ジョン・ウェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
John Wayne
ジョン・ウェイン
ジョン・ウェイン
本名 Marion Robert Morrison
生年月日 1907年5月26日
没年月日 1979年6月11日(満72歳没)
出生地 アイオワ州ウィンターセット
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
配偶者 ジョゼフィン・アリシア・シーンズ (1933–1945)
エスペランザ・バウアー (1946–1953)
パイラー・パレット (1954–1979)

ジョン・ウェインJohn Wayne,1907年5月26日 - 1979年6月11日)は、アメリカ俳優映画プロデューサー映画監督。「デューク」(Duke)の愛称で呼ばれた。本名はマリオン・ロバート・モリソン(Marion Robert Morrison)。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ジョン・ウェインはアイオワ州ウィンターセットで生まれ、マリオン・ロバート・モリソンと命名された。実家は薬屋で、薬剤師の息子でもある。しかし両親が彼の弟をロバートと名付けることを決め、マリオン・マイケル・モリソンと名付けられた。一家は1911年カリフォルニア州グレンデールに転居したが、ウェインはどこへ行くにもエアデール・テリアの「リトル・デューク」を連れていたため、隣人が「ビッグ・デューク」と呼び始めた[1][2]。以後ずっとウェインは愛称「デューク」を本名の「マリオン」より好んでいたという。

高校卒業後海軍兵学校へ出願するが入校できず、南カリフォルニア大学に入学した。そこで彼は伝説のコーチ、ハワード・ジョーンズの下、フットボールに取り組んだ。しかし水泳中に負った怪我が元で競技生命が絶たれてしまう。彼は怪我の原因が明らかになった時のジョーンズの反応を恐れたと後に記している。

ハリウッド[編集]

大学在学中、ウェインは田舎の映画スタジオで働き始めた。西部劇のスター、トム・ミックスはフットボールのチケットと交換に夏の間、大道具係の仕事を彼に世話してやった。ウェインは大道具係から1928年には映画の端役に選ばれ、1930年、ウェインの最初のクレジット入り映画であるラオール・ウォルシュ監督の超大作『ビッグ・トレイル』に主役として抜擢された。

ウオルシュがアメリカ独立戦争での将軍、"マッド・アンソニー"・ウェインから取った「ジョン・ウェイン」の芸名を彼に与えた。当初はそのままアンソニー・ウェインの芸名を与える予定だったが、「イタリア風に聞こえる」という指摘があったために名をアメリカ風の「ジョン」と改めたのである[3]。『ビッグ・トレイル』は商業的に失敗し、ウェインは『駅馬車』がヒットするまでの間、B級活劇専門俳優として長い不遇の時代を過ごした。しかしその間に、射撃乗馬格闘技を修得。不遇期間に主演したなかには『歌うカウボーイ、シンギング・サンディシリーズ』などというものもあり、馬にのりながら歌うシーンが残っている。

ジョン・フォードとの出会い[編集]

1939年、端役時代から友情を固めていたジョン・フォード監督の大ヒット作『駅馬車』に主演。やがてウェインはヘンリー・フォンダと並んでフォード作品の看板役者となる。[4]その後も多くの作品を生み出し、幾つかはウェインの代表作となった。続く35年間で『アパッチ砦』、『黄色いリボン』、『リオ・グランデの砦』、『静かなる男』、『捜索者』、『荒鷲の翼』、『リバティ・バランスを射った男』と言ったフォードの映画20作以上に出演した。

ウェインは多くの戦争映画に出演し「アメリカの英雄」として賞賛されたが、現実には兵役には就かなかった。1940年徴兵が復活し、1945年第二次世界大戦が終了するまでウェインはハリウッドに残って21作の映画に出演した。1941年真珠湾攻撃当時、彼は34歳で徴兵の該当年齢であったが、家族依存の理由で3-Aに分類され徴兵猶予を申請し受理された。これには国中の興味が集まり、後に2-Aに変更された。

