リッキー・ネルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッキー・ネルソン
リッキー・ネルソン(オクラホマのコンサート会場にて)
リッキー・ネルソン
(オクラホマのコンサート会場にて)
基本情報
出生名 エリック・ヒリアード・ネルソン
別名 リック・ネルソン
出生 1940年5月8日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州ティーネック
死没 1985年12月31日(満45歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州デ・カルブ
ジャンル ロックンロール
ポップ・ミュージック
ロカビリー
カントリー・ミュージック
フォーク・ミュージック
職業 歌手
俳優
活動期間 1952年 - 1985年
レーベル インペリアル・レコード
デッカ・レコード
エピック・レコード
キャピトル・レコード
公式サイト 公式サイト (英語)

リッキー・ネルソンRicky Nelson, 1940年5月8日 - 1985年12月31日)は、アメリカのミュージシャン、俳優リック・ネルソン(Rick Nelson)とも呼ばれる。本名はエリック・ヒリアード・ネルソン(Eric Hilliard Nelson)。

来歴[編集]

ニュージャージー州ティーネックで、バンドリーダーのオジー・ネルソン英語版女優ハリエット・ネルソン英語版の次男として生まれる。兄のデヴィッド・ネルソンは、後に俳優および映画監督となる。

まだ10歳にも満たなかった1949年より、ネルソンは両親および兄とともにラジオ番組「The Adventures of Ozzie and Harriet」に出演し、同番組は1952年から1966年までテレビで放映された[1]。また、個人としてはオムニバス映画『三つの恋の物語』(1953年公開)に出演している[2]

さらに、ネルソンはロックンロール歌手としても活動。1957年4月に初のシングルを発表すると、収録されていた2曲(「ア・ティーンエイジ・ロマンス」と、ファッツ・ドミノのカヴァー「アイム・ウォーキン」)が両方とも全米トップ5入りを果たした[3]。1958年には「プア・リトル・フール」が全米1位を獲得[4]

ネルソンは、1950年代末期以降は俳優としても活動した。1959年には『リオ・ブラボー』で6年ぶりの映画出演を果たし[5]、さらに1960年には、映画『南太平洋ボロ船作戦』で準主役として出演している[6]

6作目のアルバム『Rick Is 21』(1961年)以降、ネルソンは「リック・ネルソン」名義で音楽活動をするようになった[3]。同アルバムからは、シングル「トラヴェリン・マン」が全米1位を獲得したのみならず、B面の「ハロー・メリー・ルー」も全米トップ10入りを果たした[7]。1964年には「フォー・ユー」が全米6位に達するが、その後の1960年代後半は、シングル・ヒットに恵まれなくなる[4]

1960年代後半になるとカントリーに傾倒し、その後、ストーン・キャニオン・バンドというカントリーロック・バンドを結成。ストーン・キャニオン・バンドを従えて行われた1969年12月13日の公演(1970年発売のライヴ・アルバム『リック・ネルソン・イン・コンサート』に収録)には、後にイーグルスで活動するランディ・マイズナーがバンドの一員として参加した[8]。1970年にはウィリー・ネルソンの楽曲を取り上げたアルバム『Rick Sings Nelson』を発表。1971年のアルバム『Rudy the Fifth』には、再びマイズナーが参加した。1972年にはアルバム『ガーデン・パーティー』からのシングル「ガーデン・パーティー」が、全米6位のヒットを記録して、ネルソンの生涯における最後の全米トップ10シングルとなった[4]

1975年、キース・ムーンのソロ・アルバム『Two Sides of the Moon』にゲスト参加[9]。同年にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を獲得した[10]

1981年、キャピトル・レコード移籍第1弾アルバム『Playing to Win』発表。純粋な意味での新作スタジオ・アルバムは、これが最後となった[11]。1985年12月31日、チャーターした飛行機DC-3アラバマ州ガンターズヴィルからテキサス州ダラスへ向かうが、飛行機事故によってネルソンは45歳で死去。さらに、この事故によってネルソンの当時の婚約者、バンドのメンバー4人、バンドのロード・マネージャーも死去した[1]

死後の1987年にロックの殿堂入りした[12]

家族[編集]

1963年に女優のクリスティン・ハーモンと結婚し、4人の子供に恵まれるが、1982年に離婚[13]。長女のトレイシーは、まだ5歳にも満たなかった1968年に映画デビューし[14]、1980年代以降は女優として多くのテレビ番組や映画に出演。双子の息子であるマシューとガナーは、ハードロック・バンド「ネルソン」の中心メンバーとなり、1990年に発表されたデビュー・アルバム『アフター・ザ・レイン』がミリオン・ヒットとなった[15]

ディスコグラフィ[編集]

日本語表記の併記されていないアルバムは、2011年11月現在日本未CD化。

スタジオ・アルバム[編集]

  • Ricky(1957年)
  • Ricky Nelson(1958年)
  • Ricky Sings Again(1959年)
  • Songs by Ricky (Ricky Sings Spirituals)(1959年)
  • More Songs by Ricky(1960年)
  • リック・イズ21 - Rick Is 21(1961年)
  • Album Seven by Rick(1962年)
  • For Your Sweet Love(1963年)
  • Rick Nelson Sings "For You"(1964年)
  • ザ・ヴェリー・ソート・オブ・ユー - The Very Thought of You(1964年)
  • スポットライト・オン・リック - Spotlight on Rick(1965年)
  • Best Always(1965年)
  • Love and Kisses(1965年)
  • ブライト・ライツ&カントリー・ミュージック - Bright Lights & Country Music(1966年)
  • Country Fever(1967年)
  • Another Side of Rick(1967年)
  • Perspective(1969年)
  • Rick Sings Nelson(1970年)
  • Rudy the Fifth(1971年)
  • ガーデン・パーティー - Garden Party(1972年)
  • ウィンドフォール - Windfall(1974年)
  • Intakes(1977年)
  • Playing to Win(1981年)

ライヴ・アルバム[編集]

  • リック・ネルソン・イン・コンサート - In Concert: The Troubadour, 1969(1970年)
  • Live, 1983 - 1985(1986年)

サウンドトラック[編集]

  • オン・ザ・フリップ・サイド - On the Flip Side(1966年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]