ケーリー・グラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cary Grant
ケーリー・グラント
ケーリー・グラント
1941年
本名 アーチボルド・アレクサンダー・リーチ
(Archibald Alexander Leach)
別名 アーチー・レンチ
生年月日 1904年1月18日
没年月日 1986年11月29日(満82歳没)
出生地 イギリスの旗 イギリス ブリストル
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アイオワ州ダベンポート
国籍 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
活動期間 1932年 - 1966年
配偶者 ヴァージニア・チェリル(1934-1935)
バーバラ・ハットン(1942-1945)
ベッツィ・ドレイク(1949-1962)
ダイアン・キャノン(1965-1967)
バーバラ・ハリス(1981-1986)
家族 ジェニファー・グラント(娘)

ケーリー・グラントCary Grant, 1904年1月18日 - 1986年11月29日)は、イギリス出身の俳優

経歴[編集]

アーチボルド・アレグザンダー・リーチ(Archibald Alexander Leach)としてイギリスのブリストルで生まれ、混乱した不幸な幼年期を過ごす。ケーリーが9歳の時、母親が精神疾患が原因で行方不明となり、父親はケーリーに真実を話さなかった。ケーリーが母親の生存を知ったのは、ケーリーが31歳になってからのことであった[1]。父親はケーリーが10歳の時に息子を捨て、後に別の女性と再婚してしまう[2]。母親の失踪は、以後ケーリーの私生活(特に女性関係)や秘密主義に影響し、それはまた魅力ともなった。そのような特質はケーリーの演技に直接現れ、アルフレッド・ヒッチコック作品などで垣間見ることができる。

ケーリーはその不幸な幼年期の経験から賞賛と注目を渇望するようになり、人々の目を引きつける新しい人格を創り上げた。1918年にブリストルのフェアフィールド・スクールから放校処分を受けた後、ボブ・ペンダー演劇一座に加わる。ケーリーは一座と共に2年間のアメリカ公演旅行を行った。一座はイギリスに戻ったが、ケーリーはアメリカに留まった。ケーリーは俳優として独立し、上流階級のアクセントを混ぜたユニークなアクセントと人物像を作り出した。ブロードウェイのコメディで成功を収めた後、1931年ハリウッドでの仕事を得て[1]、「ケーリー・グラント」の芸名を使い始めた。

1932年には早くもジョセフ・フォン・スタンバーグの『ブロンド・ヴィナス』でマレーネ・ディートリッヒらと共演。1935年にはジョージ・キューカーの『男装』でキャサリン・ヘプバーンと共演。以後もジョージ・キューカーハワード・ホークスジョージ・スティーヴンススタンリー・ドーネンなどの監督作品で活躍した。1941年の『愛のアルバム』と1945年の『孤独な心』ではアカデミー主演男優賞にノミネートされたが、受賞はしていない。

また、アルフレッド・ヒッチコックのお気に入りで[3]、『断崖』『汚名』『泥棒成金』『北北西に進路を取れ』の4本に出演している。

1950年代には自身の制作会社「Granart Productions」を設立し配給も手掛けた。グラントは、スタジオ・システムを抜け出して成功した初めての俳優といえる[1]

俳優のローレンス・オリヴィエとは同じイギリス人の誼で長年、親交があった。ケーリーは「スター」、オリヴィエは「演技派」と評され、俳優としては別々な道を歩んだが、オリヴィエはグラントのことを「映画が始まってすぐに、演出に頼らず、観客に『この人のようになりたい!』と思わせることが出来る唯一の俳優」との賛辞を送っている。

スターでありながら大変な倹約家で、レストランではなく撮影所内の食堂で食事をした。また、撮影でホテル住まいになると、会社が用意した高級ホテルをキャンセルし、格下の普通ランクのホテルに滞在。その宿泊料の差額を正確に要求した。

1973年

1965年10月に映画『歩け走るな!』(引退作)の日本ロケで来日し、その後1971年にも来日している。

1970年アカデミー名誉賞を受賞。1986年アイオワ州ダベンポートでの劇場ショーのリハーサル中に倒れ、病院に運ばれたが脳卒中で急逝した。葬儀では火葬され、遺灰はカリフォルニア州の大地に撒かれた。

ハリウッドに所在するソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント内のダビングスタジオには、グラントの名を冠した「ケーリー・グラント・シアター(ケリー・グラント・シアター)」が所在する。

私生活[編集]

ランドルフ・スコットとの関係[編集]

1932年ランドルフ・スコットと出会い、12年間に渡る共同生活で友情を深めた。マーク・エリオットなど幾人かの伝記作家や当時の関係者は、彼らの関係が性的なもので、ケーリーはゲイだったと主張した[4][5][6]が、その真偽は明らかになっていない。後にテレビのインタビューでチェヴィー・チェイスがグラントとゲイに関するジョークを発言した際、グラントは発言に対して訴えを起こしている[7]

米国市民権[編集]

1942年6月26日にアメリカに帰化し、市民権を得る。

5度の結婚[編集]

結婚は5回している。

1934年に女優のヴァージニア・チェリルと結婚するが翌年離婚。

1942年に裕福な社交界の名士で大富豪であったバーバラ・ハットンと結婚した。ケーリーは2度目、バーバラは3度目の結婚であった。ケーリーは彼女の息子ランス・レベンスローの義理の父親となり、その生涯に影響を与えた。バーバラとの結婚により、「コニーアイランドのアイスクリーム売りが億万長者になった!」とゴシップ紙に書かれ、「私が貧しい育ちだからこんなことを書かれるのか」と衝撃を受けた。4年で結婚生活は終わったが、その間、バーバラに支払いを頼ることは一切しなかった。生涯で7回結婚したバーバラに後年、「私の資産を当てにしなかったのは、ケーリー・グラントだけ。そして、私の資産ではなく『私自身』を見てくれた男性も彼だけだった」と言わしめた。

