ウィリー・ネルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリー・ネルソン
基本情報
出生名 ウィリー・ヒュー・ネルソン
別名 Red Headed Stranger
出生 1933年4月29日(80歳)[1]
ジャンル Country, Progressive country, country rock, outlaw country, alternative country, vocal pop
職業 シンガー・ソングライター、プロデューサー、俳優、活動家
担当楽器 Vocals, guitar
活動期間 1956 – 現在
レーベル Liberty, RCA, アトランティック, コロムビア, アイランド, Justice Records, ロスト・ハイウェイ レガシー・レコーディングス
共同作業者 ウェイロン・ジェニングス, ザ・ハイウェイマン, ジョニー・キャッシュ, クリス・クリストファーソン
著名使用楽器

"Trigger" (Martin N-20)

A signature penned in black ink
Signature of Willie Nelson

{{{Influences}}}

ウィリー・ネルソン(Willie Hugh Nelson、1933年4月30日-)はアメリカシンガーソングライターギタリスト俳優

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第88位[2]。2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第77位。

略歴[編集]

テキサス州出身。ベイラー大学中退。1950年代から音楽活動を始める。当初はカントリー・ミュージック・ミュージシャン、作曲家としての仕事が主だった。1960年代後半のヒッピー・ムーブメントに強い影響を受け、同時にさまざまな音楽性を吸収する。

1975年のシングル「雨の別離」(原題:Blue Eyes Crying in the Rain)は、ビルボード誌のカントリー・チャートで1位を獲得し、グラミー賞のベスト・カントリー・ボーカル(男性)部門を受賞。1970年代半ばからはウェイロン・ジェニングスをパートナーとして活動するようになり、数々のヒットを放つ。独特の鼻にかかった歌声、保守的なカントリー界にあってヒッピー的なスタイル、雑多な音楽性は異彩を放ち、保守的な従来のカントリーの主流だったナッシュビルからは異端児と見られ、彼の音楽は「アウトロー・カントリー」と呼ばれた。

ウィリー・ネルソンといえばポップなカントリーの象徴と見做されることも多いが、フォークやロックのミュージシャンとの交流に見られるようにクロスオーバーな活動を続けたことにより、多くのミュージシャンからの尊敬を集めている。

1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのブリッジ部分でリードボーカルをとった。また同年、ニール・ヤングやトム・ペティ、ジョン・メレンキャンプ、ジョン・フォガティ、ボブディランらとともに、新自由主義のレーガン政権の農業政策により困窮するアメリカの農家のためのチャリティーイベント、「ファーム・エイド」を開催した。またネルソン自身、大学では農業を学んだほか、ヒッピー思想も相まって自然志向が強い。バイオディーゼルの普及活動にも取り組んでいる。

2009年現在、ハワイ州マウイ島に住んでいる。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • ... And Then I Wrote (LP) Liberty 1962
  • Here's Willie Nelson (LP) Liberty 1963
  • Country Willie - His Own Songs RCA Victor 1965
  • Live Country Music Concert RCA Victor 1966
  • Country Favorites - Willie Nelson Style RCA Victor 1966
  • The Party's Over RCA Victor 1967
  • Make Way For Willie Nelson RCA Victor 1967
  • Good Times RCA Victor 1969
  • My Own Peculiar Way ‎ (LP) RCA Victor 1969
  • Columbus Stockade Blues RCA 1970
  • Both Sides Now RCA 1970
  • Laying My Burdens Down (LP) RCA Victor 1970
  • Yesterday's Wine RCA 1971
  • The Words Don't Fit The Picture (LP, Dyn) RCA 1972
  • Shotgun Willie Atlantic 1973
  • Phases And Stages Atlantic 1974
  • Red Headed Stranger CBS 1975
  • I Gotta Get Drunk-Live RCA 1976
  • The Sound In Your Mind Columbia 1976
  • The Troublemaker CBS 1976
  • Waylon Jennings, Willie Nelson, Jessi Colter, Tompall Glaser - Wanted! The Outlaws RCA Victor 1976
  • Waylon Jennings, Willie Nelson, Jessi Colter, Tompall Glaser - Wanted! The Outlaws ‎ (LP, Album) RCA Victor 1976
  • The Sound In Your Mind (LP, Album) CBS 1976
  • To Lefty From Willie Columbia 1977
  • Face Of A Fighter Mercury 1978
  • Willie And Family Live Columbia 1978
  • Waylon Jennings, Willie Nelson - Waylon & Willie ‎ (LP) RCA 1978
  • Stardust Columbia 1978
  • Willie Nelson & Leon Russell - One For The Road ‎ Columbia 1979
  • Willie Nelson Sings Kristofferson Columbia 1979
  • Pretty Paper Columbia 1979
  • Willie Nelson / Dave Grusin - The Electric Horseman (Music From The Original Motion Picture Soundtrack) ‎ Columbia 1979
  • Willie Nelson Sings Kristofferson Columbia 1979
  • Sweet Memories RCA Victor 1979
  • Pretty Paper CBS 1979
  • Willie Nelson & Ray Price - San Antonio Rose ‎ Columbia 1980
  • Family Bible MCA Songbird 1980
  • Somewhere Over The Rainbow Columbia 1981
  • The Minstrel Man RCA Victor 1981
  • Once More With Feeling RCA Special Products 1981
  • Always On My Mind Columbia 1982
  • Kris*, Willie*, Dolly* & Brenda* - The Winning Hand ‎ Monument 1982
  • Merle Haggard and Willie Nelson - Poncho & Lefty ‎ Epic 1982
  • Willie Nelson And Roger Miller - Old Friends ‎ Suzy, CBS 1983
  • Without A Song CBS/Sony 1983
  • A Song For You Hallmark Records 1983
  • Tougher Than Leather Columbia 1983
  • City Of New Orleans Columbia 1984
  • Willie Nelson & Kris Kristofferson - Music From Songwriter ‎CBS 1984
  • Willie Nelson Featuring The Guitar Of Jackie King - Angel Eyes ‎ CBS 1984
  • ザ・コンプリート・アトランティック・セッションズ (Atrantic 2006

出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Patoski, Joe Nick 2008, p. 13.
  2. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Willie Nelson”. 2013年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]