リオ・ブラボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リオ・ブラボー
Rio Bravo
監督 ハワード・ホークス
脚本 ジュールス・ファースマン
リイ・ブラケット
原作 B・H・マッキャンベル
製作 ハワード・ホークス
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 ラッセル・ハーラン
編集 フォーマー・ブラングステッド
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年3月18日
日本の旗 1959年4月22日
上映時間 141分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

リオ・ブラボー』(Rio Bravo)は、ハワード・ホークス監督、ジュールス・ファースマンとリイ・ブラケット脚本、ジョン・ウェイン主演の1959年の西部劇映画。原作はB・H・マッキャンベルの短編小説。

あらすじ[編集]

メキシコとの国境に近いテキサスの町で保安官のチャンス(ジョン・ウェイン)は、殺人犯ジョーを確保したが、この地方の勢力家でジョーの兄・バーデットが、保安官にジョーの身柄を移動させないよう部下に命じて町を封鎖したため、チャンスは連邦保安官が来るまでわずかな味方とともにバーデット一味と戦うことになる。チャンスの味方となるのはアル中の保安官補デュード(ディーン・マーティン)、年寄りの牢屋番スタンピー(ウォルター・ブレナン)、早撃ちの若者コロラド(リッキー・ネルソン)、そして女賭博師で踊り子のフェザーズ(アンジー・ディキンソン)。孤立した彼らの耳に聞こえるのは敵が一晩中流す『皆殺しの歌』だった。

解説[編集]

本作はフレッド・ジンネマンの『真昼の決闘』に描かれた保安官の姿に不満を持ったハワード・ホークスとジョン・ウェインが『真昼の決闘』へのアンチ・テーゼとして制作したといわれている。

力強い保安官と彼を助ける仲間たちを描いた、歌あり、恋ありの痛快西部劇で、歌手としても有名なディーン・マーティンとロックンロール歌手であるリッキー・ネルソンが二人で『ライフルと愛馬』を歌うシーンがある。 『ライフルと愛馬』は本作と同じくハワード・ホークス監督、ディミトリ・ティオムキン音楽、ジョン・ウェイン主演の1948年の映画『赤い河』で使用された曲である。

『皆殺しの歌』はメキシコ軍がアラモの砦を攻撃する前に流したといわれる『DE GUELLO』を元にディミトリ・ティオムキンが作曲したもので、翌1960年にジョン・ウェインが監督・主演した『アラモ』でも使用された。

キャスト[編集]

役名 俳優
日本語版1 日本語版2 日本語版3
ジョン・T・チャンス ジョン・ウェイン 小林昭二 納谷悟朗 小林昭二
デュード ディーン・マーティン 羽佐間道夫 広川太一郎
コロラド・ライアン リッキー・ネルソン 前川功人 古谷徹 富山敬
フェザーズ アンジー・ディキンソン 富永美沙子 武藤礼子 鈴木弘子
スタンピー ウォルター・ブレナン 槐柳二 千葉耕市
ネイザン ジョン・ラッセル 西田昭市
ジョー クロード・エイキンス 小林清志
カルロス ペドロ・ゴンザレス=ゴンザレス 増岡弘
パット ワード・ボンド 寄山弘 雨森雅司
演出:春日正伸、翻訳:山田小夜子、調整:山田太平、効果:PAG、製作:日米通信社、配給:ワーナー・ブラザーズ

エピソード[編集]

本作でジョン・ウェインが使用したショットガンは、後のマカロニ・ウェスタン映画であるセルジオ・レオーネ監督作品である『ウエスタン』の冒頭シーンに登場するウディ・ストロード演じるガンマンのストーニーの武器として使用されている。

外部リンク[編集]