1949年には女優のベッツィ・ドレイクと再婚。2人はグラントの生涯で最も長い結婚生活を送ったが、1962年に離婚した。

1965年には女優のダイアン・キャノンと駆け落ちし、翌年には娘ジェニファーが生まれるが、結婚生活はすでに破綻しており、最終的には1968年に離婚した。娘の親権についてその後10年もの間争うことになる。

1981年には、長年のパートナーであった47歳年下のバーバラ・ハリスと再婚した。

主な主演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1932 その夜
This Is the Night
スティーブン
明日は晴れ
Sinners in the Sun
リッジウェイ
悪魔と深海
Devil and the Deep
ジャッケル
ブロンド・ヴィナス
Blonde Venus
ニック・タウンゼント
七月の肌着
Hot Saturday
シェフィールド
お蝶夫人
Madame Butterfly
ピンカートン
1933 わたしは別よ
She Done Him Wrong
カミングス
鷲と鷹
The Eagle and the Hawk
ヘンリー
妾は天使ぢゃない
I'm Not Angel
ジャック・クレイトン
不思議の国のアリス
Alice in Wonderland
白い騎士
1934 濁流
Born to Be Bad
マルコルム・トレヴァー
1935 男装
Sylvia Scarlett
ジミー
1936 アメリカの恐怖
Big Brown Eyes
ダニー・バー
暁の爆撃隊
Suzy
アンドレ
結婚の贈物
Wedding Present
チャーリー・メソン
1937 間奏楽
When You're in Love
ジミー・ハドソン
天国漫歩
Topper
ジョージ
富豪一代
The Toast of New York
ニック・ボイド
新婚道中記
The Awful Truth
ジェリー
1938 赤ちゃん教育
Bringing Up Baby
デヴィッド
素晴らしき休日
Holiday
ジョニー・ケイス
1939 ガンガ・ディン
Gunga Din
カッター
コンドル
Only Angels Have Wings
ジェフ・カーター
1940 ヒズ・ガール・フライデー
His Girl Friday
ウォルター・バーンズ
ママのご帰還
My Favorite Wife
ニック
明日への戦ひ
The Howards of Virginia
マット・ハワード
フィラデルフィア物語
The Philadelphia Story
デクスター
1941 愛のアルバム
Penny Serenade
ロジャー・アダムス
断崖
Suspicion
ジョニー
1942 希望の降る街
The Talk of the Town
ジョセフ
恋の情報網
Once Upon a Honeymoon
パトリック・オトゥール
1943 ミスター・ラッキー
Mr. Lucky
ジョー・アダムス/ジョー・バスコポロウス
1944 此の蟲十万弗
Once Upon a Time
ジェリー・フリン
毒薬と老嬢
Arsenic and Old Lace
モーティマー・ブリュースター
孤独な心
None But the Lonely Heart
アーニー
1946 夜も昼も
Night and Day
コール・ポーター
汚名
Notorious
デヴリン
1947 独身者と女学生
The Bachelor and the Bobby-Soxer
ディック
気まぐれ天使
The Bishop's Wife
ダドリー
1948 ウチの亭主と夢の宿
Mr. Blandings Builds His Dream House
ジム・ブランディングス
恋はかくの如く
Every Girl Should Be Married
マディソン・ブラウン
1949 僕は戦争花嫁
I Was a Male War Bride
ヘンリ・ロチャード
1950 危機の男
Crisis
ユジーン・ノーランド・ファーガソン
1951 うわさの名医
People Will Talk
ノア・プレトリウス
1952 モンキー・ビジネス
Monkey Business
バーナビー・フルトン博士
1955 泥棒成金
To Catch a Thief
ジョン・ロビー
1957 めぐり逢い
An Affair to Remember
ニッキー
誇りと情熱
The Pride and the Passion
アンソニー
よろめき休暇
Kiss Them for Me
アンディ
1958 無分別
Indiscreet
フィリップ・アダムス
1959 月夜の出来事
Houseboat
トム・ウィンタース
北北西に進路を取れ
North by Northwest
ロジャー・O・ソーンヒル
ペティコート作戦
Operation Petticoat
マット・T・シャーマン
1960 芝生は緑
The Grass Is Greener
ヴィクター
1962 ミンクの手ざわり
That Touch of Mink
フィリップ
1963 シャレード
Charade
ピーター・ジョシュア
1964 がちょうのおやじ
Father Goose
ウォルター
1966 歩け走るな!
Walk Don't Run
ウィリアム

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ a b c Schwarz, Benjamin. "Becoming Cary Grant." The Atlantic, January/February 2007. Retrieved: January 18, 2011.
  2. ^ "Cary Grant's LSD gateway to God." smh.com.
  3. ^ Nelson and Grant 1992, p. 325.
  4. ^ [1]
  5. ^ Blackwell, Vernon Patterson. From Rags to Bitches: An Autobiography. Los Angeles: General Publishing Group Inc., 1995. ISBN 1-881649-57-1.
  6. ^ Higham and Moseley 1989.
  7. ^ Eliot, Marc. Cary Grant: The Biography. New York: Harmony Books, 2004. ISBN 1-4000-5026-X.

外部リンク[編集]