ブロス/やつらはときどき帰ってくる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブロス/やつらはときどき帰ってくる
Sometimes They Come Back
監督 トム・マクローリン
脚本 ローレンス・コナー
マーク・ローゼンタール
原作 スティーヴン・キング
製作 マイケル・S・マーフィ
製作総指揮 ディノ・デ・ラウレンティス
出演者 ティム・マシスン
音楽 テリー・プルメリ
撮影 ブライアン・イングランド
配給 アメリカ合衆国の旗 CBS
日本の旗 東映クラシックフィルム
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年5月7日(テレビ放映)
日本の旗 1991年6月8日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ブロス/やつらはときどき帰ってくる』(原題:Sometimes They Come Back)は、1991年制作のアメリカ合衆国ホラー映画

スティーヴン・キング原作の同名短編ホラー小説(「深夜勤務」所収)の映画化。もともとはテレビ映画として制作され、CBSテレビで放映されたが、日本では劇場公開された。

なお、1996年に『ブロス リターンズ/やつらはふたたび帰ってくる』というテレビ映画が制作されたが、これは前作の設定を拝借しただけで、本作の続編ではない。

あらすじ[編集]

コネチカット州のある小さな町で高校教師をしているジミーはある日、転入してきた男子生徒の顔を見て驚く。かつて自分の兄ウェインを死に追いやった不良グループのリーダー、ローソンにそっくりだったからだ。

遡ること30数年前、ウェインはローソンとその仲間2人に町はずれの鉄道トンネルに呼び出され、恐喝された。そこへばく進してきた列車にはねられ、4人とも死んでしまっていた。

その後、ローソンの仲間2人にそっくりな少年が転入、3人はジミーの生徒たちを次々と殺害していく。ジミーはウェインの魂を甦らせて、ローソン一味と対決する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
VHS版
ジミー・ノーマン ティム・マシスン 佐古正人
サリー・ノーマン ブルック・アダムス 高島雅羅
リチャード・ローソン ロバート・ラスラー 大塚明夫
ウェイン・ノーマン クリス・デメトラル
スコット・ノーマン ロバート・ハイ・ゴーマン
カール・ミューラー ウィリアム・サンダーソン
ヴィニー ニコラス・サドラー

脚注[編集]

外部リンク[編集]