ウェインは西部劇や戦争映画に、俳優としての信念を賭けていたため、強く英雄的な役割を多く演じ、逞しく深みのあるヒーロー像を築いていった。生涯出演した154本もの映画のうち、79本は西部劇であった。その一方でコメディ映画やNBCのコメディ『ラフ・イン』にピンクのウサギの着ぐるみで出演するなどユーモアの感覚も持ち合わせていた。

スター[編集]

1948年ハワード・ホークス監督『赤い河』の大ヒットにより、翌年初めてボックス・オフィス・スターの4位にランクインし、名実共にスターの座を獲得。以後20年以上、ベスト10の座を守り続けた。

一方で自他ともに認める愛国主義者である彼は、リベラル思考の観客からは典型的タカ派俳優として非難の対象ともなり、特にベトナム戦争が泥沼化した一時期には人気を落としたが、それに対抗するように製作・監督・主演兼任で映画『グリーン・ベレー』を完成させ、ベトナムで特殊作戦に従事するアメリカ兵を描いた。

多くの作品に出演したウェインは『硫黄島の砂』で主演男優賞、監督した『アラモ』で最優秀作品賞と2度のアカデミー賞ノミネートを受けていた。だが、そんな中ウェインは1964年肺癌を宣告され、片肺を失うも闘病を宣言して俳優活動を続けていった。そして1969年の『勇気ある追跡』で粗野で酒飲みな隻眼の保安官を演じ、ようやく最優秀主演男優賞を受賞した。念願のオスカーを手にしたウェインは人気を取り戻し、以後遺作となった『ラスト・シューティスト』まで精力的に活躍した。

また、俳優時代には俳優組合長も務めていた。

死去[編集]

ウェインは胃癌の悪化で1979年5月1日よりカリフォルニア州ニューポートビーチカリフォルニア大学ロサンゼルス校医療センターに入院し治療を続けていたが、72歳の誕生日を迎えて17日目の6月11日午後5時35分(日本時間12日午前9時35分)に死去した。ウェインの遺体はカリフォルニア州オレンジ郡のコロナ・デル・マールにあるパシフィック・ビュー・メモリアル・パーク墓地に埋葬された。

日本でも、毎日新聞に『ミスター・アメリカ死す』を始め、大きな見出しで出された。アメリカ各地で半旗が掲げられた。

入院期間中の6月5日には当時アメリカ大統領だったジミー・カーターがウェインの見舞いに訪れた。現職の大統領が映画俳優を見舞うのは異例のことであった。

ウェインの死因である癌の原因の一つとして、ネバダ核実験場の100マイル風下で『征服者』の撮影が行われたことを挙げる者もある[5]

葬儀に際し、次期アメリカ大統領となったロナルド・レーガン(ハリウッド俳優出身)は、「実生活でも卓越した巨人だった。体躯、態度、信念に不屈の強さを感じた。思いやりのある誠実な人柄は、利己的なハリウッドではめったにお目にかかれぬ存在だ」と語った。

私生活[編集]

  • ウェインはジョゼフィン・アリシア・シーンズ、エスペランザ・バウアー、パイラー・パレットと3回結婚した。ウェインにはジョゼフィンとの間に4人、パイラーとの間に3人の子供がいた。最も有名なのは俳優のパトリック・ウェインである。ウェインの子供のうち1人を除いて全員が映画俳優となった。
  • フリーメイソンの会員で、マリオン・マクダニエル・ロッジNo.56(Marion McDaniel Lodge No.56)に入会していた[6]
  • 大変な酒豪であり「船を浮かべるほど、日にリットル単位」で飲んでいたが、アルコールが入った状態で仕事をした事は一度もない。

主な出演作品[編集]

