ゲイラン・ロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲイラン・ロス(Gaylen Ross, 1950年 - )はアメリカ合衆国の女優、脚本家、製作者、ディレクター、ドキュメンタリー作家。ジョージ・A・ロメロ監督作品に多く関わる。映画 『ゾンビ』(1979年)、『クリープショー』(1985年)等に出演。また「アレクシス・デュービン」のペンネームで映画の脚本も手がける才女である。

人物[編集]

ゲイラン・ロスは1950年8月15日、インディアナ州インディアナポリスの厳格なユダヤ人の父ヴォルグ・ローゼングラムの娘として生まれる。本名はゲイルス・ローゼングラムである。

彼女は1975年から1977年までの間、ニューヨークの詩ジャーナル『アンティオス』1970年夏~1994年秋)の編集者をしていた。後々の脚本などの文才は、この仕事で培われている。また同時に女優、モデルの仕事もこなしていた。

彼女の名前を有名にしたのはジョージ・A・ロメロ監督の『ゾンビ』(1978年)である。この作品で彼女は紅一点、TV局ディレクター・フランシーヌ・パーカー役を演じた。最初は危険な事ばかりする主人公の男性たちに抵抗を感じながらも、何とか仲間の力になろうとヘリコプターの操縦を覚えたり、最後には残った仲間を支えていく力強いヒロイン像を彼女らしいパーソナリティで演じていた。

ジョージ・A・ロメロ監督とはこの後も『クリープショー』(1985年)に出演したり『死霊のえじき』ではスタッフの一員として関わっている。 また彼女自身、『GRフィルム』という映画制作会社を設立し『Listen to her heart』、『Russian Bride Business』他、多くの社会派ドキュメンタリー映画を製作しエミー賞など数多くの賞を受賞している。

アメリカで行われるホラー映画イベントには、ジョージ・A・ロメロ、トム・サヴィーニケン・フォリーらとともに参加しファン・サービスにもつとめている。

『ゾンビ』のリメイクである『ドーン・オブ・ザ・デッド』(2004年)(ザック・スナイダー監督)には出演をオファーされたものの、かなわなかったため、ショッピングモールの店舗ブティックの銘柄に彼女の名前が表記されている。

出演作品[編集]

  • ゾンビ (1979年)
  • マッドマン・マーズ (1982年)
  • クリープ・ショー (1982年)

外部リンク[編集]