コンドル (1939年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンドル
Only Angels Have Wings
ボニー・リー役のジーン・アーサー
監督 ハワード・ホークス
脚本 ジュールス・ファースマン
原案 ハワード・ホークス[1]
製作 ハワード・ホークス[1]
出演者 ケーリー・グラント
ジーン・アーサー
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 ジョセフ・ウォーカー
編集 ヴィオラ・ローレンス
製作会社 コロンビア映画
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1939年5月15日
日本の旗 1940年2月
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
テンプレートを表示

コンドル』(Only Angels Have Wings)は、1939年アメリカ合衆国の映画

ハワード・ホークスのオリジナルストーリー『Plane from Barranca[1]をホークス自ら監督して映画化した航空映画である。

あらすじ[編集]

ニューヨークのショーガール、ボニー・リーは南米での巡業を終えてパナマへ帰る途中、エクアドルの港町バランカに立ち寄る。そこで彼女は、地元で郵便運搬を行なっている小さな航空会社のパイロットたちと知り合う。ボニーは、彼らの命がけの仕事ぶりに驚くとともに、彼らを指揮しているジェフに強く惹かれる。そして乗るはずだった船を見送り、次の船が来るまでの1週間、そこに留まることにする。 翌日、新しく雇われたパイロット、バット・マクファーソンがやって来る。しかしマクファーソンが、同乗した機関士を見捨てて見殺しにしたことのある悪名高きキルガロンだと知ると、パイロットたちは猛烈に反発する。しかもその見殺しにされた機関士は、ベテランパイロット、キッドの弟で、キッドはキルガロンを激しく憎んでいた。そして、キルガロンが連れて来た妻はジェフのかつての恋人ジュディだった。

登場人物[編集]

受賞・ノミネート[編集]

第12回アカデミー賞において撮影賞(白黒作品)特殊効果賞の2部門にノミネートされた(受賞はならず)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Only Angels Have Wings (1939) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]