リチャード・バーセルメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Richard Barthelmess
リチャード・バーセルメス
リチャード・バーセルメス
宣材写真(1934年)
本名 Richard Semler Barthelmess
生年月日 1895年5月9日
没年月日 1963年8月17日(満68歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州サウサンプトン
身長 175 cm
職業 俳優
ジャンル サイレント映画
活動期間 1916年 - 1942年
配偶者 メアリー・ヘイ(1920年 - 1927年)
ジェシカ・スチュアート・サージェント(1928年 - 1963年)
主な作品
散り行く花』(1919年)
東への道』(1920年)

リチャード・バーセルメスRichard Barthelmess, 1895年5月9日 - 1963年8月17日)は、アメリカ合衆国俳優。主にサイレント期に活躍したスター。映画芸術科学アカデミーを創立した36人の会員の1人であり、第1回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

略歴[編集]

1895年ニューヨーク市に生まれるが、すぐに父を亡くす。母キャロリン・ハリスが舞台女優だったことから、幼いときから劇場で働き、通行人役などで舞台に立つようになる。その後、アマチュア劇団などの舞台にも立つ。

母の友人でロシア出身の女優アラ・ナジモヴァに勧められ、1916年連続活劇Gloria's Romance』にエキストラとして出演。更に、同年の映画『War Brides』でナジモヴァの相手役を演じた。これが巨匠D・W・グリフィスの目に留まり、『散り行く花』(1919年)と『東への道』(1920年)の2作で当時の大スター、リリアン・ギッシュの相手役を務める。

熱血拳闘手』(1927年)と『獄中日記』(1928年)の2作で第1回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされる(受賞はならず)。

トーキーの時代に入ると、数年のうちは多くの映画に主演したものの、演技がトーキーに合わなかったために、1930年代中頃には半ば引退状態になる。1939年に脇役として復帰した『コンドル』で印象的な演技を見せたものの、その後は数本の映画に出演するのみとなる。

1942年アメリカ海軍予備兵として入隊し、海軍少佐として第二次世界大戦に従軍する。しかし、戦争が終わった後も俳優に復帰することはなく、ロングアイランドに隠居して不動産投資で生計を立てるようになる。

1963年で死去。

主な出演作品[編集]

乗合馬車』(1921年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]