ティト・ジャクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティト・ジャクソン
基本情報
出生名 Toriano Adaryll Jackson
出生 1953年10月15日(61歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国インディアナ州ゲーリー
ジャンル R&Bブルース
職業 歌手ソングライター
担当楽器 ギター
活動期間 1967年 -
レーベル モータウンエピック・レコード
共同作業者 ジャクソン5
公式サイト http://www.titojackson.com

ティト・ジャクソン(Toriano Adaryll "Tito" Jackson、1953年10月15日 - )はアメリカ合衆国ギタリストであり歌手。ジャクソン一家の次男で、弟の一人はマイケル・ジャクソン

エピソード[編集]

太っているが温和な性格で、レコーディング中「いつも食べているんだよ」と公言しインタビュアーを笑わせたこともある。

ジャクソン5誕生のキッカケとして子供達が楽器を弾いたという逸話があるが、その父親が大切にしていたギターを(勝手に)弾いたのがティトである。ジャクソン・ファイブの歴史はティトから始まったと言ってもいいだろう。

ソロ活動はほとんど行っておらず、カバーアルバムをソロ的なバンドで1枚出したのみで、純粋にギタリストとして活動しようとする意図しかないのではないかと言われる。そのため、孤独な性格で知られるマイケルとも仲がいい。

1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのコーラスを担当した。

結婚したのは一番早く1972年6月17日。1988年離婚。子供はタジ、タリル、TJ。息子達のイニシャルは全員Tでマイケルのプロデュースで息子達は3TとしてCDを出した。

映画「ラッシュアワー」では刑事役のクリス・タッカーが相棒刑事のジャッキー・チェンに対して「俺がマイケルで、お前はティトだ」という台詞があったが、なぜか日本版の字幕では「俺がマイケルで、お前はバブルスだ」となってしまっている。

尊敬するアーティストとして、BBキングを挙げている。



日本での活動状況[編集]

2010年から、毎年1回、東京ブルーノートにて来日ライブを続けている。 2011年7月、東日本大震災の後も、夏にいつもどおり、ソロライブのためブルースバンドを引き連れて来日した。 同年2011年12月、兄弟であるザ・ジャクソンズと母であるキャサリン・ジャクソンと共に記者会見をし、東日本大震災についての大規模なチャリティライブを行った。

2014年12月の来日ライブでは新曲4曲を披露した。2015年には念願の人生初ソロアルバムをするつもりだと発言した。

日本のアーティスト・ノーナリーブスの西寺郷太のソロアルバム「TEMPLE STREET」に3曲参加し、ギターやボーカルとして録音に、そして自宅スタジオでの撮影に参加した。

2015年1月 スカパーとケーブルテレビにて見られる「MUSIC AIR」内の「MA HEADLINES」にて、インタビューが放送される。木曜23:10-23:30まで。


ライブ[編集]

日本でのソロ・ライブ[編集]

  • 2006年12月、東京・丸の内のコットンクラブで、ティトの来日公演が行われた。1974年ジャクソン5での来日から32年ぶり。
  • 2010年7月15日-19日 東京・表参道ブルーノート、名古屋のブルーノート。ブルースのスタンダード・ナンバーを中心にジャクソン5時代の歌も披露してくれた。
  • 2011年7月17日-19日 東京・表参道ブルーノート。アフロヘアーのカツラをかぶり、ジャクソン5メドレーを披露した。
  • 2012年8月1日-4日  東京・表参道ブルーノート。ザ・ジャクソンズとしてユニティ・ツアーを終えたその足で、シアトルから駆けつける。
  • 2013年9月25日-28日 東京・表参道ブルーノート。弟マイケルと妹ジャネットのメロディーに挑戦した。1曲めのブラックオアホワイトでは歌とギター、中盤のゼイドントケアアバウトアス、ビリージーン、リメンバーザタイムもティトがリードボーカルを取った。血縁であるニコール・ジャクソンがジャネットのAll for youとWhat have you done for me latelyを歌った。ティトは数年前もブルーノートでHuman Natureを披露したことはあったが、They don't care about usとRemember the timeを歌ったのは初めてである。
  • 2014年12月17日-19日 東京・青山ブルーノート。2015年発売予定のニューアルバムから、新曲を4曲以上披露した。


ザ・ジャクソンズとしての来日ライブ[編集]

  • 2011年12月13日-14日 代々木国立競技場
  • 2012年12月6日-7日 東京・国際フォーラムA
  • 2012年12月9日 グランキューブ大阪 大阪国際会議場メインホール


CDなど[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • R U Ready?
  • 2015年内に、ニューアルバムを発売予定。


日本でのCDアルバム[編集]

  • ノーナリーブス 西寺郷太のソロアルバム 「テンプル・ストリート」にて、ギター、バックグラウンドボーカル、作詞などで参加。(Empty Heart, School Girl, Silk Road Womanの3曲)

他アーティストとのコラボ[編集]

  • Tito Jackson - Ayi Jihu and Edu Casanova 「a bola da vez」という曲・ビデオを作成。


ミュージックビデオ[編集]

この曲のビデオは、西寺郷太がアメリカにあるティト・ジャクソン自宅スタジオを訪れたときの映像である。 ティトの自作スタジオや、愛車が、何気なく写されている。


iTunesダウンロード曲[編集]

  • We made it