リタ・ヘイワース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リタ・ヘイワース
Rita Hayworth
リタ・ヘイワースRita Hayworth
本名 Margarita Carmen Cansino
生年月日 1918年10月17日
没年月日 1987年5月14日(満68歳没)
出生地 ブルックリン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Edward C. Judson (1937-1943)
オーソン・ウェルズ (1943-1948)
Prince Aly Khan (1949-1953)
ディック・ハイムズ (1953-1955)
ジェームズ・ヒル (1958-1961)
著名な家族 レベッカ(娘)
ヤスミン(娘)

リタ・ヘイワースRita Hayworth,本名Margarita Carmen Cansino1918年10月17日 - 1987年5月14日)は、アメリカ合衆国ニューヨークブルックリン出身の女優。1940年代にセックス・シンボルとして一世を風靡した。

略歴[編集]

両親共にダンサーであり、彼女自身も12歳から舞台に立ち、十代のはじめには週に20ステージも踊っていた[1]

1935年にFOXと契約して映画デビューしたがすぐにフリーに戻り、しばらくしてコロムビアと契約。その時にスタジオから髪を赤毛に染めるように言われた(地毛は濃い茶色)[2][3]。また、生え際に電気処理を施して額を広くする処置も行った[4]

2年の間小さな役をこなした後、1939年、ハワード・ホークス監督の『コンドル』で注目を集める。その後、ジェームズ・キャグニー主演の『いちごブロンド』やタイロン・パワーの『血と砂』、フレッド・アステアと共演した『踊る結婚式』などでスターの座を掴む。豊かな赤毛がトレードマークの彼女は、テクニカラー作品によく映えた。

彼女の魅力が最も発揮された作品は1946年の『ギルダ』である。チャールズ・ヴィダー監督のフィルム・ノワールで彼女は運命の女ギルダを演じ、セックス・シンボルとして絶大な人気を誇った。1947年には$250,000の年俸と、出演映画の収益の50%の契約をコロムビアと結んだ[5]

私生活[編集]

プライベートではオーソン・ウェルズ(2番目の夫)やアーガー・ハーン3世の息子Prince Aly Khanなどと5回の結婚歴があり、娘が二人いる。1960年代からアルツハイマーを患い、1987年にその生涯を閉じた。

甥は声優のリチャード・カンシーノ

影響[編集]

スティーヴン・キングの小説『刑務所のリタ・ヘイワースRita Hayworth and Shawshank Redemption)』、及び映画化された『ショーシャンクの空に』の中で刑務所内でこの映画「ギルダ」が上映されるシーンがあり、彼女のポスターが重要なキーとなっている。2001年公開の『マルホランド・ドライブ』でも、「ギルダ」のポスターを見た副主人公が「リタ・・・・・・わたしの名前はリタよ」と名乗るシーンがある。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1935 ピラミッドの殺人
Charlie Chan in Egypt
ダンテの地獄篇
Dante's Inferno
踊り子
可愛いオディ
Paddy O'Day
タマラ
1936 完全犯罪
Meet Nero Wolfe
マリア
1937 テキサスは大騒ぎ
Trouble in Texas
カルメン
空のギャング
Criminals of the Air
リタ・オーウェンズ
1939 コンドル
Only Angels Have Wings
ジュディ
1940 ミュージック・イン・マイ・ハート
Music in My Heart
パトリシア
紐育(ニューヨーク)の天使
Angels Over Broadway
ニナ
1941 いちごブロンド
Strawberry Blonde
ヴァージニア
血と砂
Blood and Sand
ドラ・ソル
踊る結婚式
You'll Never Get Rich
シェイラ・ウィンスロップ
1942 運命の饗宴
Tales of Manhattan
エセル
晴れて今宵は
You Were Never Lovelier
マリア
1944 カバーガール
Cover Girl
ラスティ・パーカー
1945 今宵よ永遠に
Tonight and Every Night
ロザリンダ・ブルース
1946 ギルダ
Gilda
ギルダ
1947 地上に降りた女神
Down to Earth
テルプシコラー/キティ
上海から来た女
The Lady from Shanghai
エルザ・バニスター
1948 カルメン
The Loves of Carmen
カルメン
1952 醜聞殺人事件
Affair in Trinidad
クリス
1953 情炎の女サロメ
Sarome
サロメ
雨に濡れた欲情
Miss Sadie Thompson
サディ・トンプソン
1957 海の荒くれ
Fire Down Below
イレーナ
夜の豹
Pal Joey
ヴェラ
1958 旅路
Separate Tables
アン・シャンクランド
1959 コルドラへの道
They Came to Cordura
アデレード
1962 楽しい泥棒日記
The Happy Thieves
エヴァ・ルイス
1964 サーカスの世界
Circus World
リリ・アルフレド
1965 銭の罠
The Money Trap
ロザリー
1966 悪のシンフォニー
Poppies Are Also Flowers
モニーク テレビ映画
1967 残虐の掟
L'avventuriero
カテリナ
1968 バスタード
I Bastardi
マーサ
1970 渚の果てにこの愛を
Road to Salina
マーラ
1972 サンタマリア特命隊
The Wrath of God
デ・ラ・プラタ

参照[編集]

  1. ^ Gerald Clarke. "The All-American Love Goddess." Time. May 25, 1987. Accessed June 4, 2009.
  2. ^ The early years
  3. ^ "Hayworth Dies at 68." Reuters. May 17, 1987.
  4. ^ Rita Hayworth:Hispanics You Should Know
  5. ^ Hedda Hopper, "Looking at Hollywood," AP, Oct. 22, 1947. Accessed June 4, 2009.

外部リンク[編集]