捜索者(The Searchers、1956年)のスクリーン・ショット
公開年 邦題
原題
役名 備考
1929 最敬礼
Salute
ビル
1930 ビッグ・トレイル
The Big Trail
ブレック・コールマン
1931 娘三人記
Three Girls Lost
ゴードン
アリゾナ
Arizona
ボブ・デントン
鉄腕ジョーンズ
The Range Feud
クリント・ターナー
1932 テキサスの旋風
Texas Cyclone
スティーヴ・ピケット
歓呼の涯
Lady and Gent
バズ
テキサスの若武者
Ride Him, Cowboy
ジョン
アリゾナ・ギャング
The Big Stampede
ジョン・スティール保安官
1933 討伐隊
The Telegraph Trail
ジョン・トレント
砂漠の三銃士
The Three Musketeers
トム・ウェイン
紅唇罪あり
Baby Face
ジミー・マッコイJr
1934 大山脈の西
West of the Divide
テッド・ハイドン
ブルースチール
Blue Steel
ジョン
快男児ランディ
Randy Rides Alone
ランディ
スター・パッカー
The Star Packer
ジョン・トラヴァーズ
遥かなる旅
The Trail Beyond
ロッド・ドリュー
ユタから来た男
The Man from Utah
ジョン・ウエストン
無法辺境地帯
The Lawless Frontier
ジョン・トビン
アリゾナの空の下で
'Neath the Arizona Skies
クリス・モレル
1935 テキサスの恐怖
Texas Terror
ジョン・ヒギンズ
夜明けの男
The Dawn Rider
ジョン・メイソン
パラダイスキャニオン
Paradise Canyon
ジョン・ワイアット
1936 沿岸警備隊
Sea Spoilers
ボブ・ランダル
1937 猛獣国横断
I Cover the War
ボブ・アダムス
荒原の激闘
Born to the West
1939 駅馬車
Stagecoach
リンゴ・キッド
アリゲニー高原の暴動
Allegheny Uprising
ジム・スミス
暗黒の命令
Dark Command
ボブ・シートン
1940 果てなき航路
The Long Voyage Home
オーレ・オルセン
妖花
Seven Sinners
ダン・ブレット
1941 暴力街
A Man Betrayed
リン・ホリスター
1942 或る夜の貴婦人
Lady for a Night
ジャクソン・モーガン
絶海の嵐
Reap the Wild Wind
ジャック・スチュワート
スポイラース
The Spoilers
ロイ
西部の顔役
In Old California
トム・クレイグ
フライング・タイガー
Flying Tigers
ジム・ゴードン
男性都市
Pittsburgh
ピッツバーグ・マーカム
再会のパリ
Reunion in France
パット・タルボット
1943 西部を駆ける恋
A Lady Takes a Chance
デューク
硝煙の新天地
In Old Oklahoma
ダニエル・F・ソマーズ
1944 血戦奇襲部隊
The Fighting Seabees
ウエッジ・ドノヴァン
拳銃の町
Tall in the Saddle
ロックリン 兼製作
1945 炎の街
Flame of Barbary Coast
デューク・ファーガス
バターンを奪回せよ
Back to Bataan
ジョセフ・マッデン
ダコタ荒原
Dakota
ジョン・デヴリン
コレヒドール戦記
They Were Expendable
ラスティ・ライアン
1946 恋愛超特急
Without Reservations
ラスティ
1947 拳銃無宿
Angel and the Badman
クワート・エヴァンス 兼製作
タイクーン
Tycoon
ジョニー
1948 アパッチ砦
Fort Apache
カービー・ヨーク大尉
赤い河
Red River
トーマス・ダンソン
三人の名付親
3 Godfathers
ボブ・ハイタワー
怒涛の果て
Wake of the Red Witch
1949 ケンタッキー魂
The Fighting Kentuckian
ジョン・ブリーン
黄色いリボン
She Wore a Yellow Ribbon
ネイサン・ブリトルス
硫黄島の砂
Sands of Iwo Jima
ジョン・M・ストライカー アカデミー主演男優賞ノミネート
1950 リオ・グランデの砦
Rio Grande
カービィ・ヨーク少佐
1951 太平洋作戦
Flying Leathernecks
ダン・カービィ
1952 静かなる男
The Quiet Man
ショーン・ソーントン
ハワイの陰謀
Big Jim McLain
ジム
1953 勝負に賭ける男
Trouble Along the Way
スティーヴ
男の叫び
Island in the Sky
ドゥーリイ
ホンドー
Hondo
ホンドー・レイン
1954 紅の翼
The High and the Mighty
ダン・ローマン
