ゴールデンボーイ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴールデンボーイ
Apt Pupil
監督 ブライアン・シンガー
脚本 ブランドン・ボイス
原作 スティーヴン・キング
製作 ブライアン・シンガー
ジェーン・ハムシャー
ドン・マーフィ
製作総指揮 ティム・ハーバート
音楽 ジョン・オットマン
撮影 ニュートン・トーマス・サイジェル
編集 ジョン・オットマン
配給 日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年10月23日
日本の旗 1999年6月26日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,000,000
興行収入 $8,838,900 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

ゴールデンボーイ』(Apt Pupil)は1998年制作のアメリカ映画スティーヴン・キング同名小説(『恐怖の四季』の夏)の映画化。

ストーリー[編集]

ロサンゼルスの高校に通うトッドは16歳、成績も良く、評判の良い生徒であった。ある時、トッドは学校でホロコーストについて学び、興味をそそられて第二次世界大戦強制収容所に関する本を読むようになる。もっとも、彼の興味はもっぱら内心のサディスティックな衝動に基づくものであった。

そんなある日、トッドはバスの中で、どことなく見覚えのある老人を見かけ、その老人の家まで後をつけた。家のドアには"アーサー・デンカー"という表札があったが、トッドはその老人がクルト・ドゥサンダー - ある強制収容所の司令官 - であることに気がつく。

デンカーの家を訪れたトッドは、彼を脅迫し、事実を公表しない代わりに、ナチス高官のコスプレをさせ、収容所時代の詳細な話をするように要求する。思い出話で収容所時代を思い出したデンカー、話を聞くトッドは共に暴力の衝動に引きつけられていく。

そのころ、ナチスに家族を殺されたユダヤ人がデンカーを見かけ、収容所長ドゥサンダーであることを見破ったことから、事態は急速に転がり始める。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
トッド・ボーデン ブラッド・レンフロ 桐本琢也
クルト・ドゥサンダー イアン・マッケラン 田口計
エドワード・フレンチ デヴィッド・シュワイマー 相沢まさき
アグネス・ボーデン マージョリー・ラヴェット 那須文恵
リチャード・ボーデン ブルース・デイヴィソン 江上真吾
アーチー イライアス・コティーズ 遠藤純一
ベンジャミン・クレイマー マイケル・バーン 村松康雄
アイザック・ワイスコッフ ジャン・トリスカ
リッチラーFBI捜査官 ジョー・モートン
ジョーイ ジョシュア・ジャクソン

外部リンク[編集]