脇にある倉庫に保管されている美しいビュイック8に気付いたネッドは、父の上司でもあった現在の分署長サンディ・ディアボーン他の署のメンバーに、この車の来歴を訊ねる。初めは渋っていたもののネッドの熱意にほだされた署長たちは、ビュイックの不気味な歴史を語り始める。

出版[編集]

日本においては2005年8月に新潮文庫から白石朗の翻訳にて出版されている。

  • 回想のビュイック8 上巻 ISBN
  • 回想のビュイック8 下巻 ISBN

外部リンク[編集]