1955 男の魂
The Sea Chase
カール・エーリッヒ
中共脱出
Blood Alley
トム・ワイルダー
征服者
The Conqueror
テムジン
1956 捜索者
The Searchers
イーサン・エドワーズ
荒鷲の翼
The Wings of Eagles
フランク・ウィード
1957 ジェット・パイロット
Jet Pilot
ジム・シャノン
失われたものゝ伝説
Legend of the Lost
ジョー・ジャニュアリー
1958 黒船
The Barbarian and the Geisha
タウンゼント・ハリス
1959 リオ・ブラボー
Rio Bravo
ジョン・T・チャンス
騎兵隊
The Horse Soldiers
ジョン・マーロウ
1960 アラモ
The Alamo
デイビー・クロケット 監督・製作
アラスカ魂
North to Alaska
サム・マコード
1961 コマンチェロ
The Comancheros
ジャック・カッター 監督・出演
1962 リバティ・バランスを射った男
The Man Who Shot Liberty Valance
トム
ハタリ!
Hatari!
ショーン
史上最大の作戦
The Longest Day
ベンジャミン・バンダーボルト中佐
西部開拓史
How the West Was Won
ウィリアム・シャーマン将軍
1963 ドノバン珊瑚礁
Donovan's Reef
マイケル・ドノバン
マクリントック
McLintock!
ジョージ・ワシントン・マクリントック
1964 サーカスの世界
Circus World
マット・マスターズ
1965 偉大な生涯の物語
The Greatest Story Ever Told
処刑部隊百人隊隊長
危険な道
In Harm's Way
ロックウェル・トリー大佐
エルダー兄弟
The Sons of Katie Elder
ジョン・エルダー
1966 巨大なる戦場
Cast a Giant Shadow
マイク・ランドルフ
エル・ドラド
El Dorado
コール・ソーントン
1967 戦う幌馬車
The War Wagon
トウ・ジャクソン
1968 グリーンベレー
The Green Berets
カービー 監督も
ヘルファイター
Hellfighters
チャンス・バックマン
1969 勇気ある追跡
True Grit
ルースター・コグバーン アカデミー主演男優賞 受賞
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) 受賞
大いなる男たち
The Undefeated
ジョン・ヘンリー・トーマス
1970 チザム
Chisum
ジョン・チザム
リオ・ロボ
Rio Lobo
コード・マクナリー
1971 100万ドルの血斗
Big Jake
ジェイコブ・マッキャンドルズ
1972 11人のカウボーイ
The Cowboys
アル・アンデルセン
1973 大列車強盗
The Train Robbers
レイン
ビッグケーヒル
Cahill U.S. Marshal
J・D・ケーヒル
1974 マックQ
McQ
ロン・マックQ警部補
1975 ブラニガン
Brannigan
ブラニガン警部補
オレゴン魂
Rooster Cogburn
ルーベン・J・“ルースター”コグバーン
1976 ラスト・シューティスト
The Shootist
J・B・ブックス

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1969年 アカデミー主演男優賞:『勇気ある追跡
ノミネート
1949年 アカデミー主演男優賞:『硫黄島の砂
1960年 アカデミー作品賞:『アラモ

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1953年
1966年 セシル・B・デミル賞
1970年 主演男優賞 (ドラマ部門):『勇気ある追跡

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Roberts, Randy, and James S. Olson. John Wayne: American. New York: Free Press, 1995 ISBN 978-0029238370, p. 37
  2. ^ Munn, Michael. John Wayne: The Man Behind the Myth. London: Robson Books, 2003 ISBN 0-451-21244-4, p. 7
  3. ^ Roberts & Olson, p. 84.
  4. ^ フォンダが静かで理知的かつ真面目な役をするのに対し、ウェインはアクティブかつ粗野で乱暴な野性的な役を担当する事が多かった。
  5. ^ 広瀬隆『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』 文藝春秋(のち文春文庫)、ISBN 9784163424903
  6. ^ Freemasons M-Z

外部リンク[編集]