ザ・スタンド (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザ・スタンド』(原題: The Stand)は、スティーヴン・キング1978年に発表したホラー小説である。

あらすじ[編集]

カリフォルニア州にある軍の細菌兵器研究所から実験中のウィルスが流出する。パニックの中、ゲート封鎖の命令を無視して逃げ出した門番の男によって、ウィルスは外の世界に洩れ出してしまう。

事態を重く見た軍は、門番が最後にたどり着いた町に戒厳令を敷き、被害を食い止めようとする。しかし、努力も虚しく、感染率99%という驚異的な致死率のウィルスは、それをあざ笑うかの如く全米に蔓延していく……。

出版[編集]

日本では、深町眞理子によって翻訳され、文藝春秋より出版されている。

映像化[編集]

ザ・スタンド
ジャンル パニック・ホラー
放送時間 (約366分)
放送期間 1994年5月8日 - 5月12日(5月10日は休み)(4回)
放送国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
制作局 ABC
製作総指揮 スティーヴン・キング
監督 ミック・ギャリス
原作 スティーヴン・キング
脚本 スティーヴン・キング
出演者 ゲイリー・シニーズ
モリー・リングウォルド
テンプレートを表示

1994年5月8日から5月12日まで(5月10日は休み)全4回に分けて、ABCテレビでミニシリーズとして放映された。日本では1996年5月10日から5月31日まで、NHK衛星第2テレビジョンで放映された。

スティーヴン・キング自らが脚本・製作総指揮も務めている。日本でのテレビ放映およびソフトタイトルは『スティーヴン・キングのザ・スタンド』。

キャスト[編集]

※NHK BS-2で放映されたものがDVDに収録。

リメイク[編集]

2013年現在、劇場用映画としてのリメイクが計画されている。監督には当初ベン・アフレックが候補に上がったが、『マン・オブ・スティール』の続編でのバットマン役が決まり降板、次に『クレイジー・ハート』のスコット・クーパーに決まったが彼も降板、現在はポール・グリーングラスが最有力候補になっている[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]